最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
2016年に注目すべき「アプリ10大トレンド」にe-Sports

2016年に注目すべき「アプリ10大トレンド」にe-Sports

2015年12月9日(水) 19時30分
  • Now on Tapの例:会話にある「フォンデュ」という単語をもとに、レシピを表示(提供:Google)の画像
    Now on Tapの例:会話にある「フォンデュ」という単語をもとに、レシピを表示(提供:Google)
  • 配信中のApple Watchアプリ(同レポートより)の画像
    配信中のApple Watchアプリ(同レポートより)
  • iPad向け仕事効率化アプリのダウンロード数(同レポートより)の画像
    iPad向け仕事効率化アプリのダウンロード数(同レポートより)
  • iPad向け仕事効率化アプリのダウンロード数シェア(同レポートより)の画像
    iPad向け仕事効率化アプリのダウンロード数シェア(同レポートより)

 米App Annieは9日、2016年に注視すべきアプリの10大トレンドを分析したレポート「2016年アプリトレンド予測:tvOSからGoogle Now on Tapまで、アプリがウェブを浸食」を発表した。

 2015年はサブスクリプションやアプリ内広告の増加などに見られるマネタイズの進化、新しいデバイス規格とプラットフォームの登場で、ユーザーの消費時間や消費金額が大きく伸長したという。これを受け同社では、「tvOS」と「Google Now on Tap」に代表されるトレンドが、2016年には主要な役割を担うと予想している。

 2016年のアプリ10大トレンドとしてあげられたのは、下記の10項目。
・Google Now on Tap:ディープリンクでアプリの発見が簡単に
・eスポーツ:ゲームパブリッシャーにとって新たな収益ストリームに
・メッセージング:文化的要因による分断が続く
・O2Oサービス:アジアに整理統合の波
・仕事効率化アプリ:新しい入力方法がアプリのイノベーションに拍車をかける
・金融サービス:変革を迫られるリテールバンク
・tvOS:スマートフォンのセカンドスクリーン化が加速
・YouTube Red:インディーコンテンツの拡大
・ウェアラブル:特化型および企業向けの用途へ
・拡張現実(AR)と仮想現実(VR):強力なコンテンツプレイヤーが導入を開始、2016年にはさらに加熱

 「Now On Tap」は、ブラウザやリーダーなどのアプリを使用しているときに、ホームボタンを長押しするだけで、自動的に画面を解析し、地名を検索したりマップで場所を確認したりサポートするカードを表示できるAndroid 6の最新機能だ。アプリ内コンテンツをインデックス化しリンクを張ることによって、アプリの挙動をよりウェブに近づけるもので、2016年には、同機能が普及すると見られている。

 一方の「tvOS」は、Apple TV向けのOSだ。2016年は、サードパーティー製アプリが多数登場し、ゲームと動画ストリーミングアプリが大きく躍進すると見られる。

(原題:2016年に注目すべき「アプリ10大トレンド」とは?)
(Article written by 冨岡晶@RBB TODAY)

モバイル・スマートフォンアクセスランキング