人生にゲームをプラスするメディア

【特集】梶裕貴&宮野真守らイケボに“耳ドキッ”!「素顔もイケメンな美男子声優たち」

その他 全般

梶裕貴&宮野真守らイケボに“耳ドキッ”!素顔もイケメンな美男子声優たち~2015
  • 梶裕貴&宮野真守らイケボに“耳ドキッ”!素顔もイケメンな美男子声優たち~2015
  • 神谷浩史
  • 梶裕貴
  • 鈴木達央
  • 中村悠一
  • 小野大輔
  • 宮野真守/アーティスト写真
  • 櫻井孝宏
2015年、様々な作品がエンターテインメント業界を賑わせた中、アニメ映画が映画興行収入ランキングで上位にランクインし、アニメ主題歌や声優アーティストの楽曲が音楽シーンを席巻するなど…今年はますます“アニメ”コンテンツが充実。そして、それを支える役者“声優”にも、より一層の注目が集まった年といえるだろう。しかし、まだまだその姿や活躍を知らない方も多いはず。今回は、“演じて良し!声良し!顔も良し!”と三拍子そろったイケメン声優たちを2015年の出演作品とともにご紹介する第2弾!

身体全体で表現する俳優とは一味違った、声のプロ“声優”。その活動は多岐に渡り、アニメに洋画吹き替え、ナレーション、ラジオ、舞台に歌手活動、さらに最近では地上波のバラエティ番組などにも出演。さらに最近では、イケメンの代名詞「JUNON」が声優にフィーチャーした雑誌「声優JUNON」を刊行するほど、“イケメン声優”と呼ばれるアイドル的要素を持った声優たちの認知が広がってきている。彼らのイケメンボイス、略して“イケボ”で一体今年はどんな作品が生まれたのだろうか?

■俳優&声優のコラボが実現! 乙女を虜にしたイケメン声優たち

2015年夏、超話題作として全世界から注目を浴びた映画『進撃の巨人』。三浦春馬が主人公・エレン役を演じ、同役をアニメ版では人気声優・梶裕貴が担当。「アルスラーン戦記」『GAMBA ガンバと仲間たち』など今年も数々のアニメ作品でメインキャストを務めた梶さんは、「声優JUNON vol2」の表紙や、30歳の節目に自身2冊目の写真集「リライフ」を発売するなどそのルックスでも活躍。そんな梶さんとイケメン俳優・三浦さんの対談が本作で実現。同じ役を演じる者同士が熱く思いを語り合う2ショットに、ファンからは驚きと喜びの声が上がった。

役によって自在に体型を変えることで話題の鈴木亮平が、念願のラブコメ映画に挑戦した『俺物語!!』では、映画とアニメのコラボイベントが実現。鈴木さんと、アニメ版で主人公を務めた江口拓也、島崎信長らが揃ってステージに登壇した。江口さんといえば、鈴木さんと並んで立っても引けをとらない声優界きっての187cmの高身長イケメン! 今年はゲーム「アイドリッシュセブン」でイケメンアイドル役を演じるなど役幅を広げた。島崎さんは、“塩顔男子”で一躍人気に火がついたモデルで俳優の坂口健太郎と同じイケメン・砂川役を熱演。一部のファンから小池徹平に似ていると言われているほどの甘いマスクを持つ島崎さんは、公開中『映画 ハイ☆スピード!』で人気キャラクターを担当。来年も「虹色デイズ」「ハルチカ ~ハルタとチカは青春する~」「灰と幻想のグリムガル」など人気イケメンキャラでの出演作が目白押しだ。

こうしたコラボはドラマでも見られ、ブレイク俳優筆頭・中川大志を主演に迎えたドラマ「監獄学園」では、アニメ版で主人公・キヨシを演じた声優・神谷浩史との“Wキヨシ”対談が実現。「電波教師」「進撃!巨人中学校」「おそ松さん」…と出演作が途切れず押しも押されもせぬ超人気声優の神谷さんは、今年、シリーズを通してピータ(ジョシュ・ハッチャーソン)の吹き替えを務めたSF大作『ハンガー・ゲーム』完結編が公開。さらに、音楽活動開始から6年目にして自身初となるソロライブを幕張メッセにて実施した。

そして、とうとう作品の中で俳優と声優が“競演”したのが映画『図書館戦争 -THE LAST MISSION-』。アニメ版で手塚役を務めた鈴木達央が実写映画に出演し、福士蒼汰演じる手塚との“W手塚”を実現。栗山千明演じる柴崎を巡ってのシーンでは、2人のイケメンに心揺れた乙女も多かったのでは? 鈴木さんといえば、「うたの☆プリンスさまっ♪」黒崎蘭丸役や「DIABOLIK LOVERS MORE,BLOOD」無神ユーマ役などワイルドイケメンキャラを演じさせたらピカイチ! さらに今年はラジオで絵本の読み聞かせを披露するなど、新たな魅力も発揮した。

■ハリウッドスターの吹き替えだってイケメンぞろい! 「外画」の世界に注目

今年は、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』など大作の公開が相次いだ洋画界。また、Netflixなどの動画配信サービスの普及に伴い再び注目を集めた海外ドラマ。それら、業界では「外画」と呼ばれるジャンルで活躍した日本語吹き替え声優にも、ハリウッドスターに負けないイケボ声優が存在する。

最終章『ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス』と完結編『ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』が立ち続けて公開され話題を呼んだ『ハンガー・ゲーム』。吹き替えキャストには前述した神谷さんのほかに、マーベル作品でキャプテン・アメリカの吹き替えを担当する中村悠一と、『アメイジング・スパイダーマン』でスパイダーマン役を演じる前野智昭が出演。2人は、「うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレボリューションズ」「終わりのセラフ」「デュラララ!!×2 転」など、今年の注目作で度々共演した。

『ダークナイト』3部作で知られる“ゴッサム・シティ”を舞台に、その前日譚として若き日のゴードン刑事の活躍を描いた海外ドラマ「GOTHAM/ゴッサム」では、主演のベン・マッケンジーと彼の吹き替えを担当した人気声優・小野大輔との夢の“日米ゴードン”対談が実現! 実は小野さん、ベンの代表作である「The OC」のライアン役の日本語吹き替えも担当しており、10年越しにベンと同じ役を演じたことに深い縁を感じるとコメントを寄せていた。

一方、新たに吹き替えの世界で実力を魅せつけた声優たちも出現。大人気コミックの韓国ドラマ版「ネイルカンタービレ」では、梶さんが初のメインキャストとして吹き替えに挑戦。また、テレビ界のアカデミー賞とも言われ、全世界の放送業界において最も権威と歴史あるアワードである「エミー賞」にて、2015年ドラマシリーズ部門作品賞を受賞した「ゲーム・オブ・スローンズ」には、島崎さんが出演。見事な悪役っぷりで全米を沸かせた王子役を熱演した。

数々の作品で主要キャラクターを演じる実力を持ち、かつ抜群のスタイルの良さと高い歌唱力&ダンスパフォーマンス、そしてファンのみならず演者をも笑わせるエンターティナー性で圧倒的な人気を誇る声優・宮野真守。今年は『ミニオンズ』『リトルプリンス 星の王子さまと私』の2作品で吹き替えを担当。さらに邦画で言えば『バケモノの子』にも出演。吹き替え声優に有名俳優や女優がキャスティングされる中、堂々たる演技を見せつけ、今年一年を通して宮野さんの名は映画界でも轟いた。

■若手が健闘! 安定の中堅・ベテラン勢に食らいつけ!

これまで、男性声優界では比較的中堅&ベテラン勢が活躍してきたが、ここ数年、新人や若手がメインキャストとして活躍する姿が見られるようになってきたのではないだろうか。特に今年は、各作品で20歳代の若手声優たちが活躍した。

「境界のRINNE」「ハイキュー!! セカンドシーズン」「ワンパンマン」など話題作に重要な役どころで出演した石川界人をはじめ、彼と「終わりのセラフ」で共演し、「スタミュ」「少年ハリウッド 」と2次元アイドルブームを盛り上げた両作品で乙女を魅了した小野賢章。「スタミュ」には、「東京喰種トーキョーグール√A」で主人公を演じた花江夏樹も出演。蒼井翔太は「少年ハリウッド」で若手声優たちとブームを牽引しつつ、2次元アイドルグループの草分け的存在「うたの☆プリンスさまっ♪」でベテラン勢と肩を並べて共演。同じく「少年ハリウッド」に出演し「山田くんと7人の魔女」「赤髪の白雪姫」と立て続けにメインキャストを務めたのは逢坂良太。そして逢坂さんとは「赤髪の白雪姫」で名コンビぶりをみせ、デビュー2年目にして「ヤングブラック・ジャック」で初の単独主演に抜擢された梅原裕一郎。梅原さんの名を一躍有名にした「美男高校地球防衛部LOVE!」には、山本和臣、西山宏太朗、白井悠介、増田俊樹ら若手イケメンが勢揃い! 少し作品例を挙げただけでも、20歳代の声優たちの勢いがうかがえる。

しかし、勢いに負けない盤石な人気を見せたのが櫻井孝宏。デビューから約20年経つもその人気は衰え知らず。年間出演数も業界随一で、今年の出演作は「響け! ユーフォニアム」「おそ松さん」「純情ロマンチカ3」「乱歩奇譚 Game of Laplace」「ダイヤのA」「GANGSTA.」…と挙げだしたらきりがないほど。そのほか『屍者の帝国』細谷佳正や「暗殺教室」「WORKING!!」福山潤らも忘れてはいけないだろう。豊富な経験に裏打ちされた実力で様々な役を演じきる彼らと、勢いを増す20歳代の若手たちとの競演にこれからも期待したい。

■活動の幅はまだまだ広がる! ネクストブレイクも要チェック!

声で演じる“声優”が、アーティスト活動、舞台役者、雑誌モデルなどで活躍することは、最早珍しいことではなくなってきた。様々なフィールドで“表現者”として作品を生み出す声優の中でも、さらに特筆すべき才能を開花させた声優たちもいた。

例えば、「GANGSTA.」でみせた唯一無二の個性派演技をはじめ、渋い声で人気の津田健次郎は、自身がプロデュースを務めた声優アートブック「津田健次郎責任編集『EDGE』」を刊行。鈴村健一、藤原啓治ら社長業も営む面々から、吉野裕行ほか若手まで人気声優が多数参加し、声優のアートな側面を全面に押し出した。

「うたの☆プリンスさまっ♪」来栖翔役をはじめ年下少年系や、ヘタレ、元気っ子の役に定評がある下野紘は、色んな人との「はじめまして」を生で披露するというトークライブ「下野紘のほぼはじめまして」を開催。既に今年2回開催しており、浅沼晋太郎、森川智之といった声優仲間以外にも、お笑い芸人の「TKO」や「よゐこ」有野晋哉ら異業種の人ともトークを繰り広げ、声優イベントの新たな可能性を提示した。

新たな可能性という点では、2016年以降の活躍が期待されるネクストブレイク声優にも触れておきたい。人気女性声優・内田真礼を姉に持ち、2013年のデビューからアニメにゲームに引っ張りだこ、「うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ」でまさかの新キャラに抜擢され、来年からの注目度が急上昇しているのが内田雄馬。澄んだ大きな瞳にあどけない笑顔は、既に声優雑誌でも目を引くイケメン新星声優だ。そして、『ナルニア国物語』シリーズで次男・エドマンドの吹き替えを務め、アニメ「うしおととら」での主人公を勝ち取った若き実力派・畠中祐。彼の素朴で飾らない純真なスマイルには、これからの活躍を応援せずにはいられない魅力が満載! ファン続出必至だ。

年々活動の幅を広げ、新しいエンターテインメント作品を生み出していく“声優”。そんな彼らの活躍の軌跡を、冬休みやお正月休暇を利用して、2015年のアニメ、映画、ドラマをイッキ見しながら確かめてみて。

梶裕貴&宮野真守らイケボに“耳ドキッ”!素顔もイケメンな美男子声優たち~2015

《text:cinemacafe.net》

特集

その他 アクセスランキング

  1. ゲームのスチールケースを使ったインテリアが話題に

    ゲームのスチールケースを使ったインテリアが話題に

  2. ハリウッド映画版『マインクラフト』海外で2019年5月に公開決定

    ハリウッド映画版『マインクラフト』海外で2019年5月に公開決定

  3. 「風の谷のナウシカ」蛇螻蛄が可動フィギュアに

    「風の谷のナウシカ」蛇螻蛄が可動フィギュアに

  4. 「ゴジラ対エヴァンゲリオン」を村上隆が描く!コラボビジュアル第3弾公開

  5. 「ニコニコチャンネル」有料登録者数が50万人突破!上位5チャンネルの平均年間売上額は1億円台

  6. 【e-Sportsの裏側】「Eスポーツは意識してない」日本屈指のプロチームを構築した男が語る未来とは

  7. 『デレマス』のシングルCD「ハイファイ☆デイズ」、オリコンで初登場1位を獲得! 関連シングルでは初の快挙

  8. 【昨日のまとめ】話題のアプリ『ひとりぼっち惑星』人気のあまりサーバーダウン、日本屈指のプロチームを構築した男が語る未来、アプリ『SAO メモリー・デフラグ』発表…など(6/27)

  9. 『餓狼MOW2』の話題も飛び出した『KOF XIV』開発陣インタビュー、YouTubeがYouTuber向けサポート拡大を発表、EU離脱で著名人らも動揺「ハリポタ作者:今日ほど魔法が使いたかったことはない」・・・編集部員も見るべきまとめ(6/27)

  10. Twitter、画像加工&検索の新機能「ステッカー」を解禁

アクセスランキングをもっと見る

page top