人生にゲームをプラスするメディア

【特集】女子も胸キュン!「最前線オヤジゲームキャラ」TOP10

その他 全般

【特集】女子も胸キュン!「最前線オヤジゲームキャラ」TOP10
  • 【特集】女子も胸キュン!「最前線オヤジゲームキャラ」TOP10
  • 【特集】女子も胸キュン!「最前線オヤジゲームキャラ」TOP10
  • 【特集】女子も胸キュン!「最前線オヤジゲームキャラ」TOP10
  • 【特集】女子も胸キュン!「最前線オヤジゲームキャラ」TOP10
  • 【特集】女子も胸キュン!「最前線オヤジゲームキャラ」TOP10
  • 【特集】女子も胸キュン!「最前線オヤジゲームキャラ」TOP10
  • 【特集】女子も胸キュン!「最前線オヤジゲームキャラ」TOP10
  • 【特集】女子も胸キュン!「最前線オヤジゲームキャラ」TOP10
2015年も数多くのゲームが発売されました。美少女キャラクターが戦う作品、イケメン主人公が世界を救う作品。そうした若者が活躍する作品が多いなかで、歳を重ねてこその魅力、大人の持つ哀愁と少年のような可愛らしさで、男性のみならず、世の女性ゲーマーの心を熱くさせたのがオヤジキャラたちが登場するゲームでした。

本記事では、若者にも負けない活躍を見せたオヤジゲームキャラたちを、筆者の独断と偏見により選抜し、ランキング形式でご紹介します。

【10位】ガラハット卿


ビクトリア時代、もう1つの歴史を歩んだロンドンを舞台に騎士団と半獣の戦いを描いたアクションアドベンチャー『The Order:1886』からは、騎士団最強の高潔な騎士にして主人公の「ガラハット卿」をノミネート。自分の信念を貫くかっこよさと強敵相手に怯まぬ戦いっぷりを見せる、非常に男らしい彼。そうした頼れる部分とどこか儚げな優しい瞳に、心を射抜かれてしまうことでしょう。


【9位】ペヌルティーモ


とある南国島のプレジデンテ(指導者)となり、独裁国家を運営していくシミュレーションゲーム『トロピコ5』からは、プレイヤーの右腕としてサポートしてくれるオヤジキャラ「ペヌルティーモ」を選抜。性格は臆病で気弱、さらに有事の際は真っ先に逃げるなど大いに不安なところありますが、ゲーム中では様々な場面でプレイヤーを助けてくれるためどこか憎めない人物でもあります。また、独特の口調で島内ラジオのDJも務めているので、耳を傾けてみるのもいいですね。


【8位】柏木修


かっこいいオヤジの巣窟である『龍が如く』シリーズからは、最新作『龍が如く0 誓いの場所』に登場した東城会風間組若頭の「柏木修」をピックアップ。周囲からの信頼もあり、義理人情に熱くて礼儀に厳しい、主人公の桐生にとっては年の離れたお兄さん的存在の彼。かなりの強面ですが、仲間を大切にする優しさと、冷麺に対して異常なこだわりを持つチャーミングな一面が女心をくすぐります。来年発売の『龍が如く 極』にも登場するので、さらなる活躍に期待!


【7位】シドー


重力を操り、広大な街を縦横無尽に飛び回るアクションアドベンチャーゲーム『GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において彼女の内宇宙に生じた摂動』からは、オヤジというには少し若い感じもしますが、個人的にとても好きなキャラクターであるトラブルメーカーの警務官「シドー」。捉えどころのないミステリアスな雰囲気を持ちつつ、何かと面倒事を運んでくるうえにちょっと頼りないコミカルな部分に、母性本能をくすぐられることもしばしば。続編ではかっちりした警官の服装とはちがい、胸元がはだけた少しラフな格好のイラストで登場しており、主人公たちとどのような関わりを見せるのか注目です。


【6位】クロフォード・スターリック


様々な時代や場所を舞台にアサシンが活躍するステルスアクションゲームのシリーズ最新作『アサシンクリード シンジケート』からは、イギリスのテンプル騎士団を統括する指導者「クロフォード・スターリック」を選びました。圧倒的な存在感のカイゼル髭とモミアゲが印象的な彼は、冷酷なリーダーでありながら紅茶やダンスを嗜む紳士的な人物でもあります。プレイヤーにとっては敵として立ちはだかる人物ですが、コートやマフラーのおしゃれな着こなしに思わず見とれてしまう女子もたくさんいるはず!

次ページ: あのGOTYタイトルからも魅力溢れるオヤジを選出!

《Game*Spark》

特集

その他 アクセスランキング

  1. 初代「ベイブレード」12年の時を経て復活! 「ベイブレードバースト」シリーズにてリバイバル

    初代「ベイブレード」12年の時を経て復活! 「ベイブレードバースト」シリーズにてリバイバル

  2. 【レポート】『ポケモンGO』で広島の平和記念公園に行ってきた

    【レポート】『ポケモンGO』で広島の平和記念公園に行ってきた

  3. ゲーム禁止とOKな子、成績に差なし…友達の数には意外な傾向

    ゲーム禁止とOKな子、成績に差なし…友達の数には意外な傾向

  4. 「こち亀」おそ松さん、ガルパン、オーフェンなどとコラボしたノベライズアンソロジー刊行

  5. 「マクロスΔ」OST第2弾発売へ…ワルキューレ・2ndシングルの購入特典も

  6. 劇場版「モンスト」12月10日全国ロードショー!WEBアニメがついにスクリーンへ

  7. 【昨日のまとめ】『ポケモンGO』人気スポットにトレーナー殺到、「PlayStation VR」二次予約受付…各店舗の状況は?、『Project Sonic』海外発表…など(7/23)

  8. 【週刊インサイド】『ポケモンGO』が話題をほぼ独占! 配信前の動きからサービス開始後の反響まで

  9. 『ダンガンロンパ2』をアニメ化しない理由とは? 小高和剛「あのキャラ達の物語はあれでお終い」

  10. 【昨日のまとめ】マクドナルドが『ポケモンGO』とコラボ、『ポケモン サン・ムーン』ばけのかわポケモン公開、『ポケモンGO』データ通信料1年間無料サービス…など(7/20)

アクセスランキングをもっと見る

page top