人生にゲームをプラスするメディア

映画「ウォークラフト」2016年日本公開決定!ギネス記録のMMORPGがスクリーンに

その他 漫画

 
  •  
ブリザード・エンターテイメントが創り出した世界的なPCゲームの大ヒット作『ウォークラフト』(原題:Warcraft)が、ハリウッドのメジャースタジオと結びつき空前のビッグムービーとなる。

ユニバーサル・スタジオとレジェンダリー・ピクチャーズは、このゲームを原作にスペクタクル・ファンタジー超大作を製作する。ユニバーサルは2015年に『ワイルド・スピード SKY MISSION』や『ジュラシック・ワールド』など世界的なヒット作を送り出している。2016年は『ウォークラフト』こそが、これと同じ存在となる。

さらにユニバーサルと言えば、『アバター』や『ロード・オブ・ザ・リング』などのファンタジー大作に定評がある。そしてレジェンダリー・ピクチャーズは、『GODZILLA ゴジラ』やダークナイト3部作、『マン・オブ・スティール』『パシフィック・リム』などVFXを活用したスペクタクルな映像に定評がある。まさに『ウォークラフト』にぴったりだ。それだけに作品への期待も高まる。

ブロックバスター映画だけに日本での関心もすでに高くなっている。そうしたなかで2016年の日本公開が決定した。国内配給は東宝東和が担当するそして12月17日には早くも日本語版予告編が公開された。人間とオークのふたつの種族が広大な世界で戦う様子が描かれている。ゲームが生み出した世界観を映画ならではのスケールで実現していることがわかる。



原作となったゲーム「ウォークラフト」シリーズは、3部作で構成されたMMORPGである。PCを介して、多くの人が同時にゲームに参加する。2008年にはプレイヤー数が1000万人を突破、最多登録者数のMMORPGとしてギネス世界記録とされるほどだ。これまでに延べ1億人以上がプレイしたという。その世界には人間、ドワーフ、エルフ、オークといった多くの種族が住んでいる。さらに剣や魔法も登場しファンタジーファンであれば堪らない設定だ。

監督はデビット・ボウイの息子としても知られるダンカン・ジョーンズ。主演はトラヴィス・フィメル、さらにポーラ・パットンやダニエル・ウー、ベン・フォスター、ドミニク・クーパーなどが参加する。レジェンダリー・ピクチャーズのほか、特殊効果にILMなど最先端の映像演出のプロが集結した。映画史新たに名を残す作品が誕生しそうだ。

記事提供元: animeanime
《アニメ!アニメ》

その他 アクセスランキング

  1. SFC向け新作格ゲー『ザ・ダークネス・ハンター』対戦の様子を収録したゲーム映像が公開

    SFC向け新作格ゲー『ザ・ダークネス・ハンター』対戦の様子を収録したゲーム映像が公開

  2. ニンテンドースイッチ本体、海外での初回予約は続々終了

    ニンテンドースイッチ本体、海外での初回予約は続々終了

  3. 【昨日のまとめ】『ポケモンGO』アップデート実施、「ニンテンドースイッチ」ラインナップ映像公開、『FFXV』次回アップデートで「セルフ撮影機能」実装…など(1/18)

    【昨日のまとめ】『ポケモンGO』アップデート実施、「ニンテンドースイッチ」ラインナップ映像公開、『FFXV』次回アップデートで「セルフ撮影機能」実装…など(1/18)

  4. 【特集】自販機でジュースを買い、『鉄拳7』をさらに極める方法とは?

  5. 『世界樹の迷宮』10周年! 日向悠二が記念イラストをお披露目

  6. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  7. 話題の狂気ゲーム『Year Of The Ladybug』ってどんなゲームなの?主人公はインテリアデザイナー

  8. 【インタビュー】「最も評価の割れたサバイバルホラーゲーム」を生み出したSWERYが独立、今後の活動や『D4』はどうなるのか

  9. 【特集】マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡、エヴァと杉田智和との出会いが人生を変えた

  10. 【週刊インサイド】狂気のホラー『Year Of The Ladybug』日本語字幕トレイラーに興味津々…手のひらサイズの「ファミコン」やD3P新作に迫るインタビューも話題に

アクセスランキングをもっと見る