人生にゲームをプラスするメディア

カルチャー誌「SWITCH」1月号で「ゲームの30年」特集、表紙は『スプラトゥーン』

その他 全般

SWITCH Vol.34 No.1 ゲームの30年 1985-2015
  • SWITCH Vol.34 No.1 ゲームの30年 1985-2015
カルチャー誌「SWITCH」は、12月20日発売のVol.34 No.1(1月号)にて、特集記事「ゲームの30年」を掲載し、特典として『スーパーマリオメーカー』と『スプラトゥーン』のステッカーを封入します。

特集記事「ゲームの30年」では、1985年から2015年までのゲームの歴史にスポットを当て、さまざまなゲームクリエイターや業界関係者のインタビューを掲載。どのような経緯でゲームが作られてきたのかを紐解くと同時に、2016年以降の未来のゲームを考えます。


・人喰いの大鷲トリコ 上田文人×星野源
・スプラトゥーン 野上恒・天野裕介・阪口翼
・スーパーマリオブラザーズ 宮本茂・手塚卓志
・スーパーマリオメーカー 手塚卓志・押野洋介・山下善一
・CHRONICLE【ソフトとハードの30年史】
・ポケットモンスター 石原恒和・田尻智
・Ingress/Pokemon GO 須賀健人・本山敬一
・ファイナルファンタジー/テラバトル 坂口博信
・ファイナルファンタジー 野村哲也・吉田直樹
・鉄拳/ポッ拳/サマーレッスン 原田勝弘
・バイオハザード 小林裕幸・川田将央
・モンスターハンター 辻本良三
・龍が如く 名越稔洋
・妖怪ウォッチ 日野晃博
・週刊ファミ通 浜村弘一
・COLUMN【ゲームを考える10冊】
・プレイステーション 久夛良木健

スイッチ・パブリッシング ブックストア 商品紹介ページより
http://www.switch-store.net/SHOP/SW3401.html


また、「ソラニン」などを手掛けた漫画家・浅野いにお氏描き下ろしによる『スプラトゥーン』のイラストを掲載。さらに、封入特典として『スーパーマリオメーカー』と『スプラトゥーン』のキャラクターステッカーが付属します。

これまでの、そしてこれからのゲームの歴史を考える1冊になりそうな「SWITCH」1月号。興味がある方はぜひチェックしてみてください。

■SWITCH Vol.34 No.1 ゲームの30年 1985-2015
発売日:2015年12月20日(日)
価格:972円(税込)
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】ニンテンドースイッチの予約開始時刻などをチェック、オンラインリージョン仕様が一部判明、PS Vita『死印』不気味なパッケージデザインが話題…など(1/21)

    【昨日のまとめ】ニンテンドースイッチの予約開始時刻などをチェック、オンラインリージョン仕様が一部判明、PS Vita『死印』不気味なパッケージデザインが話題…など(1/21)

  2. 【姫子さんのゲーム本能寺!】第50話:神ゲー糞ゲー裁判。そのゲームは神か糞か?

    【姫子さんのゲーム本能寺!】第50話:神ゲー糞ゲー裁判。そのゲームは神か糞か?

  3. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

    【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  4. PS Vita向け新作『死印』不気味なパッケージデザインが話題―ウェディングドレス姿の怪物の正体…?

  5. 中世の職業を“ゲームユニット”風に解説する「十三世紀のハローワーク」発売…松野泰己が「これ、パクってイイ?」と絶賛

  6. 『モンハン』リアル脱出ゲームが3月22日より全国16都市で開催、火竜リオレウスに挑むハンターとして謎を解け!

  7. 「セガ新宿歌舞伎町」1月21日オープン! 『龍が如く』による記念イベントを展開

  8. 【特集】マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡、エヴァと杉田智和との出会いが人生を変えた

  9. ニンテンドースイッチ本体、海外での初回予約は続々終了

  10. 「デレマス」より「渋谷凛 Triad Primus Ver.」フィギュアが登場、細かなフリルやチラリと見える肌がセクシー

アクセスランキングをもっと見る