人生にゲームをプラスするメディア

「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」でいち早く新作を紹介! 『スプラトゥーン』追加ステージも映像で紹介

任天堂 Wii U

「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」でいち早く新作を紹介! 『スプラトゥーン』追加ステージも映像で紹介
  • 「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」でいち早く新作を紹介! 『スプラトゥーン』追加ステージも映像で紹介
  • 「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」でいち早く新作を紹介! 『スプラトゥーン』追加ステージも映像で紹介
任天堂は、Wii Uソフトや3DSソフトの紹介やマメ知識をお届けする動画シリーズ「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」の54回目を公開しました。

2016年最初の「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」は、「NEWS ニャオーッス!」からスタート。可愛らしさとやり応えのあるパズル性の融合が好評を博した、『ハコボーイ!』の完全新作に関する発表で幕を開ける形となりました。

今回明らかとなった新作『ハコボーイ! もうひとハコ』は、なんとハコを出せる数が2つに増え、離れた2ヶ所のスイッチにそれぞれハコを設置したり、自分が出したハコを足場にして新たなハコを引っかけるといったアクションも可能に。これまでにない組み合わせで、新たなステージへと挑むことができます。

新ステージは120も用意されており、新要素だけでなくボリューム面での遊び甲斐も満点。またステージをクリアしていくと色んなコスチュームを手に入れることもできるので、自分好みの見た目で楽しむことも可能。しかも本作は、ニンテンドーeショップにてすでに配信を開始しているので、気になる方は早速チェックしてみましょう。なお価格は、630円(税抜)です。

2つ目のコーナーは、今も多くの方が楽しんでいる『スプラトゥーン』の魅力に迫る「イカ博士への道」。現在、15ステージが楽しめる本作ですが、今回はその中から「キンメダイ美術館」といった最近追加されたステージを中心に紹介されました。

美術品などが並び、それらをチェックするだけでも楽しい「キンメダイ美術館」ですが、回転扉のような仕掛けもあり、その構造や仕組みを把握しておくことも重要なポイント。また、時間の経過により水位が変わる「マヒマヒリゾート&スパ」は、移り行く状況にどのように対応するかが勝負の鍵を握ります。

このほかにも「ショッツル鉱山」の紹介に加え、これから追加される「アンチョビットゲームズ」もちょっとだけお披露目。ゲーム会社を舞台に繰り広げられるバトルには、やはり個性的な仕掛けがある模様。この映像をチェックしつつ、実装を心待ちにしておきましょう。

続いては、「発見 ニンテンドーeショップ 探検隊」。今回は、タッチペンを活用して「塗ったり描いたり引っぱったり」するゲームがチョイスされました。ヒントに従って塗っていくと絵が完成する『ポケモンピクロス』や、描いた形がゲームの中に出現するユニークなパズル『Q』、猫神様を引っぱり敵を蹴散らしてお供え物を守る『ひっぱり~ニャ!』など、いずれも個性的なタイトルばかり。新年の遊び始めソフトを探している方は、こちらを参考にしてみるのも一興です。よければ直接ご覧ください。


YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=n4qoJeLTavs

(C)Nintendo
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  2. 『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

    『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

  3. 警視庁のケモノ娘「テワタサナイーヌ」から『ポケモンGO』を遊ぶうえでの注意点が発表

    警視庁のケモノ娘「テワタサナイーヌ」から『ポケモンGO』を遊ぶうえでの注意点が発表

  4. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  5. ゲーム攻略SNS「Lobi」にて「ポケモンGO攻略マップwiki」公開、現時点でポケモンの50%以上を発見

  6. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  7. 出雲大社、境内での『ポケモンGO』プレイを禁止にすると発表

  8. 今週発売の新作ゲーム『討鬼伝2』『アイドルマスター プラチナスターズ』『パズドラクロス 神の章/龍の章』他

  9. 『ポケモンGO』サービス混雑で13歳未満の新規プレイヤーが遊べない状況に

  10. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

アクセスランキングをもっと見る

page top