人生にゲームをプラスするメディア

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」公開から10日間で興収38億円超え

その他 映画

(C)2015 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved
  • (C)2015 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved
2015年12月18日に全国公開した映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が、公開前の予想どおり大ヒットの様相だ。公開3日間で興行収入が16億1934円に達して注目を集めたが、引き続き多くの人が本作を観るために劇場に足を向けている。
配給元の発表によれば、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の興行収入は公開から10日目となった12月27日には38億3677万9200円にもなっている。観客動員数は245万2710万人と200万の大台を軽々と越えた。

また30億円突破にかかった日数は8日間、これは2014年年間興収1位に輝いた『アナと雪の女王』の11日間より3日早く達成した。26日、27日に続き、28日からはいよいよ年末年始シーズンに突入する。今後も多くの動員も見込まれる。そして大きな記録も期待される。

大ヒットを記録していることについて配給は、従来のからのスター・ウォーズファンに加えて、新しいファンを取り込んでいるためと見ているようだ。劇場にはファミリー層や男子・女子の中高生グループ、さらにカップルや女性客、年配層など幅広い観客が訪れているという。さらに「シリーズを観たことがないが、この作品でハマった」「BB-8がカワイイ!」「女性が見ても楽しめる」などの声が紹介する。
一方で吹替版の次は字幕版、次回は大人数で観に行くといったリピート率も高い。新旧ファンのコンビネーションが『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の人気を牽引しているようだ。

こうした人気は日本だけでなく海外でも同様だ。公開12日目で世界興収も10億ドル(約1200億円)を突破。記録破りの記録を更新している。日本共々、今後ともさらに注目されそうだ。
《animeanime》

その他 アクセスランキング

  1. 初代「ベイブレード」12年の時を経て復活! 「ベイブレードバースト」シリーズにてリバイバル

    初代「ベイブレード」12年の時を経て復活! 「ベイブレードバースト」シリーズにてリバイバル

  2. 【レポート】『ポケモンGO』で広島の平和記念公園に行ってきた

    【レポート】『ポケモンGO』で広島の平和記念公園に行ってきた

  3. ゲーム禁止とOKな子、成績に差なし…友達の数には意外な傾向

    ゲーム禁止とOKな子、成績に差なし…友達の数には意外な傾向

  4. 「こち亀」おそ松さん、ガルパン、オーフェンなどとコラボしたノベライズアンソロジー刊行

  5. 「マクロスΔ」OST第2弾発売へ…ワルキューレ・2ndシングルの購入特典も

  6. 劇場版「モンスト」12月10日全国ロードショー!WEBアニメがついにスクリーンへ

  7. 【昨日のまとめ】『ポケモンGO』人気スポットにトレーナー殺到、「PlayStation VR」二次予約受付…各店舗の状況は?、『Project Sonic』海外発表…など(7/23)

  8. 『ダンガンロンパ2』をアニメ化しない理由とは? 小高和剛「あのキャラ達の物語はあれでお終い」

  9. 【週刊インサイド】『ポケモンGO』が話題をほぼ独占! 配信前の動きからサービス開始後の反響まで

  10. 【昨日のまとめ】マクドナルドが『ポケモンGO』とコラボ、『ポケモン サン・ムーン』ばけのかわポケモン公開、『ポケモンGO』データ通信料1年間無料サービス…など(7/20)

アクセスランキングをもっと見る

page top