人生にゲームをプラスするメディア

リアルに“スパイ体験”できるアトラクション施設「in SPY re」新宿に2月オープン!「顔認証システム」導入、ギミックは40以上

その他 全般

 
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
「謎解きゲーム」「サバゲー」「お化け屋敷」など、いわゆる“リアル系ゲーム”の常設店が増えてきた近年。最近では「カラーガンサバゲー」や「ゾンビラン」など、期間限定のアトラクション型イベントも数多く開催されています。



そんな中、今度はスパイ体験ができる「in SPY re(インスパイヤ)」というお店が東京にオープンします。場所は新宿歌舞伎町で、営業開始日は2016年2月7日です。

【続報】
【レポート】スパイ体験アトラクション施設「in SPY re」に潜入!想像以上にリアルかつ高難易度だった



「in SPY re」はサンヒルズが手がける“ミッション遂行型タイムアタックアトラクション施設”で、朝5:00まで営業しているカフェスペースも用意。施設には40ものギミックが用意されており、挑戦者は1人から5人までのグループで参加し、次々と出されるヒントを基にストーリーを進めていきます。

また同店では、個人の成績データを記録できる「顔認証システム」を導入。このシステムは専用アプリと連動し、ランキングや成績を自身で参照することができます。もちろんユーザー同士が“スパイ”の才能を競い合うことも可能です。

なお、公式サイトには報酬100万円の謎解きキャンペーンの情報が掲載中。気になる方はそちらもお見逃しなく。



■ストーリ
「in SPY re」は、ニューヨークに本部を置く、謀報機関。世界征服をたくらむ悪の組織「BLACK-MAX」を壊滅に追い込むため、日夜諜報活動を遂行中。ある日、「BLACK-MAX」が新宿・歌舞伎町に秘密のアジトを設立した、という情報をキャッチした「in SPY re」は、優秀な頭脳の持ち主とともに「BLACK-MAX」のアジトへ潜入し、内部からの破滅を策略する……。

■店舗情報
●店名
in SPY re新宿サイト

●所在地
歌舞伎町某所

●営業時間
2016年2月7日11時オープン
11時~翌5時(定休日なし)

●料 金
1回980円(税込)
※IDカード新規発行は100円(税込)
《栗本 浩大》

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止、プレイヤーの性格を武器にする『Last Standard』、ニンテンドースイッチ・海外での初回予約は続々終了…など(1/19)

    【昨日のまとめ】話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止、プレイヤーの性格を武器にする『Last Standard』、ニンテンドースイッチ・海外での初回予約は続々終了…など(1/19)

  2. PS Vita向け新作『死印』不気味なパッケージデザインが話題―ウェディングドレス姿の怪物の正体…?

    PS Vita向け新作『死印』不気味なパッケージデザインが話題―ウェディングドレス姿の怪物の正体…?

  3. 「デレマス」より「渋谷凛 Triad Primus Ver.」フィギュアが登場、細かなフリルやチラリと見える肌がセクシー

    「デレマス」より「渋谷凛 Triad Primus Ver.」フィギュアが登場、細かなフリルやチラリと見える肌がセクシー

  4. ニンテンドースイッチ本体、海外での初回予約は続々終了

  5. 狂気ホラー『Year Of The Ladybug』中止声明全文―「素晴らしい旅だった」

  6. 中世の職業を“ゲームユニット”風に解説する「十三世紀のハローワーク」発売…松野泰己が「これ、パクってイイ?」と絶賛

  7. 「刀剣乱舞-花丸-」デザインのTカードが登場、「三日月宗近」「加洲清光」などが集合した描き下ろしデザイン

  8. 【日々気まぐレポ】第182回 「HGBF ルナゲイザーガンダム」登場!意外な組み合わせで誕生した異色のガンプラに迫る

  9. SFC向け新作格ゲー『ザ・ダークネス・ハンター』対戦の様子を収録したゲーム映像が公開

  10. 【特集】自販機でジュースを買い、『鉄拳7』をさらに極める方法とは?

アクセスランキングをもっと見る