人生にゲームをプラスするメディア

『プロジェクト巨影都市(仮)』は“絶体絶命都市とは対照的“、九条一馬が語るその魅力とは

ソニー PS4

『プロジェクト巨影都市(仮)』は“絶体絶命都市とは対照的“、九条一馬が語るその魅力とは
  • 『プロジェクト巨影都市(仮)』は“絶体絶命都市とは対照的“、九条一馬が語るその魅力とは
  • 『プロジェクト巨影都市(仮)』は“絶体絶命都市とは対照的“、九条一馬が語るその魅力とは
  • 『プロジェクト巨影都市(仮)』は“絶体絶命都市とは対照的“、九条一馬が語るその魅力とは
  • 『プロジェクト巨影都市(仮)』は“絶体絶命都市とは対照的“、九条一馬が語るその魅力とは
  • 『プロジェクト巨影都市(仮)』は“絶体絶命都市とは対照的“、九条一馬が語るその魅力とは
  • 『プロジェクト巨影都市(仮)』は“絶体絶命都市とは対照的“、九条一馬が語るその魅力とは
  • 『プロジェクト巨影都市(仮)』は“絶体絶命都市とは対照的“、九条一馬が語るその魅力とは
お披露目されたPS4/PS Vitaソフト『プロジェクト巨影都市(仮)』のティザー映像に合わせ、本作のディレクションとゲームデザインを手掛ける九条一馬氏がコメントを寄せました。

九条氏は、地震や火災といった災害に襲われる都市などを舞台に、人々が紡ぐドラマや危機的な状況でのサバイバルを描く『絶体絶命都市』シリーズのプロデュース・ディレクションも担当しています。


数十メートルに及ぶ謎の巨大生命体や、飛行する巨大物体といった「巨影」が生み出す脅威と向き合う本作『プロジェクト巨影都市(仮)』。その元凶となる存在こそ大きく異なりますが、危機に直面するという点では『絶体絶命都市』シリーズとも共通している部分があると言えます。

『絶体絶命都市』シリーズも最新作が鋭意制作中ですが、本作が持つ魅力や『絶体絶命都市』シリーズとの違い、また公開されたばかりのティザー映像にまつわる話などが含まれた九条氏のコメントが到着しているので、『プロジェクト巨影都市(仮)』を待ち望む方は見逃さずにご覧ください。


■九条一馬氏 コメント
バンダイナムコエンターテインメント様と私たちグランゼーラが3年間にわたり準備してきたゲームのティザーPVを皆様にご覧いただけるようになりました。 この機会をいただきましたすべての方々にあらためて感謝いたします。

現段階では、プロジェクトの全貌は明らかになっておりません。人々の前に突如現れる巨大な影、この映像では黒く塗って隠してありますが、そのベールはこれから徐々に明らかになっていきます。明らかになる過程で、このゲームが目指しているもの、プレイする方に体験していただきたいことも感じていただけると思います。

これらの巨影によって人々の日常が壊され、主人公達の行く手を阻まれます。この作品では、巨影によってもたらされる危機的な状況にどう対応するかということがゲームの骨格になっています。

自然災害の脅威を軸に進む「絶体絶命都市シリーズ」とは対照的に、目に見え、圧倒的な威圧感、存在感のある“脅威”を軸に進んでいくのが本作の特徴であり、魅力です。こうした脅威の描き方は我々にとっても新たな挑戦であり、皆様のもとにこの体験をお届けできる日を楽しみにしております。

今後も「プロジェクト巨影都市(仮題)」にご期待ください。



YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=3mMV--s0hg0

『プロジェクト巨影都市(仮)』は、発売日・価格ともに未定です。

(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. PSVRの予約再開は「準備が整い次第」…公式サイトやメルマガで案内

    PSVRの予約再開は「準備が整い次第」…公式サイトやメルマガで案内

  2. 日本一ソフトウェア、サマーセール第1弾を開始…『ディスガイア』シリーズ3作を1,500円から提供

    日本一ソフトウェア、サマーセール第1弾を開始…『ディスガイア』シリーズ3作を1,500円から提供

  3. 『マクロスΔスクランブル』公式サイトオープン!初回封入特典や期間限定生産版の情報も公開

    『マクロスΔスクランブル』公式サイトオープン!初回封入特典や期間限定生産版の情報も公開

  4. 【レポート】発売が近づくPSVR、その現状と課題をSIEが語る

  5. PS4/PS Vita『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』初回特典に「PC-9800シリーズ版」を付属

  6. PSVRタイトルは「ほぼ全て」DS4でプレイ可能、海外メディアが報じる

  7. あらゆる手段を用いてセンターを勝ち取る『アイドルデスゲームTV』残酷過ぎる死の罰ゲームが明らかに

  8. ライトニングは実在した?あまりにも本気すぎる『FFXIII』コスプレが凄い

  9. PS Vita『マクロスΔスクランブル』10月20日発売決定!「マクロスΔ」のみならず過去作キャラも参戦

  10. 【レポート】『ペルソナ5』序盤の展開が明らかに! 本質に迫る開発者インタビューも必見

アクセスランキングをもっと見る

page top