人生にゲームをプラスするメディア

インディー向け『Live2D』が期間限定で80%OFFに!既購入者には『Cubism Editor 3 PRO』アップグレードを無料で

その他 全般

インディー向け『Live2D』が期間限定で80%OFFに!既購入者には『Cubism Editor 3 PRO』アップグレードを無料で
  • インディー向け『Live2D』が期間限定で80%OFFに!既購入者には『Cubism Editor 3 PRO』アップグレードを無料で
株式会社Live2Dは、プロフェッショナルクリエイター向けのソフトウェア『Live2D Cubism Editor PRO』を、個人ユーザーおよび小規模事業者に向けて割引するキャンペーンを実施しています。

イラストのテイストを崩さずに滑らかな動きを可能とする『Live2D』は、その新たな表現力により多方面から注目を浴びており、また今日に至るまで様々な形で活用されてきました。ゲーム業界だけでも、『ファイアーエムブレムif』や『ネットハイ』をはじめ、数多くの作品に導入された実績を持ちます。

この新たな表現に触れてみたいクリエイターも多いことと思いますが、『Live2D Cubism Editor PRO』の通常価格は14万円。気軽に手を出せるとは言いにくい価格のため、容易には踏み出しにくいのもまた事実。ですが現在、この『Live2D Cubism Editor PRO』を最大80%OFFで購入できる割引キャンペーンが実施されています。



「個人ユーザー」および「売上1000万円未満の小規模事業者」ならば、80%割引となる2万8,000円で購入でき、その他の事業者も30%割引の9万8,000円で手に入れることができるこの期間限定キャンペーン。すでにスタートしており、2016年1月31日まで開催されます。

なお、小規模事業者に該当するケースで購入したライセンスは、購入者の事業規模が拡大した後も継続して使用できるのでご安心ください。また、本キャンペーンの事前通知以前に購入した個人や小規模事業者に対しては、2016年後半にリリースを予定している『Cubism Editor 3 PRO』への無料アップグレードが予定されています。

買い控えていた方にとっても嬉しいキャンペーンですが、既に購入しているユーザーに向けても別の施策でサポートを行う。その柔軟な姿勢が、『Live2D』の今日に至る躍進を生み出すひとつの要因と言えるのかもしれません。2016年の活躍にも期待が集まります。

■Live2D Cubism Editor PROの80%割引キャンペーンを開始
URL:http://www.live2d.com/news/cubism_pro_for_indie

■キャンペーン事前通知以前に購入されたインディークリエイターの皆様へ
URL:http://www.live2d.com/news/cubism_pro_for_indie_message

copyright (C) 2014 Live2D Inc. all rights reserved.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「ゲームセンターCX」1月17日26時10分より地上波で放送、PCエンジン『THE 功夫』に挑戦!

    「ゲームセンターCX」1月17日26時10分より地上波で放送、PCエンジン『THE 功夫』に挑戦!

  2. 『シュタインズ・ゲート ゼロ』デザインのスニーカー・腕時計・名刺ケースが登場!スニーカーは牧瀬紅莉栖デザインに

    『シュタインズ・ゲート ゼロ』デザインのスニーカー・腕時計・名刺ケースが登場!スニーカーは牧瀬紅莉栖デザインに

  3. シリーズ最新作『GUILTY GEAR Xrd REV 2』制作決定! 今春アーケードに登場、家庭用版も予定…1月20日からロケテも開催

    シリーズ最新作『GUILTY GEAR Xrd REV 2』制作決定! 今春アーケードに登場、家庭用版も予定…1月20日からロケテも開催

  4. 【週刊インサイド】ニンテンドースイッチのソフトはリージョンフリーに…任天堂新ハードの情報や『スプラトゥーン2』発表などに注目集まる

  5. 【特集】マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡、エヴァと杉田智和との出会いが人生を変えた

  6. 【レポート】『蒼き革命のヴァルキュリア』体験会で下里Pが語る―メインストーリーは30時間ほど、全体では60時間近い

  7. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  8. 『ダンガンロンパ2』をアニメ化しない理由とは? 小高和剛「あのキャラ達の物語はあれでお終い」

  9. 劇場版 「チェンクロ」 第2章初日舞台挨拶、石田彰「盛り上がりどころしかない」

  10. 【特集】『エースコンバット』歴代シリーズ解説―最新作『7』との関係は?

アクセスランキングをもっと見る