人生にゲームをプラスするメディア

『スーパーロボット大戦X-Ω』新たな作品の参加が明らかに、あのアイドルアニメか

モバイル・スマートフォン iPhone

Twitterより
  • Twitterより
バンダイナムコエンターテインメントは、iOS/Android『スーパーロボット大戦X-Ω(クロスオメガ)』の新規参戦作品を12月11日に公開します。

『スーパーロボット大戦X-Ω』、通称『スパクロ』は、さまざまなロボット作品のクロスオーバーが楽しいめる『スーパーロボット大戦』シリーズ作品となるスマートフォン向けラインオペレーションバトルゲームです。スマートフォン画面での遊びやすさを追求された内容になっており、開発・運営はセガゲームス、監修およびシナリオ制作はB.B.スタジオが担当しています。

この本作の公式Twitterアカウントにて、参戦作品の情報が一部明らかになりました。この作品は、スマホ向けの『スパクロ』ならではとなる「期間限定」。12月のみの参戦になるということです。今回はそのシルエットが明らかとなっており、Twitterのファンの間では早速作品の予想も始まっています。一部では「某アイドルアニメではないか」との声も上がっていますが、その全貌は12月11日に発表予定となっていますので是非お楽しみに。


『スーパーロボット大戦X-Ω』は配信中で、価格はダウンロード無料(一部アイテム課金)です。



(C)賀東招二・四季童子/ミスリル
(C)カラー
(C)サンライズ
(C)SUNRISE・BV・WOWOW
(C)SUNRISE/PROJECT GEASS Character Design c2006 CLAMP・ST
(C)SUNRISE/PROJECT GEASS Character Design c2006-2008 CLAMP・ST
(C)サンライズ・プロジェクトゼーガ
(C)創通・サンライズ
(C)ダイナミック企画
(C)東映
(C)BANDAIVISUAL・FlyingDog・GAINAX
(C)PRODUCTION REED 1981
(C)PRODUCTION REED 1983
(C)PRODUCTION REED 1985
(C)BONES/STAR DRIVER 製作委員会・MBS
(C)2004 河森正治・サテライト/Project AQUARION
(C)2005 BONES/Project EUREKA
《ひびき》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 錦糸公園、鶴舞公園など『ポケモンGO』人気スポットにトレーナー殺到

    錦糸公園、鶴舞公園など『ポケモンGO』人気スポットにトレーナー殺到

  2. シャープのスマホがなぜか『ポケモンGO』非対応に…現在は一部を除き対応

    シャープのスマホがなぜか『ポケモンGO』非対応に…現在は一部を除き対応

  3. 【レポート】『ポケモンGO』西新宿でピカチュウやレアコイルをゲット!雨の中、公園には早くもトレーナーの姿が

    【レポート】『ポケモンGO』西新宿でピカチュウやレアコイルをゲット!雨の中、公園には早くもトレーナーの姿が

  4. 『ポケモンGO』ユーザー過多でサーバーダウンか…ログインできず(復旧)

  5. 『BLEACH Brave Souls』1周年記念大感謝祭特設サイトにて「BLEACH」アニメの無料配信が決定!

  6. 『ポケモンGO』開発者からのメッセージとともにゲーム情報が続々公開

  7. 任天堂、ポケモン、グーグルが『イングレス』や『Pokemon Go』を開発する米ナイアンティックに約36億円を出資

  8. 【レポート】『ぷよぷよ!!クエスト』リアルタイム対戦は相殺と大逆転で最後の一瞬まで気が抜けない

  9. 「SMART GAME」で『ポケモンGO』限定課金額7%キャッシュバックが実施

  10. 『Fate/Grand Order』奈須きのこが第6章のシナリオを担当、過去最大規模のメインクエストに

アクセスランキングをもっと見る

page top