人生にゲームをプラスするメディア

リアルに“スパイ体験”できるアトラクション施設「in SPY re」新宿に2月オープン!「顔認証システム」導入、ギミックは40以上

その他 全般

 
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
「謎解きゲーム」「サバゲー」「お化け屋敷」など、いわゆる“リアル系ゲーム”の常設店が増えてきた近年。最近では「カラーガンサバゲー」や「ゾンビラン」など、期間限定のアトラクション型イベントも数多く開催されています。



そんな中、今度はスパイ体験ができる「in SPY re(インスパイヤ)」というお店が東京にオープンします。場所は新宿歌舞伎町で、営業開始日は2016年2月7日です。

【続報】
【レポート】スパイ体験アトラクション施設「in SPY re」に潜入!想像以上にリアルかつ高難易度だった



「in SPY re」はサンヒルズが手がける“ミッション遂行型タイムアタックアトラクション施設”で、朝5:00まで営業しているカフェスペースも用意。施設には40ものギミックが用意されており、挑戦者は1人から5人までのグループで参加し、次々と出されるヒントを基にストーリーを進めていきます。

また同店では、個人の成績データを記録できる「顔認証システム」を導入。このシステムは専用アプリと連動し、ランキングや成績を自身で参照することができます。もちろんユーザー同士が“スパイ”の才能を競い合うことも可能です。

なお、公式サイトには報酬100万円の謎解きキャンペーンの情報が掲載中。気になる方はそちらもお見逃しなく。



■ストーリ
「in SPY re」は、ニューヨークに本部を置く、謀報機関。世界征服をたくらむ悪の組織「BLACK-MAX」を壊滅に追い込むため、日夜諜報活動を遂行中。ある日、「BLACK-MAX」が新宿・歌舞伎町に秘密のアジトを設立した、という情報をキャッチした「in SPY re」は、優秀な頭脳の持ち主とともに「BLACK-MAX」のアジトへ潜入し、内部からの破滅を策略する……。

■店舗情報
●店名
in SPY re新宿サイト

●所在地
歌舞伎町某所

●営業時間
2016年2月7日11時オープン
11時~翌5時(定休日なし)

●料 金
1回980円(税込)
※IDカード新規発行は100円(税込)
《栗本 浩大》

その他 アクセスランキング

  1. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

    【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  2. 「すーぱーそに子」10周年記念の指輪付き約52万円フィギュアが登場、まさに婚約気分になれる一品に

    「すーぱーそに子」10周年記念の指輪付き約52万円フィギュアが登場、まさに婚約気分になれる一品に

  3. 【昨日のまとめ】『ニーア オートマタ』“違和感”と“爽快感”から読み解くプレイレポ、「すーぱーそに子」指輪付き約52万円フィギュア、SIE吉田修平氏がニンテンドースイッチを体験…など(2/23)

    【昨日のまとめ】『ニーア オートマタ』“違和感”と“爽快感”から読み解くプレイレポ、「すーぱーそに子」指輪付き約52万円フィギュア、SIE吉田修平氏がニンテンドースイッチを体験…など(2/23)

  4. 【日々気まぐレポ】第187回 王の名を冠した鉄華団の悪魔「HG ガンダム・バルバトスルプスレクス」キットレビュー

  5. 【hideのゲーム音楽伝道記】第53回:『いけにえと雪のセツナ』 ― 雪の世界の旅を彩る、繊細で切ないピアノの音色

  6. 海外Netflixのアニメ版『悪魔城ドラキュラ』ポスターイメージが初披露!

  7. 共に一時代を築いた“ビックリマン”と“キン肉マン”がコラボ! 「肉リマン(にっくリマン)チョコ」2月28日より発売

  8. 【特集】マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡、エヴァと杉田智和との出会いが人生を変えた

  9. 【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

  10. 『FFXV』限定特典の『A KING'S TALE: FFXV』、国内向けの無料配信も明らかに

アクセスランキングをもっと見る