人生にゲームをプラスするメディア

「Oculus Rift」価格/仕様についてCEOがコメント ― 金額差などは「考慮されているもの」

ゲームビジネス VR

「Oculus Rift」価格/仕様についてCEOがコメント ― 金額差などは「考慮されているもの」
  • 「Oculus Rift」価格/仕様についてCEOがコメント ― 金額差などは「考慮されているもの」
1月7日未明、いよいよ予約受付がスタートし価格設定や出荷時期が明かされた製品版「Oculus Rift」。世界的な注目を集めるこのデバイスを手掛けたOculus VRのCEOパーマー・ラッキー氏から、製品に関するツイートが投稿されています。

「Oculus Rift」の日本からの購入価格は9万4,600円ほど。各地域のユーザーからは製品の金額差に疑問の声が届けられていましたが、ラッキー氏曰く「万事において考慮している」とのこと。同氏がTwitterで語った「価格設定」や「商品仕様」の詳細は以下の通りです。

■パーマー・ラッキー氏のコメント
・ブログでは触れていませんでしたが、同梱されるコントローラーには無線用アダプターが付属しています。

・「Rift」の各地域価格は、意図的に吊り上げているわけではありません。税金について鑑みる必要がありますし、米国での「売上税」の扱いは異なるものです。

・実際のところ、いくつかの国では米国よりもわずかに安く購入できるし、全体的に考慮されています。私達には州ごとの「売上税」が課されていることを念頭に置いてください。

・「Rift」とPCのバンドルセット価格は1,499ドルから設定されています。これより安い環境を構築することもできるでしょうが、一般的なユーザーには良いオプションです。

・繰り返しますが、私達はお金儲けの為に「Rift」を製造したのではありません。ハイエンドVR機器は高価ですけれど、「Rift」はびっくりするほど安いのです。

・一部のユーザーの間で、不正な予約注文がキャンセルされて出荷日が前倒しになるケースが発生しています。しばらくお待ちください。

・バンドルされたXbox Oneコントローラーのコストは「Rift」製品価格にほとんど加えられていませんし、開発者に一貫した目的を与えています。不要なら売ってしまってください!

記事提供元: Game*Spark
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  2. 日本初の“VR専門”教育機関「VRプロフェッショナルアカデミー」登場、入学金・授業料は無料

    日本初の“VR専門”教育機関「VRプロフェッショナルアカデミー」登場、入学金・授業料は無料

  3. 「ゲーム開発者の選択肢を広げる企業に」CRI・ミドルウェア押見正雄社長に聞く同社の過去・現在・未来

    「ゲーム開発者の選択肢を広げる企業に」CRI・ミドルウェア押見正雄社長に聞く同社の過去・現在・未来

  4. バックパックPC「VR One」発表!ケーブルの呪縛から解放され、3.6Kgで90分間のVR体験が可能

  5. いまゲーム業界で求められる人材とは?・・・テクノブレーンに聞く「できるエンジニア」の転職条件

  6. 【TGS2016】二次元美少女に触れられるVRデモ、壊れる

  7. ジョイポリスの“実際に歩ける”VRアトラクションは7月23日オープン!ゾンビから拠点を守るリアルFPS

  8. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  9. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  10. 【OGC2014】『FIFA』を作った日本人が語る、EA流の世界市場に向けたゲームの開発術

アクセスランキングをもっと見る

page top