人生にゲームをプラスするメディア

Wii Uバーチャルコンソール1月6日配信タイトル ― 『マリオカート64』『スーパーマリオ64DS』『ファイナルファンタジーI・II アドバンス』

任天堂 Wii U

マリオカート64
  • マリオカート64
  • スーパーマリオ64DS
  • ファイナルファンタジーI・II アドバンス
任天堂は、2016年1月6日よりWii Uバーチャルコンソールで配信するタイトルラインナップを公開しました。

1月6日よりニンテンドーeショップにて配信開始となるWii Uバーチャルコンソールタイトルは、ニンテンドウ64ソフト『マリオカート64』、ニンテンドーDSソフト『スーパーマリオ64DS』ゲームボーイアドバンスソフト『ファイナルファンタジーI・II アドバンス』の3作品です。


◆マリオカート64



・配信予定日:2016年1月6日
・価格:1,028円(税込)
・オリジナル版ハード:ニンテンドウ64
・オリジナル版発売日:1996年12月14日
・発売元:任天堂
・ジャンル:アクションレース

『マリオカート64』は、1996年に任天堂よりニンテンドウ64ソフトとして発売されたアクションレースゲームで、『マリオカート』シリーズの第2作です。シリーズで初めてポリゴンによるグラフィック表現を導入し、現在まで続くシリーズに大きな影響を与えたタイトルです。一部人気コースは、最新作のWii Uソフト『マリオカート8』にもアレンジ収録されています。

“マリオ”をはじめ、特徴の異なる「軽量級」「中量級」「重量級」に分類された8キャラクターが登場。ゲームモードは、コースを勝ち抜き優勝を目指す「マリオGP」、2~4人で対戦プレイを楽しむ「VS」、最速を目指す「タイムアタック」に加え、2~4人で互いの風船を割り合う「バトル」を収録しています。通常コース16種類、バトル専用コース4種類、計20種類のコースを攻略しましょう。

(C)1996 Nintendo


◆スーパーマリオ64DS



・配信予定日:2016年1月6日
・価格:950円(税込)
・オリジナル版ハード:ニンテンドーDS
・オリジナル版発売日:2004年12月2日
・発売元:任天堂
・ジャンル:3Dアクション+タッチペンミニゲーム

『スーパーマリオ64DS』は、2004年に任天堂よりニンテンドーDSソフトとして発売された「3Dアクション+タッチペンミニゲーム」で、ニンテンドウ64ソフト『スーパーマリオ64』のリメイク・アレンジ作品です。ニンテンドーDSのローンチタイトルのひとつでもあります。“クッパ”によって「絵の世界」に連れ去られた“ピーチ姫”を助けるため、“マリオ”たちが冒険します。

本作では、オリジナル版の“マリオ”に加えて“ルイージ”“ヨッシー”“ワリオ”がプレイヤーキャラクターとして登場。ゲーム開始時のプレイヤーキャラクターは“ヨッシー”のみとなっており、オリジナル版を踏襲しつつも新しい物語が展開します。また、ストーリー本編を進めることで最大32種類の本作オリジナルのミニゲームが楽しめます。

(C)2004 Nintendo


◆ファイナルファンタジーI・II アドバンス



・配信予定日:2015年12月22日
・価格:702円(税込)
・オリジナル版ハード:ゲームボーイアドバンス
・オリジナル版発売日:2004年7月29日
・発売元:スクウェア・エニックス
・ジャンル:RPG

『ファイナルファンタジーI・II アドバンス』は、2004年にスクウェア・エニックスよりゲームボーイアドバンスソフトとして発売されたRPGで、『ファイナルファンタジー』および『ファイナルファンタジーII』のリメイク作品を収録したパッケージソフトです。『FF』シリーズの原点である『I』と、重厚なストーリーが展開する『II』をこの1本でプレイできます。

両タイトルともに、グラフィックやサウンドの刷新はもちろん、新規追加要素も収録。『I』では歴代『FF』シリーズのボスキャラクターたちが多数登場する追加ダンジョン「Soul of Chaos」が、『II』では登場キャラクターたちによる外伝的ストーリー「Soul of Re-birth」が楽しめます。

(C)1987,1988,2004 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』試射会でも使える初心者向けテクニック10選 ─ 他のイカたちに差をつけろ!

    『スプラトゥーン2』試射会でも使える初心者向けテクニック10選 ─ 他のイカたちに差をつけろ!

  2. ニンテンドースイッチ本体更新データVer.2.1.0配信、システム安定性や利便性向上

    ニンテンドースイッチ本体更新データVer.2.1.0配信、システム安定性や利便性向上

  3. 『ゼルダの伝説 BotW』制作秘話映像の番外編―“祠”に名前が付けられた理由

    『ゼルダの伝説 BotW』制作秘話映像の番外編―“祠”に名前が付けられた理由

  4. 【Wii U DL販売ランキング】『ゼルダ』『マインクラフト』『スプラトゥーン』人気変わらず、『カービィWii』も浮上(3/27)

  5. 【プレイレポ】『スプラトゥーン2 先行試射会』の6時間はあっという間だった…!イカした正統進化でより奥深く

  6. 「ヨドバシ.com」でスイッチの在庫が復活【追記あり】

  7. ニンテンドースイッチ左ジョイコン認識問題、今後改善へ―任天堂が海外声明

  8. 【特集】『ゼルダの伝説 BotW』勇者のためのライフハック!冒険がちょっと楽しくなる6項目

  9. E3 2017では「スイッチ」「3DS」の新作展示へ―米任天堂レジー社長

  10. 『モンハン ダブルクロス』小嶋P&市原Dによるセミナー開催!開発過程や「モンスター」の誕生秘話を語る

アクセスランキングをもっと見る