人生にゲームをプラスするメディア

【特集】乙女ゲーの「主人公」が可愛くてツラい!!男そっちのけで愛でたいヒロイン特集(2015年版)

その他 全般

【特集】乙女ゲーの「主人公」が可愛くてツラい!!男そっちのけで愛でたいヒロイン特集(2015年版)
  • 【特集】乙女ゲーの「主人公」が可愛くてツラい!!男そっちのけで愛でたいヒロイン特集(2015年版)
  • 【特集】乙女ゲーの「主人公」が可愛くてツラい!!男そっちのけで愛でたいヒロイン特集(2015年版)
  • 【特集】乙女ゲーの「主人公」が可愛くてツラい!!男そっちのけで愛でたいヒロイン特集(2015年版)
  • 【特集】乙女ゲーの「主人公」が可愛くてツラい!!男そっちのけで愛でたいヒロイン特集(2015年版)
  • 【特集】乙女ゲーの「主人公」が可愛くてツラい!!男そっちのけで愛でたいヒロイン特集(2015年版)
プレイヤーが主人公として、攻略対象の男性キャラクターと恋愛を楽しむ「乙女ゲーム」。本来、気になるのは魅力的なビジュアルを備え、豪華声優陣が演じるイケメンたちでしょう。

でも、そんな彼らに愛される「可愛い主人公」こそ最重要キャラクターでしょう!そうに決まっていますよね!というわけで、常々「乙女ゲームの主人公ちゃんが可愛いすぎてツライ!」と主張している筆者(※女性)が、2015年に発売したゲームから独断と偏見で可愛かったり凛々しかったり頑張り屋さんだったりするオススメ主人公ちゃんをご紹介したいと思います。

『Code:Realize ~創世の姫君~』の「カルディア」


さて、まずは『Code:Realize ~創世の姫君~』です。いきなり発売日が2014年11月で申し訳ありませんが、前回でご紹介できなかったのが激しく心残りなのでご容赦ください。

本作は、19世紀ごろのイギリスを思わせる「機鋼都市ロンドン」が舞台。主人公・カルディアは大泥棒のアルセーヌ・ルパンをはじめ、出会った仲間たちや自身の過去、国や世界にまつわるさまざまな出来事を乗り越えていくこととなります。各キャラクタールートで語られる真実がきれいに集約していく、物語としての面白さも素晴らしい作品でした。



触れたものを腐敗させ、溶かしてしまう猛毒を全身に宿すカルディアは誰かに触れることも、触れられることもできません。その性質ゆえに周囲からは「怪物」と呼ばれ、忘れられない悲しい事件にも襲われます。それから長い間、1人きりで過ごしてきた彼女が仲間との出会いを通じて色々な体験をし、少しずつ感情表現が豊かになり、笑顔を見せてくれた瞬間なんかは攻略キャラと一緒になって喜んじゃいました。彼女の成長、変化をじっくりと堪能できる流れがとても良いと思います。



とくにカルディアと攻略キャラは、恋人同士にとって当たり前の「触れる」という行為がそう簡単にできません。だからこそ、終盤~エンディングにかけて「特別なこと」という感じが一層際立つんだろうなと感じました。彼らの触れ合いには本当に感動できます!


『遙かなる時空の中で6』の「高塚梓」


2015年3月発売『遙かなる時空の中で6』は、『遙かなる時空の中で』シリーズの最新作。ある日、主人公・高塚梓ちゃんは大正時代によく似た異世界へ誘われ、やがて帝国軍と鬼の一族の抗争、そして世界の命運をかけた戦いへと身を投じていくこととなります。



梓ちゃんはごく普通の高校生として生活していた中、帝都の守り神・龍神と意志を交わすことができる「神子」として召喚されました。生活が一変し、大きく戸惑いながらも自分にできることをしようと、怨霊から帝都の人々を守るために戦い抜きます。時には完全に立場が逆転し、攻略キャラのほうがヒロインに見えるほど凛々しく思えました。こうした格好良さ、男前っぷりは、斎賀みつきさんのボイスが入る戦闘シーンでじっくり体感できます!



一方、料理に挑戦してちょっと失敗ちゃうとか、同じ神子である駒野千代ちゃんとの女の子同士の会話とか、可愛らしい格好をした時とか、年相応っぽ部分が垣間見えるシーンはとても微笑ましくて可愛いんですよ。このギャップがまたたまりませんね。


『プリンス・オブ・ストライド』の「桜井奈々」


『プリンス・オブ・ストライド』は2015年7月発売ですが、それ以前からドラマCDやビジュアルノベルなど、さまざまなジャンルでも展開しているプロジェクトです。2016年1月からはテレビアニメもスタートし、ますます盛り上がりをみせそうですね。



本作の主人公・桜井奈々ちゃんは、6人1チームで街を駆け抜ける架空のスポーツ「ストライド」の試合動画に惹かれ、方南学園への入学を決めた高校1年生の真っ直ぐな女の子。しかし奈々ちゃんが入学した時は、ある事件の影響により将棋部との兼部でやっと存続している状態に陥っていました。それでも「方南学園のストライド部」にこだわる奈々ちゃんは部員やスポンサーの獲得など、部の立て直しに奔走。さらにチームの司令塔となる「リレーショナー」としての役割に加え、マネージャー業もこなす姿は心から応援せずにはいられないほど。どんな逆境も諦めない、前向きで素直な頑張り屋さんです。



試合に負け、チーム全体が落ち込む中でも明るく振る舞い、周囲を奮い立たせる奈々ちゃん。ちょっとだけ弱音を吐いたり、思い悩む姿をみせた時には「そうだよね、すっごく頑張ってるからこそ辛いよね」と守ってあげたくなりましたけど、彼女はすぐ前に向かって歩きだせる女の子。ですので、隣にそっと寄り添いたいなというのが結論です。

あと個人的な趣味ですが、奈々ちゃんのツインテールという見た目、試合中など一部シーンで入る花澤香菜さんのボイスがとんでもなく可愛い!ほんっと可愛い!大好きです!!


『レンドフルール』の「ヴィオレット」


2015年8月に発売した『レンドフルール』の舞台は、滅びかけた世界を救った女神の恩寵により発展した世界。主人公・ヴィオレットは眠りについた女神の依代として、世界を救うという使命ために生きてきました。そのためには、4人の騎士達の協力が不可欠。そこでヴィオレットは忠誠と信頼を得るべく、彼らとの「対話」に挑みます。幸せかどうか、人によって受け止め方の変わりそうな各エンドは胸にぐっと来るものがありました。



乙女ゲームといえば攻略キャラの好感度を高めるため、好みに合いそうだとか気に入られそうな選択肢を選ぶのが常ですが、本作では自分の考えを押し通したり、きっぱり反論したりすることもあったのが印象的。意見の一刀両断っぷり、挑発にも動じない剛毅さは清々しかったです。



文字通りのお姫様なので少々世間からずれた部分もありますが、世界の行く末を担う者としての覚悟、責任感の強さには「この人になら信じられる、付いていける」と思わされるカリスマ性を感じました。そんな彼女が、恋愛的な駆け引きでは素直な笑顔や照れ顔を見せてくれるのが微笑ましかったです。それと個人的なポイントは「手」!何より手が美しい!高貴さや気品を感じました。


■番外・『スカーレッドライダーゼクス Rev.』の「麻黄アキラ」


『スカーレッドライダーゼクス Rev.』は2015年11月に発売ですが、移植作品なので「2015年」という枠に入れるわけにはいきません。しかし、ここも独断と偏見で語る場としてご容赦いただき、ちょっとだけ主張させてください!



「赤の世界」からやってきた侵略者に対抗すべく、結成された戦闘ユニット「スカーレッドライダー」。アキラちゃんは死と隣り合わせで戦うメンバーに命令を下す教官に着任し、彼らの命と世界を一手に担うこととなります。念のため言いますが、SFとか特撮ヒーロー要素は強いものの、学園モノのノリとかバンド活動とか、乙女ゲームっぽいとこもありますから!というか乙女ゲームですからこれ!



見た目はカッコイイんだけど、控えめに言って個性が豊かでフリーダムなメンバーたちをまとめ、受け流したり素直に応援したりできるアキラちゃんは本当にすごいなって何年経っても思います。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

かつては主人公=自分といったイメージの主人公も、近年では強い個性を備え、過去もしっかりと描かれるようになり、攻略キャラクターと変わらない存在感を放つようになりましたね。「主人公ちゃん可愛い!大好き!」なプレイヤーとしては嬉しい限りなので、また2016年も主人公ちゃんにハマれる乙女ゲームがたくさん登場するのを切に祈ってます!
《近藤智子》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 4 件

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. クトゥルフ神話系TRPGが遊べる商業店舗「DARKGAME」オープン、人狼型ゲームやLARPも開催

    クトゥルフ神話系TRPGが遊べる商業店舗「DARKGAME」オープン、人狼型ゲームやLARPも開催

  2. 2016年にTwitterで最もつぶやかれたゲームは…?『ポケモン』『FFXV』『モンスト』などがランクイン

    2016年にTwitterで最もつぶやかれたゲームは…?『ポケモン』『FFXV』『モンスト』などがランクイン

  3. 「劇場版 SAO -オーディナル・スケール-」神田沙也加や井上芳雄、鹿賀丈史の出演決定! 想い溢れるコメントもお届け

    「劇場版 SAO -オーディナル・スケール-」神田沙也加や井上芳雄、鹿賀丈史の出演決定! 想い溢れるコメントもお届け

  4. 『ソウルキャリバー』生誕20周年記念映像!シリーズの歴史を振り返る

  5. 『Fate/EXTELLA』ネロ・玉藻の前・アルテラがウォークマンやヘッドホンに! オリジナルパッケージでお届け

  6. 【昨日のまとめ】『シャドウバース』第3弾カードパックの特設サイト公開、「PSVR」12月17日より追加販売が実施、『FFXV』×「カップヌードル」の“コラCM”…など(12/5)

  7. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  8. 【週刊インサイド】新エンディング追加の『青鬼 2016』に関心高まる…『艦これ』フィギュアや、ドラマ「逃げ恥」と『PSO2』の意外な接点にも注目

  9. ドラマ「逃げ恥」みくりは『PSO2』の高LVプレイヤーだった! ただし妄想の中で…

  10. 【昨日のまとめ】PS Vita版『PSO2』のアップデート容量が16GBのメモカを超える見込み、「PlayStation Experience 2016」開催スケジュール、VR空間でプラモを作る 『Monzo VR』…など(12/3)

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top