最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
『エースコンバット 7』舞台は架空世界に ― 雲の表現には新技術を使用し、コックピットにいるような感覚をVRで提供

『エースコンバット 7』舞台は架空世界に ― 雲の表現には新技術を使用し、コックピットにいるような感覚をVRで提供

2015年12月10日(木) 14時52分
  •  の画像
     
  •  の画像
     
  •  の画像
     

バンダイナムコエンターテインメントは、Project ACES開発のフライトシューティング最新作『エースコンバット 7(ACE COMBAT 7)』の概要を発表しました。

本作は、2007年にXbox 360で発売された『エースコンバット6 解放への戦火』よりナンバリングタイトルとしては8年ぶりとなるタイトルです。ゲームエンジンにはUnreal Engineを採用、PlayStation VR対応の専用コンテンツも搭載しています。

ゲームの舞台は、オーシア連邦やエルジアが存在するナンバリングタイトルと同じ架空世界。出展用トレイラーでは、『エースコンバット5』のメインテーマ曲“Razgriz”のアレンジBGMがF-22とSu-30Mの空戦前に流れていました。


今回発表された情報によると、「PS4で実現される写実的な空」「新技術による雲の表現」「美麗なグラフィック空間」により、スピードを感じながら自由に思い描いた通りに気持ちよく飛べる飛行感覚を追求。超兵器を駆使した敵機との駆け引きやも大型敵などの難局を突破する攻略性の高さと達成感もポイントだそうです。

またPS VR向けコンテンツとしては、空と陸の景色を360度見渡し、本当に飛行機のコックピットにいるような感覚に浸ることができる飛行体験の実現に向けて開発が進められています。

エースコンバット 7(ACE COMBAT 7)』は発売日・価格共に未定です。

記事提供元: Game*Spark

(Article written by Game*Spark)

ソニーアクセスランキング


機種 PS4
ジャンル STG
発売元 バンダイナムコエンターテインメント
開発元 バンダイナムコエンターテインメント
発売日 未定
プレイ人数 プレイ人数未定