最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us

誰でも“美少女”になってゲーム実況できる時代に!? 斬新すぎる技術と発想が話題に

誰でも“美少女”になってゲーム実況できる時代に!? 斬新すぎる技術と発想が話題に

2016年1月5日(火) 12時31分

ユーザーの表情をウェブカメラで取り込み、画面上の2Dキャラクターに反映させるというPCソフト『FaceRig Live2D Module』が先月登場し、ネット上を中心に大きな衝撃を与えました。

画面上のアバターは「Live2D」により作られているため、その表情変化も滑らかで多彩。自分の表情の動きを2次元美少女が再現してくれるこのソフトが持つ可能性は、文字通り発想次第なので、それだけに関心を寄せる方が続出するのも頷ける話です。

そんな『FaceRig』を用いた意欲的な試みがニコニコ生放送に登場し、いち早く話題になっています。今回注目を集めたGOROman氏が挑んだのは、『FaceRig』とゲームパッド連動システムを組み合わせ、更にボイスチェンジャーも併用してゲーム実況を行うというもの。

GOROman氏の表情が反映された2次元美少女が様々な顔を見せるだけでなく、画面内には忙しなく動くコントローラーも表示。加えて、その声も変換されているため、「二次元美少女によるゲーム実況」という“表現”を見事に実現させています。

1月3日に放送された実況から更にシステムは進化しており、画面上に表示されているコントローラーには指先も加わりました。更に突き詰めていけば、その没入感は飛躍的に増していくことでしょう。



老若男女を問わず、誰でも“二次元美少女”になれる『FaceRig』。そこにボイスチェンジャーなどを加えたGOROman氏のような発想と行動力こそが、新たな可能性を広げる道標と言えるでしょう。GOROman氏の今後の躍進はもちろん、数多くのクリエイターたちによる技術進化の行く末に、想いを馳せずにはいられません。

(Article written by 臥待 弦(ふしまち ゆずる))
評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 1 件

その他アクセスランキング