人生にゲームをプラスするメディア

『マジック:ザ・ギャザリング』世界大会を完全生中継、ニコ生が日本語実況付きで解説

その他 カードゲーム

「ワールド・マジック・カップ2014」トロフィー
  • 「ワールド・マジック・カップ2014」トロフィー
  • 「ワールド・マジック・カップ2014」対戦風景
  • 「ワールド・マジック・カップ2015」日本代表チーム(c)2015 Wizards of the Coast LLC, a subsidiary of Hasbro, Inc. All Rights Reserved.
  • 「ワールド・マジック・カップ2014」優勝チーム、デンマーク代表チーム
  •  
トレーディングカードゲーム「マジック:ザ・ギャザリング」の世界大会「ワールド・マジック・カップ2015」が、12月11日から13日までの三日間、スペインのバルセロナにて開催される。世界有数のトレーディングカードゲーム(TCG)の頂点を、70カ国以上の代表チームが競うイベントは世界中から注目を集めている。
その激闘の模様を、ニコニコ生放送が日本語実況付きで中継することになった。海外イベントであるが、日本語解説があるだけにファンにとっては見逃せないものとなる。

「マジック:ザ・ギャザリング」はウィザーズ・オブ・ザ・コースト社が販売する世界初のTCGだ。1993年にアメリカの数学者 リチャード・ガーフィールドによって生み出され、現在までに作られたカードは1万5千種類に及ぶ。英語だけでなく11言語に翻訳され、全世界70の国と地域で2千万人を超えるファンから愛されている。
世界大会「ワールド・マジック・カップ」は年に一度行われる世界イベントである。各国の年間プロ・ポイント最上位者と予選を勝ち抜いた精鋭たち3人が4人1組で参加し、団体戦のトーナメントを繰り広げる。優勝チームには世界一の名誉に加えて、総額4万8千ドルの賞金が与えられる。

ニコニコ生放送は三日間全ラウンドの生中継を敢行する。前回大会の配信は総視聴数23万人を記録しただけに、2015年大会も多くの視聴者を集めるだろう。
実況はマジックプレイヤーの鍛冶友浩さん、お笑いトリオ・ニブンノゴ!の森本英樹さん、ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社の金子真実さんが務める。解説はマジックプレイヤーの市川ユウキさんが行う。
なお今年の日本代表チームは渡辺雄也選手がキャプテンを担当。大阪予選優勝の玉田遼一選手、東京予選優勝の楊塑予選手、名古屋予選優勝の津村健志選手の4名で世界一に挑む。日の丸を背負った彼らの挑戦をぜひとも見届けてほしい。
[高橋克則]

「マジック:ザ・ギャザリング」世界大会を完全生中継 ニコ生が日本語実況付きで解説

《高橋克則》

その他 アクセスランキング

  1. 【週刊インサイド】多くの読者がニンテンドースイッチの予約に注目! 『Year Of The Ladybug』開発中止も大きな話題に

    【週刊インサイド】多くの読者がニンテンドースイッチの予約に注目! 『Year Of The Ladybug』開発中止も大きな話題に

  2. 『ロックマンX』長編ノベルが1月26日発売、ボンボンで連載されていたコミック版の設定をベースに長編小説化

    『ロックマンX』長編ノベルが1月26日発売、ボンボンで連載されていたコミック版の設定をベースに長編小説化

  3. 「魔法陣グルグル」主人公・ニケ役に石上静香、ヒロイン・ククリ役に小原好美が決定

    「魔法陣グルグル」主人公・ニケ役に石上静香、ヒロイン・ククリ役に小原好美が決定

  4. 【昨日のまとめ】ニンテンドースイッチ予約開始、『ゼルダの伝説 BoW』は任天堂最後のWii Uタイトル、PSVR『Fate/Grand Order VR feat.マシュ・キリエライト』発表…など(1/21)

  5. KOGから『ゼルダの伝説』モチーフのスウェットが登場! 懐かしいファミコンTシャツも再販

  6. 「闘会議2017」にて『ペルソナ5』や『ダンガンロンパV3』の音楽ステージを実施

  7. 中世の職業を“ゲームユニット”風に解説する「十三世紀のハローワーク」発売…松野泰己が「これ、パクってイイ?」と絶賛

  8. 【姫子さんのゲーム本能寺!】第50話:神ゲー糞ゲー裁判。そのゲームは神か糞か?

  9. ニンテンドースイッチ本体、海外での初回予約は続々終了

  10. 【昨日のまとめ】ニンテンドースイッチの予約開始時刻などをチェック、オンラインリージョン仕様が一部判明、PS Vita『死印』不気味なパッケージデザインが話題…など(1/21)

アクセスランキングをもっと見る