人生にゲームをプラスするメディア

映画「妖怪ウォッチ」第3弾製作決定、2016年12月公開

その他 アニメ

2015年12月10日、映画配給の大手である東宝は2016年に向けた配給作品のラインナップを一気に更新した。そのひとつに映画『妖怪ウォッチ』第3弾(仮)が挙がった。
『妖怪ウォッチ』はゲームソフトを起点に、テレビアニメ、玩具、マンガ、キャラクター商品として展開する人気タイトル。アニメ化をきっかけに2014年から一大ブームを巻き起こした。
劇場アニメもそのひとつだ。2014年12月20日に第1弾『映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!』を全国公開、2015年12月19日からは『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』を公開する。これに続く第3作目製作が早くも明らかになった。

2014年の第1弾『誕生の秘密だニャン!』公開の際には、前売券の販売が100万枚を大きく超え東宝配給映画史上最高を記録した。興行収入も78億円と驚異的な数字を残している。また第2弾公開決定を公開前に発表するのも異例として話題を呼んだ。作品の人気の高さを示すエピソードだ。
さらに今回第3弾の決定も、第2作『エンマ大王と5つの物語だニャン!』の公開前である。引き続きの大ヒットが期待されるが、それでも異例と言っていいだろう。

強力ラインナップで知られる東宝は、アニメの大型作品でお馴染みだ。春の「ドラえもん」、初夏の「名探偵コナン」「クレヨンしんちゃん」、夏の「ポケットモンスター」、スタジオジブリ作品など、長年の定番シリーズがライナンップの強さの秘密でもある。
そのなかで映画興行が大きく盛り上がる年末年始のシーズンは、これまで他のシーズンに比べて力強さが欠けていた。「たまごっち」や「イナズマイレブン」などのヒット作はあるが、ロングランシリーズとしてなかなか定着していない。早くも第3弾が決まった映画『妖怪ウォッチ』が、今後その座を獲得するのかも気になるところだ。

第3弾は引き続き、クリエイティブ・プロデューサー/企画・シナリオ原案を日野晃博が担当、アニメーション制作はオー・エル・エムが行う。アニメ『妖怪ウォッチ』のムーブメントはまだまだこの先も続きそうだ。

映画「妖怪ウォッチ」第3弾、2016年12月公開決定 第2作公開前に明らかに

《animeanime》

その他 アクセスランキング

  1. 狂気ホラー『Year Of The Ladybug』中止声明全文―「素晴らしい旅だった」

    狂気ホラー『Year Of The Ladybug』中止声明全文―「素晴らしい旅だった」

  2. 中世の職業を“ゲームユニット”風に解説する「十三世紀のハローワーク」発売…松野泰己が「これ、パクってイイ?」と絶賛

    中世の職業を“ゲームユニット”風に解説する「十三世紀のハローワーク」発売…松野泰己が「これ、パクってイイ?」と絶賛

  3. SFC向け新作格ゲー『ザ・ダークネス・ハンター』対戦の様子を収録したゲーム映像が公開

    SFC向け新作格ゲー『ザ・ダークネス・ハンター』対戦の様子を収録したゲーム映像が公開

  4. ニンテンドースイッチ本体、海外での初回予約は続々終了

  5. 【昨日のまとめ】『ポケモンGO』アップデート実施、「ニンテンドースイッチ」ラインナップ映像公開、『FFXV』次回アップデートで「セルフ撮影機能」実装…など(1/18)

  6. 「ねんどろいど カイロ・レン」予約開始―朽ち果てたダース・ベイダーのマスクも!

  7. 【特集】自販機でジュースを買い、『鉄拳7』をさらに極める方法とは?

  8. 『GRAVITY DAZE』キトゥンが再びfigma化―新パーツで最新作のシーンを再現可能

  9. 【日々気まぐレポ】第182回 「HGBF ルナゲイザーガンダム」登場!意外な組み合わせで誕生した異色のガンプラに迫る

  10. 話題の狂気ゲーム『Year Of The Ladybug』ってどんなゲームなの?主人公はインテリアデザイナー

アクセスランキングをもっと見る