最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us

セガに「ドリームキャストHD」制作を請願する運動が進行中 ― 署名数2万超える

2015年12月22日(火) 15時05分
 
 

1998年に発売された、セガを代表するゲームハードの1つ「Dreamcast(ドリームキャスト)」。このハードをHDに対応させ、新たに復活させようという運動が海外請願WebサービスChange.orgにて展開しています。

本署名運動の目的は、Sega of Americaに対して、「Sega Dreamcast Limited Edition Console」なる新ハードの設計とリリースを請願すること。説明文によると、このハードは、無線LAN、最大接続数4つのワイヤレスコントローラー、720p/1080pのHDアップスケーリングおよびHDMI出力、内蔵された500GBハードドライブとGD-ROMドライブを搭載し、従来の「Dreamcast」タイトルが遊べるのはもちろん、オンラインストアによるデジタル形式販売も想定しているようです。また、この新「Dreamcast」は、オーダーメイドのコンソールにすることによって、財務上の損失リスクを少なくするだろうと説明しています。

25,000人の署名を求めてキャンペーン中の「Sega Dreamcast Limited Edition Console」は記事執筆時点で22,293人の賛同者を獲得。加えて、同キャンペーンに関連したカウントダウンサイトもオープンしています。

  •  の画像
(原題:セガに「Dreamcast Limited Edition」制作を請願する運動が進行中―署名数2万超える)
(Article written by 秋夏)

その他アクセスランキング