人生にゲームをプラスするメディア

劇場アニメ「聲の形」は松竹系で秋公開…山田尚子監督、京アニの話題作

その他 アニメ

(C)大今良時/講談社
  • (C)大今良時/講談社
2014年11月にアニメ決定、2015年に劇場アニメ製作が発表されていた『聲の形(こえのかたち)』の映画公開が2016年秋、松竹配給であることがわかった。2015年12月22日に、松竹の映画情報サイト「シネマズ」が、「全作品さきどり一挙紹介!2016~2017松竹配給作品ラインナップ」とタイトルした記事をアップした。このなかで『聲の形』が2016年の映画として紹介された。

記事では『聲の形』の公開を2016年秋としている。監督は既報どおりに山田尚子、アニメーション制作は京都アニメーションである。
松竹はこれまでに『けいおん!』『たまこラブストーリー』など京都アニメーションの劇場映画を多数配給してきた。現在は『映画 ハイ☆スピード!-Free! Starting Days-』を上映中、2016年4月には『劇場版 響け!ユーフォニアム~北宇治高校吹奏楽部へようこそ~』を公開する。『聲の形』でも引き続きタッグを組むことになる。
一方、これまで松竹が配給してきた京都アニメーションのアニメ映画は、全てテレビシリーズのヒット作の劇場展開であった。今回はテレビシリーズを挟まないオリジナル作品となるだけに、両社にとって新たな挑戦となる。

原作となる『聲の形』は、マンガ家・大今良時が聴覚障害の少女・硝子と彼女を取り巻く人々のドラマを描いたものである。2008年に第80回週刊少年マガジン新人漫画賞に入選後に発表され、さらにその後あらためて「週刊少年マガジン」(講談社)に連載された。
単行本は全7巻と決して長くないが、手塚治虫文化賞新生賞、このマンガがすごい!2015 オトコ編第1位など多くの賞に輝いている。深みのあるドラマを描き、評価されている。

アニメーション制作をする京都アニメーションは、京都に本社を構える老舗のアニメスタジオである。2000年代からは多くのテレビアニメシリーズ、劇場アニメの企画・制作を担当している。深夜アニメやそこから劇場映画に展開した作品を多く手がける。『聲の形』のような劇場単独企画は珍しく、野心作と言っていい。
監督の山田尚子は、2009年の『けいおん!』で監督デビュー、『映画けいおん!』や『たまこラブストーリー』で高い評価を受けた。2014年には『たまこラブストーリー』で第18回 文化庁メディア芸術祭アニメーション部門 新人賞を受賞している。若手の注目監督として、『聲の形』での作品づくりが注目される。

『映画 聲の形』
2016年秋公開
原作: 「聲の形」大今良時(講談社コミックス刊) 
監督: 山田尚子 
アニメーション制作: 京都アニメーション

原作ロゴ:(C)2016大今良時・講談社

映画「聲の形」2016年秋、松竹系公開  山田尚子監督、京都アニメーションの話題作

《animeanime》

その他 アクセスランキング

  1. 劇場版「ソードアート・オンライン」×「神田祭」コラボアイテムがAJ2017で先行販売決定

    劇場版「ソードアート・オンライン」×「神田祭」コラボアイテムがAJ2017で先行販売決定

  2. 「Fate/Grand Order」舞台化決定!アプリでは「Fate/EXTRA CCC」コラボも

    「Fate/Grand Order」舞台化決定!アプリでは「Fate/EXTRA CCC」コラボも

  3. 噂: 『Call of Duty WWII』のイメージが多数出現―第二次世界大戦が舞台か

    噂: 『Call of Duty WWII』のイメージが多数出現―第二次世界大戦が舞台か

  4. 『ニーア オートマタ』コラボカフェ第2期が決定!―展示の2Bドールにも大反響

  5. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』試射会でも使える初心者向けテクニック10選、初代『ストII』の新コンボが発見!、『ニーア オートマタ』コラボカフェ第2期が決定…など(3/25)

  6. ファン制作『マインクラフト』未来版の映像がスゴすぎる…―現実とゲームが融合!

  7. 「魔法陣グルグル」2017年夏放送スタート PV第1弾&追加キャスト発表

  8. 登場から26年…初代『ストリートファイターII』の新コンボが発見!

  9. 映画『GODZILLA』2017年11月公開 サブタイトルは「怪獣惑星」

  10. 「citrus」TVアニメ化決定 ギャルと生徒会長による百合マンガ

アクセスランキングをもっと見る