人生にゲームをプラスするメディア

「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」でいち早く新作を紹介! 『スプラトゥーン』追加ステージも映像で紹介

任天堂 Wii U

「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」でいち早く新作を紹介! 『スプラトゥーン』追加ステージも映像で紹介
  • 「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」でいち早く新作を紹介! 『スプラトゥーン』追加ステージも映像で紹介
  • 「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」でいち早く新作を紹介! 『スプラトゥーン』追加ステージも映像で紹介
任天堂は、Wii Uソフトや3DSソフトの紹介やマメ知識をお届けする動画シリーズ「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」の54回目を公開しました。

2016年最初の「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」は、「NEWS ニャオーッス!」からスタート。可愛らしさとやり応えのあるパズル性の融合が好評を博した、『ハコボーイ!』の完全新作に関する発表で幕を開ける形となりました。

今回明らかとなった新作『ハコボーイ! もうひとハコ』は、なんとハコを出せる数が2つに増え、離れた2ヶ所のスイッチにそれぞれハコを設置したり、自分が出したハコを足場にして新たなハコを引っかけるといったアクションも可能に。これまでにない組み合わせで、新たなステージへと挑むことができます。

新ステージは120も用意されており、新要素だけでなくボリューム面での遊び甲斐も満点。またステージをクリアしていくと色んなコスチュームを手に入れることもできるので、自分好みの見た目で楽しむことも可能。しかも本作は、ニンテンドーeショップにてすでに配信を開始しているので、気になる方は早速チェックしてみましょう。なお価格は、630円(税抜)です。

2つ目のコーナーは、今も多くの方が楽しんでいる『スプラトゥーン』の魅力に迫る「イカ博士への道」。現在、15ステージが楽しめる本作ですが、今回はその中から「キンメダイ美術館」といった最近追加されたステージを中心に紹介されました。

美術品などが並び、それらをチェックするだけでも楽しい「キンメダイ美術館」ですが、回転扉のような仕掛けもあり、その構造や仕組みを把握しておくことも重要なポイント。また、時間の経過により水位が変わる「マヒマヒリゾート&スパ」は、移り行く状況にどのように対応するかが勝負の鍵を握ります。

このほかにも「ショッツル鉱山」の紹介に加え、これから追加される「アンチョビットゲームズ」もちょっとだけお披露目。ゲーム会社を舞台に繰り広げられるバトルには、やはり個性的な仕掛けがある模様。この映像をチェックしつつ、実装を心待ちにしておきましょう。

続いては、「発見 ニンテンドーeショップ 探検隊」。今回は、タッチペンを活用して「塗ったり描いたり引っぱったり」するゲームがチョイスされました。ヒントに従って塗っていくと絵が完成する『ポケモンピクロス』や、描いた形がゲームの中に出現するユニークなパズル『Q』、猫神様を引っぱり敵を蹴散らしてお供え物を守る『ひっぱり~ニャ!』など、いずれも個性的なタイトルばかり。新年の遊び始めソフトを探している方は、こちらを参考にしてみるのも一興です。よければ直接ご覧ください。


YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=n4qoJeLTavs

(C)Nintendo
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』青沼Pがゲームシステムを解説!重要な「馬」や「天候」などの情報が明らかに

    『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』青沼Pがゲームシステムを解説!重要な「馬」や「天候」などの情報が明らかに

  2. 「闘会議2017」で『ゼルダの伝説 BoW』を先行プレイ! 体験可能なニンテンドースイッチタイトルを発表

    「闘会議2017」で『ゼルダの伝説 BoW』を先行プレイ! 体験可能なニンテンドースイッチタイトルを発表

  3. 『スプラトゥーン2』ステージで見所たっぷりバトル動画公開!各種ブキ・スペシャルウェポン詳細も

    『スプラトゥーン2』ステージで見所たっぷりバトル動画公開!各種ブキ・スペシャルウェポン詳細も

  4. 『マリオカート8 デラックス』新機能「ハンドルアシスト」や新参戦キャラもお披露目! 有野晋哉やザ・たっち、小松未可子がガチ対戦

  5. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』ステージで声優の青木瑠璃子が大興奮!デモ版で広大な世界を冒険

  6. 2017年も『ポケモン』×「カゴメ」のケチャップキャンペーンが開催!「ねぶくろピカチュウぬいぐるみ」などが当たる

  7. スイッチ向け新作RPG『Project OCTOPATH TRAVELER』開発情報を綴るFacebookページが公開

  8. 米任天堂、『ファイアーエムブレム』のダイレクト実施へ―開催は現地18日

  9. ニンテンドースイッチは「すれちがい通信」「Miiverse」に対応せず、海外メディアが報道

  10. 宮本茂が語る『スーパーマリオ オデッセイ』への思い ─ 本作は“ガッツリ遊べるアクション”に

アクセスランキングをもっと見る