人生にゲームをプラスするメディア

『スーパーロボット大戦X-Ω』に「アイドルマスター XENOGLOSSIA」が期間限定で参戦

モバイル・スマートフォン iPhone

公式サイト
  • 公式サイト
バンダイナムコエンターテインメントは、iOS/Android『スーパーロボット大戦X-Ω(クロスオメガ)』の期間限定新規参戦作品を発表しました。

『スーパーロボット大戦X-Ω』、通称『スパクロ』は、さまざまなロボット作品のクロスオーバーが楽しいめる『スーパーロボット大戦』シリーズ作品となるスマートフォン向けラインオペレーションバトルゲームです。スマートフォン画面での遊びやすさを追求された内容になっており、開発・運営はセガゲームス、監修およびシナリオ制作はB.B.スタジオが担当しています。

この本作に「アイドルマスター XENOGLOSSIA」が参戦することが発表されました。本作は関西テレビ、チバテレビほかにて2007年に放映されたテレビアニメ。人気ゲーム『アイドルマスター』シリーズを原作としながらも独自の世界観やストーリーを描いた作品で、月が崩壊した地球を舞台に、巨大人型ロボット「iDOL」を操縦するアイドルマスターとなった少女たちの活躍を描きます。

今回、「アイドルマスター XENOGLOSSIA」が『スパクロ』へ登場するのはクリスマス期間限定。スマートフォン向けアプリならではの参戦形態となっています。

これに際し『スパクロ』公式サイトがアイマス仕様になっているほか、『アイドルマスター』シリーズの公式ブログでは、坂上総合プロデューサーからのコメントも掲載されていますので是非チェックしてみてください。




『スーパーロボット大戦X-Ω』は配信中で、価格はダウンロード無料(一部アイテム課金)です。



(C)賀東招二・四季童子/ミスリル
(C)カラー
(C)サンライズ
(C)SUNRISE・BV・WOWOW
(C)SUNRISE/PROJECT GEASS Character Design c2006 CLAMP・ST
(C)SUNRISE/PROJECT GEASS Character Design c2006-2008 CLAMP・ST
(C)サンライズ・プロジェクトゼーガ
(C)創通・サンライズ
(C)ダイナミック企画
(C)東映
(C)BANDAIVISUAL・FlyingDog・GAINAX
(C)PRODUCTION REED 1981
(C)PRODUCTION REED 1983
(C)PRODUCTION REED 1985
(C)BONES/STAR DRIVER 製作委員会・MBS
(C)2004 河森正治・サテライト/Project AQUARION
(C)2005 BONES/Project EUREKA
(C)サンライズ・バンダイビジュアル
《ひびき》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』金色のコイキング、存在が明らかに―進化で赤いギャラドスに!?

    『ポケモンGO』金色のコイキング、存在が明らかに―進化で赤いギャラドスに!?

  2. 『ポケモンGO』最新アプデVer.0.59.1情報が公開、7日連続でポケストップに訪れると……

    『ポケモンGO』最新アプデVer.0.59.1情報が公開、7日連続でポケストップに訪れると……

  3. 「幽☆遊☆白書」ゲーム化第2弾タイトルが発表!開発はKLab&アクセルゲームスタジオ、デフォルメキャラが多数登場

    「幽☆遊☆白書」ゲーム化第2弾タイトルが発表!開発はKLab&アクセルゲームスタジオ、デフォルメキャラが多数登場

  4. 『ポケモンGO』“みずタイプ”ポケモンたちのお祭りが開催中! 着せ替えアイテム「コイキング帽子」も追加

  5. KLab×マグノリアファクトリーの完全新作アクションRPG『ミラーズ クロッシング』発表、スタッフは『メガテン』の伊藤龍太郎など

  6. アプリ版『けものフレンズ』12月14日にサービス終了…TVアニメの放送を待たずに幕

  7. 『チェンクロ3』×「進撃の巨人」コラボが4月1日スタート…あらすじやPV公開

  8. 【レポート】GameJeansが『オーディンクラウン』発表!日本風にアレンジされた本格的MOBAをスマホで

  9. 『ポケモンGO』公認「宮津市天橋立ワールドマップ」が公開!―ゲームを遊びながら歴史が学べる

  10. 「劇場版 SAO -オーディナル・スケール-」LINEスタンプ配信開始、「君たちちょっとゲームしすぎじゃないか?」など全24種

アクセスランキングをもっと見る