人生にゲームをプラスするメディア

「アニメCGの現場 2016」 CGWORLDが全432ページの特別編集版刊行

その他 アニメ

 
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
株式会社ボーンデジタルはコンピュータグラフィックスの総合月刊誌「CGWORLD」を発刊している。CGのプロフェッショナル、さらに業界を目指す学生には必携の雑誌だ。
近年はアニメ現場でのCGの進展に伴い、アニメ関連の記事も増えている。そんなアニメ関連記事をまとめて、さらにパワーアップした特別編集版「アニメCGの現場 2016」を12月22日に発売する。

「アニメCGの現場 2016 -CGWORLD特別編集版-」は、3DCGを用いたアニメ制作の現在地を知るために企画された一冊である。アニメ制作会社各社のノウハウを結集したメイキング集となっている。
近年のアニメでは3DCGを活用することが当たり前になり、2D作画と見分けがつかないほどの見映えとCGならではの豪華な表現が両立できるようになった。誌面では実際の作品を例に挙げながら、3DCG技術を支えている各制作会社のノウハウをまとめている。
たとえば、東映アニメーションならば『Go! プリンセスプリキュア』、ポリゴン ピクチュアズなら『亜人』、サンジゲンなら『劇場版 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- Cadenza』と2015年を賑わせた話題作が集結。表紙はオレンジによる『蒼穹のファフナー EXODUS』の描き下ろしを採用した。

そのほか『神撃のバハムート GENESIS』『艦隊これくしょん -艦これ-』『えとたま』といったテレビアニメから、『劇場版 アイカツ!』『バケモノの子』『花とアリス殺人事件』などの劇場作まで、バラエティ豊かな作品がそろった。
一般誌では見ることのできないメイキング素材を432ページに詰め込んでおり、アニメ制作関係者はもちろん、作品をより深く知りたいファンやクリエイター志望の学生など、様々な人におすすめの内容となった。「アニメCGの現場 2016 -CGWORLD特別編集版-」は12月22日発売。価格は3600円(税抜)だ。
[高橋克則]

「アニメCGの現場 2016 -CGWORLD特別編集版-」
発売予定日: 2015年12月22日
定価: 3600円(税抜)
編集: ボーンデジタル書籍編集部
発行・発売: 株式会社 ボーンデジタル
総ページ数: 432ページ
《高橋克則》

その他 アクセスランキング

  1. 【レポート】『ポケモンGO』で広島の平和記念公園に行ってきた

    【レポート】『ポケモンGO』で広島の平和記念公園に行ってきた

  2. ゲーム禁止とOKな子、成績に差なし…友達の数には意外な傾向

    ゲーム禁止とOKな子、成績に差なし…友達の数には意外な傾向

  3. 【週刊インサイド】『ポケモンGO』が話題をほぼ独占! 配信前の動きからサービス開始後の反響まで

    【週刊インサイド】『ポケモンGO』が話題をほぼ独占! 配信前の動きからサービス開始後の反響まで

  4. 【昨日のまとめ】『ポケモンGO』人気スポットにトレーナー殺到、「PlayStation VR」二次予約受付…各店舗の状況は?、『Project Sonic』海外発表…など(7/23)

  5. 弓矢でサバゲー! レジャー施設「CROSPO」に導入された“セーフアーチェリー”、矢がスポンジ製の安心設計

  6. 【昨日のまとめ】待望の国内配信がスタートした『ポケモンGO』、お役立ち情報からサーバーダウンまで話題一色…(7/22)

  7. 『ダンガンロンパ2』をアニメ化しない理由とは? 小高和剛「あのキャラ達の物語はあれでお終い」

  8. 劇場版「遊戯王」が4DX/MX4Dに!今秋上映決定

  9. USJ、今年も“やり過ぎ”なホラーイベント実施…「生きた虫」やVR映像を駆使する最恐アトラクションも

  10. 【昨日のまとめ】マクドナルドが『ポケモンGO』とコラボ、『ポケモン サン・ムーン』ばけのかわポケモン公開、『ポケモンGO』データ通信料1年間無料サービス…など(7/20)

アクセスランキングをもっと見る

page top