人生にゲームをプラスするメディア

「アニメCGの現場 2016」 CGWORLDが全432ページの特別編集版刊行

その他 アニメ

 
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
株式会社ボーンデジタルはコンピュータグラフィックスの総合月刊誌「CGWORLD」を発刊している。CGのプロフェッショナル、さらに業界を目指す学生には必携の雑誌だ。
近年はアニメ現場でのCGの進展に伴い、アニメ関連の記事も増えている。そんなアニメ関連記事をまとめて、さらにパワーアップした特別編集版「アニメCGの現場 2016」を12月22日に発売する。

「アニメCGの現場 2016 -CGWORLD特別編集版-」は、3DCGを用いたアニメ制作の現在地を知るために企画された一冊である。アニメ制作会社各社のノウハウを結集したメイキング集となっている。
近年のアニメでは3DCGを活用することが当たり前になり、2D作画と見分けがつかないほどの見映えとCGならではの豪華な表現が両立できるようになった。誌面では実際の作品を例に挙げながら、3DCG技術を支えている各制作会社のノウハウをまとめている。
たとえば、東映アニメーションならば『Go! プリンセスプリキュア』、ポリゴン ピクチュアズなら『亜人』、サンジゲンなら『劇場版 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- Cadenza』と2015年を賑わせた話題作が集結。表紙はオレンジによる『蒼穹のファフナー EXODUS』の描き下ろしを採用した。

そのほか『神撃のバハムート GENESIS』『艦隊これくしょん -艦これ-』『えとたま』といったテレビアニメから、『劇場版 アイカツ!』『バケモノの子』『花とアリス殺人事件』などの劇場作まで、バラエティ豊かな作品がそろった。
一般誌では見ることのできないメイキング素材を432ページに詰め込んでおり、アニメ制作関係者はもちろん、作品をより深く知りたいファンやクリエイター志望の学生など、様々な人におすすめの内容となった。「アニメCGの現場 2016 -CGWORLD特別編集版-」は12月22日発売。価格は3600円(税抜)だ。
[高橋克則]

「アニメCGの現場 2016 -CGWORLD特別編集版-」
発売予定日: 2015年12月22日
定価: 3600円(税抜)
編集: ボーンデジタル書籍編集部
発行・発売: 株式会社 ボーンデジタル
総ページ数: 432ページ
《高橋克則》

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】ゲーム業界の重鎮が夜な夜な集う“住所非公開”の会員制飲食店「84」へ潜入、そこはまさに聖地だった

    【特集】ゲーム業界の重鎮が夜な夜な集う“住所非公開”の会員制飲食店「84」へ潜入、そこはまさに聖地だった

  2. 【特集】『ゲームの名シーン・暴力編』5選―強烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

    【特集】『ゲームの名シーン・暴力編』5選―強烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

  3. 【クイズ】GAMEMANIA!:スーファミ特集

    【クイズ】GAMEMANIA!:スーファミ特集

  4. 8bitカルチャーショップ「CONTROLLER」が札幌にオープン! 「KOG」や「TOKYO PiXEL.」などの商品を取り扱い

  5. 青森シネマディクト、手配違いで「この世界の片隅に」最終完成前バージョンを上映…返金対応など発表するも、SNS上では「むしろ羨ましい」の声も

  6. 【週刊インサイド】『ポケモンGO』アップデート情報など新情報相次ぐ…『金・銀』ポケモン登場や新たな展開に関心集まる

  7. 劇場版「ソードアート・オンライン」×「神田明神」コラボ絵馬が発売、縁起物のオリジナルイラストデザインが使用

  8. 「figma 雪ミク Twinkle Snow ver.」2017年7月に一般販売―各ストアで予約受付開始

  9. 【お知らせ】「ゲームクラウドアワード2017」の投票を開始しました

  10. 【インタビュー】『バイオハザード7』の恐怖を支えた新技術が凄い ― 写真から3Dモデルを生成、各キャラには実在モデルが居た

アクセスランキングをもっと見る