最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us

中国テンセントが『LoL』Riot Gamesの株式を完全取得 ― 雇用環境を充実化

2015年12月17日(木) 17時06分
 
 

中国のゲーム企業Tencent(テンセント)が、『League of Legends』のRiot Gamesの株式を完全に取得したと発表されました。Tencent社は、2011年に4億ドルを投じてRiot Gamesの筆頭株主となっており、今回の株式取得でRiot Gamesが完全な傘下に入ります。

今回の買収に関してRiot Gamesは、給与の改善や福利厚生の充実、開発環境の向上が見込めると伝えており、社員の貢献に報いるより良い雇用体系へ移行するとのこと。『League of Legends』などのゲームタイトルに与える直接的な影響は不明です。

Tencent社はRiot Games以外にもEpic Gamesの40%の株式を所有し、Activision Blizzardへ投資していることでも知られています。2014年のNewZooの調査では世界最大のゲーム企業と報告されており、今後の動向に注目を集めることとなりそうです。

記事提供元: Game*Spark

  •  の画像
  •  の画像
(Article written by Game*Spark)

その他アクセスランキング