人生にゲームをプラスするメディア

「Unity for 遊技機」発表、月額9000円でアーケード筐体の開発が可能に

ゲームビジネス 開発

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは、ゲームなどインタラクティブコンテンツの統合開発環境「Unity」向けとなる「Unity for 遊技機」ライセンス(EULA)を発表しました。

「Unity for 遊技機」ライセンス(EULA)は、パチンコやパチスロを含む国内の遊技機・アーケード筐体の開発が月額9000円で可能になるというもの。Unity Pro通常版のEULAに追加付与される形で提供されるほか、ロイヤリティなしに利用可能です。なお、生産台数が1000台以下の組み込み機器については別途許諾を受ける必要はありません。


また、このライセンスは対象プラットフォームに対する特別な制約はありませんが、ハードウェアが対応するプラットフォームがAndroidの場合、別途Unity Android Proアドオンライセンス(月額9000円)も必要となります。

●「Unity for 遊技機」ライセンスのEULAにおいて許諾されるもの
・日本国内にて販売・および設置されるパチンコ、パチスロを含む遊技機のコンテンツの開発(アーケードゲームを含む)

・このライセンスの許諾を受けるには、サブスクリプション版のUnity Proをご利用いただく必要があります。

・月額のサブスクリプション費用のみでコンテンツの配信までいただけます。ロイヤリティは発生しません。

・Unity 5を含む最新版のUnityをご利用いただけます。

・このライセンスは特別なバージョンのランタイムソフトウェアを提供するわけではなく、通常のUnityのランタイムを対象とします。

・このライセンスではソースコードおよびサポートは提供されません。ソースコードおよびサポートが必要な場合は別途購入が必要となります。ソースコードおよびサポートの取得については別途お問い合わせ下さい。

・日本国外のカジノ等で使用される賭博用のコンテンツ開発には本ライセンスは利用できません。Unity Gambling Licenseを別途お求めください。
http://unity3d.com/unity/industries/gambling
《すしし》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

    【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  3. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  4. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  5. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  6. ドラコレスタジオ兼吉氏が語る 「メイド・イン・ジャパン」で世界を目指すコナミのソーシャルコンテンツ

  7. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  8. 【CEDEC 2014】Cocos2d-xかUnityか・・・よりよい2Dゲーム開発のためのゲームエンジン選びと対策

  9. 『マブラヴ』VRデモ配信開始!兵士の視点でBETAと戦える

  10. PSVR『クーロンズゲートVR』始動! あの「九龍城」が蘇る

アクセスランキングをもっと見る