人生にゲームをプラスするメディア

イマジカ・ロボットHD、「ポケモン」「妖怪ウォッチ」などの大手アニメ製作会社OLMを子会社化

その他 アニメ

公式サイトより
  • 公式サイトより
映像関連事業の大手イマジカ・ロボット ホールディングス(イマジカ・ロボットHD)は、12月22日にアニメ製作会社の大手オー・エル・エム(OLM)を子会社化すると発表した。
同社は現在、OLMの発行済株式の4.85%を保有するが、2016年4月4日付けで、既存の株主から株式譲渡を受けることで51.33%まで買い増す。これに従ってOLMを子会社化する予定だ。取得価額は28億5800万円となる。

イマジカ・ロボットホールディングスは、映像のポストプロダクションなどの大手企業であるイマジカ、VFXに強みを持つ映像制作会社ロボット、世界最大の映像ローカリゼーション企業SDIなどを統括する映像関連の大手企業として知られている。
一方、OLMは「ポケットモンスター」シリーズや、「妖怪ウォッチ」シリーズのアニメーション制作などで知られる国内アニメ製作の大手である。とりわけグループ企業のオー・エル・エム・デジタルやSprite Animation StudiosによるCG、VFXは国内最高レベルとされるほど高い評価を受けている。
2015年5月期の連結売上高は79億1200万円、営業利益は10億9200万円、純利益9億5600万円の優良企業である。映像の総合会社を目指すイマジカ・ロボットグループの映像制作能力は、OLMが加わることで飛躍的に高まりそうだ。

イマジカ・ロボットHDは今回の買収について映像ソフト事業を強化が実現すると説明する。また、機器やソフト、データセンターなどの共同調達・利用で制作の効率化やコスト削減、ノウハウ共有が図られるという。大きなシナジー効果が発揮されそうだ。
今回の株式譲渡は、代表取締役で最大株主の奥野敏聡氏らの既存の株主となるとしている。国内の大手アニメ製作会社は、東映アニメーションやサンライズ、トムス・エンタテインメントなどエンタテイメントの企業グループに属することが多い。OLMはスタジオジブリ、IGポート、ぴえろなど並ぶ数少ない独立系であったが、その一角が崩れることになる。アニメ業界にも驚きを与えそうだ。

イマジカ・ロボットHD ポケモンなどの大手アニメ製作会社のOLMを子会社化

《animeanime》

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】『ドラクエXI』現時点の情報まとめ、『GRAVITY DAZE 2』の魅力を描く映像、剣と楯と魔法で戦うVRゲームがアーケード進出…など(12/10)

    【昨日のまとめ】『ドラクエXI』現時点の情報まとめ、『GRAVITY DAZE 2』の魅力を描く映像、剣と楯と魔法で戦うVRゲームがアーケード進出…など(12/10)

  2. 「スパイダーマン:ホームカミング」初映像をお披露目、アイアンマンと空を飛ぶ

    「スパイダーマン:ホームカミング」初映像をお披露目、アイアンマンと空を飛ぶ

  3. NHKで『ドラゴンクエスト』30周年記念特番が放送決定、12月29日22時より

    NHKで『ドラゴンクエスト』30周年記念特番が放送決定、12月29日22時より

  4. 『サークル オブ セイバーズ』がアーケードに! 剣と楯と魔法で戦うVRゲームが渋谷と梅田に登場

  5. 『燃えプロ』や『忍者じゃじゃ丸くん』など80タイトル内蔵のゲームハードが登場…ジャレコやアイレムの作品がずらり

  6. 【昨日のまとめ】短編アニメ「ポケモンジェネレーションズ」EP1~6公開、『モンハン ダブルクロス』レンキンスタイル詳細、『スーパーマリオラン』を一足先に体験…など(12/9)

  7. “提督たちが愛用する文具”としてデザインされた「艦これ万年筆」が登場! ハードな勤務をこなす貴方へ

  8. 【レポート】大人に贈る新作ウエハース『ガーデスインエデン』は温度で絵柄が変化!温めるとエフェクトが消え、冷やすと紋様が浮かび上がる

  9. バイキングがAC向けプラットフォーム「BNAS」を発表、第1弾『マジシャンズデッド』以降も新作続々

  10. 「デレマス」より「北条加蓮 Triad Primus Ver.」フィギュアが登場!髪を解いたセクシーな雰囲気が特徴

アクセスランキングをもっと見る