人生にゲームをプラスするメディア

カジュアルとミッドコアの両面で「一口大の輝き」を提供していく キングが『キャンディークラッシュ』新作発表

ゲームビジネス その他

カジュアルとミッドコアの両面で「一口大の輝き」を提供していく キングが『キャンディークラッシュ』新作発表
  • カジュアルとミッドコアの両面で「一口大の輝き」を提供していく キングが『キャンディークラッシュ』新作発表
  • カジュアルとミッドコアの両面で「一口大の輝き」を提供していく キングが『キャンディークラッシュ』新作発表
  • カジュアルとミッドコアの両面で「一口大の輝き」を提供していく キングが『キャンディークラッシュ』新作発表
  • カジュアルとミッドコアの両面で「一口大の輝き」を提供していく キングが『キャンディークラッシュ』新作発表
  • カジュアルとミッドコアの両面で「一口大の輝き」を提供していく キングが『キャンディークラッシュ』新作発表
  • カジュアルとミッドコアの両面で「一口大の輝き」を提供していく キングが『キャンディークラッシュ』新作発表

1月8日、『キャンディークラッシュ』シリーズを代表作に持つキング・デジタル・エンターテインメントから、シリーズの新たな姉妹作となるスマートフォン向けアプリ『キャンディークラッシュゼリー』がリリースされました。今回は、本作のゲーム内容の紹介と発表会の模様をお伝えします。King Japanで行われた発表会ではまず、同社の代表取締役である枝廣憲氏が登壇し、同社の概要と市場について話をしました。


Kingはロンドンに拠点を置くメーカーで、モットーである「一口大の輝き」(Bite size Brilliance)を魅力に、これまで日本ではカジュアルパズルゲームを中心に10タイトルをリリースしてきました。さらに、アジアのマーケットが全世界の半分以上となっており、なかでも日本・中国市場は20%以上のシェアを持っていることから、今後はアジア市場に注力していきたいとのこと。

また、2015年にリリースされた『パラダイス・ベイ』は、同社初のシミュレーションゲームとなっており、今後はこうしたミッドコアゲームについても積極的に仕掛けていきたいという抱負を述べました。さらにキングは、2015年8月に発表されたAndroidの月間アクティブユーザー数(AppApe調べ)では国内1位を獲得し、ユーザーの多くは同社のタイトルを複数プレイするという特徴をもっているということも伝えました。


続いて、同氏より新作アプリ『キャンディークラッシュゼリー』についてのプレゼンテーションとデモプレイが行われました。

『キャンディークラッシュゼリー』は、大きく4つのモードがあります。「ゼリーモード」は、ゼリーに包まれたキャンディーをマッチさせ、画面内をゼリーで埋め尽くすことでクリアとなります。「パッフィーモード」では、氷の裏に隠れたマシュマロ・モンスターのパッフィーを見つけ出すモード。


「対戦モード」は、本シリーズ初のプレイモードとなっており、ボスキャラであるクイーンと戦い、より多くのゼリーでフィールドを埋め尽くした方が勝ちとなります。また、パッフィーを探す対戦ステージも用意されています。

実際にプレイしてみると、対戦モードではスペシャルキャンディーを作ることで連続でプレイヤーのターンになるなど高い戦略性がありました。予想外の動きで、一発逆転や大ピンチなど局面が目まぐるしく展開するため、相手のターンまで読む頭脳プレイが要求されます。パッフィーモードでは、パズルとしての要素だけでなく、つながっている氷の中を移動するパッフィーを追い詰めるドキドキ感も楽しむことができました。


お馴染みのポップなグラフィックに、新たな戦略性やプレイ感覚が加わり、ブダペスト交響楽団による優雅な音楽も聴くことができる『キャンディークラッシュゼリー』。リリース時には120のレベルが展開されており、新しいアイテム「カラーボムロリポップハンマー」なども登場。シリーズファンも新たなプレイヤーにも楽しめそうです。
《まいたこ》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【CEDEC 2016】技術から語る『龍が如く』の10年──特殊エフェクトや物理エンジンの取り組み

    【CEDEC 2016】技術から語る『龍が如く』の10年──特殊エフェクトや物理エンジンの取り組み

  2. 目線で敵をロックオンするVRロボゲー『Project Falcon』がTGSに登場、コックピット視点のゲーム画面も公開

    目線で敵をロックオンするVRロボゲー『Project Falcon』がTGSに登場、コックピット視点のゲーム画面も公開

  3. 【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

    【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

  4. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  5. SF映画に出てきそうなハイクオリティーVRグローブ「Dexmo」デモ映像

  6. 【CEDEC 2016】新たなトレンドはゲームにどのような変化をもたらすのか…シブサワ・コウが考えるゲームの未来

  7. 【CEDEC 2016】『シャドウバース』にも応用されたCygamesの次世代技術研究とは

  8. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  9. 【CEDEC 2016】VR空間における「手」のあるべき姿とは…Oculus Touchを通して見えたVR操作系の未来と問題点

  10. 【CEDEC 2016】『ドラクエ』30年の歴史、そして堀井雄二が語るゲームデザイナーに必要な3つの資質とは

アクセスランキングをもっと見る

page top