人生にゲームをプラスするメディア

シリアルNo.入り「e-AMUSEMENT PASS」登場、デザインは『ポップン』『IIDX』『リフレクビート』

その他 アーケード

シリアルNo.入り「e-AMUSEMENT PASS」登場、デザインは『ポップン』『IIDX』『リフレクビート』
  • シリアルNo.入り「e-AMUSEMENT PASS」登場、デザインは『ポップン』『IIDX』『リフレクビート』
  • シリアルNo.入り「e-AMUSEMENT PASS」登場、デザインは『ポップン』『IIDX』『リフレクビート』
  • シリアルNo.入り「e-AMUSEMENT PASS」登場、デザインは『ポップン』『IIDX』『リフレクビート』
  • シリアルNo.入り「e-AMUSEMENT PASS」登場、デザインは『ポップン』『IIDX』『リフレクビート』
  • シリアルNo.入り「e-AMUSEMENT PASS」登場、デザインは『ポップン』『IIDX』『リフレクビート』
コナミデジタルエンタテインメントは、電子マネー「PASELI」に関連した新キャンペーンを実施します。

『BEMANI』シリーズ各タイトルの稼働を記念して実施される今回のキャンペーンは、シリアルNo.入りオリジナルe-AMUSEMENT PASSが、各タイトルで抽選100名に「PASELIポイント」と交換する形でプレゼントされるというものになっています。



対象タイトルは、『ポップンミュージック エクラル(pop'n music eclale)』『beatmania IIDX 23 copula』『リフレクビート ヴォルツァ(REFLEC BEAT VOLZZA)』の3作品。なお、キャンペーンの詳細については公式サイトの該当ページをご覧ください。

■キャンペーン概要

●エントリー期間
・2015年12月16日 ~ 2016年1月31日23時59分

●応募方法
・STEP1:キャンペーンページでエントリー
・STEP2:欲しいe-AMUSEMENT PASSをチェック(複数購入可能)
・STEP3:エントリー完了

●当選発表
・2016年2月15日以降に実施
※当選した場合は、KONAMI IDに登録してあるメールアドレス宛てに当選メールが送られます。そのため、必ずKONAMI IDに連絡先の登録を行う必要があります。

※e-AMUSEMENT PASSとは、KONAMIのアミューズメント専用の共通パスです。電子マネー対応の携帯電話と交通系・流通系ICカードをe-AMUSEMENT PASSとして使えます。
※エントリーはタイトル毎に受付します。
※2016年2月8日(月)12時の抽選時にエントリーされたタイトル毎にPASELIポイント200ポイント以上保有され
ていることが抽選条件となります。
(例)1タイトルエントリーの場合200ポイント、2タイトルエントリーの場合400ポイント、3タイトルエントリーの場合600ポイント以上保有
※タイトル毎に当選者を選定し、該当者のみ1タイトルにつき200ポイントを消費させていただきます。

(c)Konami Digital Entertainment
《すしし》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】「ゲームセンターCX」地上波で放送、『ゼルダの伝説 BoW』青沼Pが解説、『マリオカート8 デラックス』新機能や新参戦キャラをお披露目…など(1/16)

    【昨日のまとめ】「ゲームセンターCX」地上波で放送、『ゼルダの伝説 BoW』青沼Pが解説、『マリオカート8 デラックス』新機能や新参戦キャラをお披露目…など(1/16)

  2. 「ゲームセンターCX」1月17日26時10分より地上波で放送、PCエンジン『THE 功夫』に挑戦!

    「ゲームセンターCX」1月17日26時10分より地上波で放送、PCエンジン『THE 功夫』に挑戦!

  3. 『ぷよぷよ!!クエスト アーケード』3月31日でサービス終了、ゲーセン初の基本プレイ無料ゲームに幕

    『ぷよぷよ!!クエスト アーケード』3月31日でサービス終了、ゲーセン初の基本プレイ無料ゲームに幕

  4. 『シュタインズ・ゲート ゼロ』デザインのスニーカー・腕時計・名刺ケースが登場!スニーカーは牧瀬紅莉栖デザインに

  5. 「きのこの山」「たけのこの里」のガチ対決がオセロで実現…!「きのこの山VSたけのこの里 オセロ ゲーム3」1月18日発売

  6. シリーズ最新作『GUILTY GEAR Xrd REV 2』制作決定! 今春アーケードに登場、家庭用版も予定…1月20日からロケテも開催

  7. 「光のお父さん」がTVドラマに! 『FFXIV』上で綴られた親孝行計画が映像化

  8. 「ポプテピピック」がまさかの「ねんどろいど」化!“例のビル”破壊シーンや“エイサイハラマスコイおどり”を再現可能

  9. 【週刊インサイド】ニンテンドースイッチのソフトはリージョンフリーに…任天堂新ハードの情報や『スプラトゥーン2』発表などに注目集まる

  10. 【特集】マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡、エヴァと杉田智和との出会いが人生を変えた

アクセスランキングをもっと見る