人生にゲームをプラスするメディア

「血界戦線」クラウスが立体化 ― ハイグレードのARTFX Jシリーズで5月発売

その他 フィギュア

(C)2015 内藤泰弘/集英社・血界戦線製作委員会 人気のクラウスさんが立体商品化
  • (C)2015 内藤泰弘/集英社・血界戦線製作委員会 人気のクラウスさんが立体商品化
  • (C)2015 内藤泰弘/集英社・血界戦線製作委員会 壁掛けやデスクの飾りとして最適
  • (C)2015 内藤泰弘/集英社・血界戦線製作委員会
  • (C)2015 内藤泰弘/集英社・血界戦線製作委員会
  • (C)2015 内藤泰弘/集英社・血界戦線製作委員会
  • (C)2015 内藤泰弘/集英社・血界戦線製作委員会
内藤泰弘の人気マンガを原作にしたテレビアニメ『血界戦線』が2015年にテレビ放送され、大ヒットとなった。骨太なストーリーにアクション、身近なキャラクターが性別を年齢を越えて愛されている。
それだけに関連商品の発売も少なくないが、とりわけクラウスファンには堪らない究極のアイテムが発売されることになった。コトブキヤより、「クラウス・V・ラインヘルツ」がARTFX Jシリーズで立体商品化されることになった。

ARTFX Jシリーズは、数多くのフィギュアを世に送り出すコトブキヤのなかでもとりわけグレードの高いラインアップだ。「日本から生まれた名作達を形にして、世界中のファンの方に届けたい」がテーマになっている。
日本発のキャラクターをコトブキヤの企画者、原型師達がこだわり抜いてプロデュースする。その完成度には定評がある。

アニメ『血界戦線』は内藤泰弘のバトルアクションマンガを原作に、2015年4月から7月にかけて放送し広い支持を集めた。秋に完結エピソードもテレビ放送された。
クラウス・V・ラインヘルツは、そのなかで世界の均衡を保つ為に暗躍する秘密結社ライブラのリーダーとして活躍する。ブレングリード流血闘術の使い手であり、顔が怖いが純粋でお人好しというギャップが人気のキャラクターだ。作品を代表する存在としてARTFX Jシリーズに登場する。

ARTFX Jシリーズから発売予定の立体商品は、特徴的なデザインのタイトルロゴをバックに強い意志を感じる鋭い眼光や、クラウスの魅力の一つである怖い顔がよく再現されている。トレードマークである十字架のナックルガードなども細部まで忠実に再現されている。
全高 約150mmと飾りやすいサイズで壁掛けも可能なため仕事のデスクや、部屋の壁など様々な場所に飾ることができる。コンパクトながらも圧倒的な存在感を放つ「ARTFX J クラウス・V・ラインヘルツ」は部屋のインテリアとしても十分に機能するだろう。

アニメ『血界戦線』
(C)2015 内藤泰弘/集英社・血界戦線製作委員会

「血界戦線」クラウス、ハイグレードのARTFX Jシリーズで商品化 2016年5月発売

《高松拳人》

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】PSVRが再販するも売り切れに、『ゼルダの伝説 BoW』海外ゲーム映像が続々と、「AbemaTV」が女の子が活躍するアニメを一挙7作品配信…など(2/25)

    【昨日のまとめ】PSVRが再販するも売り切れに、『ゼルダの伝説 BoW』海外ゲーム映像が続々と、「AbemaTV」が女の子が活躍するアニメを一挙7作品配信…など(2/25)

  2. 「AbemaTV」が女の子が活躍するアニメを一挙配信…「ご注文はうさぎですか?」「NEW GAME!」など7作品

    「AbemaTV」が女の子が活躍するアニメを一挙配信…「ご注文はうさぎですか?」「NEW GAME!」など7作品

  3. 【新企画】「インサイドちゃんのゲーマー人生相談」―ログボの呪いに悩むゲーマー

    【新企画】「インサイドちゃんのゲーマー人生相談」―ログボの呪いに悩むゲーマー

  4. 『ファイプロ』復活か!? スパチュンが「謎のサイト」オープン

  5. 【週刊インサイド】任天堂と「マリカー」の訴訟問題が話題に…『ポケモンGO』や「タッチ我慢スターター」など多彩な記事が賑わう

  6. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  7. 【昨日のまとめ】『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を任天堂が提訴、『艦これ』叢雲改二が1/8フィギュアに、ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし…など(2/24)

  8. 『艦これ』「叢雲改二」が1/8フィギュアに!“ストッキング越しの脚線美”に見惚れる出来映え

  9. デジモンテイマーズ「サクヤモン」フィギュアが登場! メタリックな質感や曲線美にこだわった一品に

  10. 「売れるためのUI/UX」とは―『オルガル』『戦国炎舞』などを手掛けたサイバーエージェントのセミナーが実施

アクセスランキングをもっと見る