人生にゲームをプラスするメディア

アンケート「胸を熱くさせるロボットアニメ」、1位は「天元突破グレンラガン」

その他 アニメ

“胸を熱くさせるロボットアニメ” アンケート1位は「天元突破グレンラガン」
  • “胸を熱くさせるロボットアニメ” アンケート1位は「天元突破グレンラガン」
アニメ!アニメ!では11月27日から12月2日までの期間「ロボットアニメ」をテーマにアンケートを行った。「胸を熱くさせるロボットアニメ」とし、ロボットアニメと「ガンダム」シリーズのふたつに分けて回答を募った。
集まった回答は722件、そのうち男性は7割を超える。年代は10代から20代が半数を超えたが、50代後半までと幅広い世代の回答があった。今回はロボットアニメ編の回答を10位まで紹介する。

■ 「胸を熱くさせる」のキーワードに1位は「天元突破グレンラガン」

1位は『天元突破グレンラガン』となった。2007年に放送されたが、映画やコミカライズ、舞台化などが続き、今でも人気の高い作品だ。男性では断トツの1位、女性では7位となった。
2位には『コードギアス 反逆のルルーシュ』、2006年に放送をスタートし、第2期が2008年された。さらに本作からスピンオフするかたちで現在は『コードギアス 亡国のアキト』がの制作が続いている。息の長い作品で、こちらは女性で圧倒的に1位となった。

3位には『新世紀エヴァンゲリオン』となった。2015年で放送20周年を迎え、話題に事欠かない。新劇場版の公開が待ち遠しいファンも多いだろう。
4位には『アルドノア・ゼロ』。ロングランで人気の高い作品が多い中で、近年の話題作だ。5位の『勇者王ガオガイガー』は、3位の『新世紀エヴァンゲリオン』に続き20世紀からの作品だ。

全体的には、いまでも何かしたら展開が続いている作品が多くなった。また『新世紀エヴァンゲリオン』、『勇者王ガオガイガー』、『トップをねらえ!』など90年代の作品があり、様々なロボットアニメのタイトルが挙がった。

[あなたの胸を熱くさせるロボットアニメは?]

1位 「天元突破グレンラガン」
2位 「コードギアス 反逆のルルーシュ」
3位 「新世紀エヴァンゲリオン」
4位 「アルドノア・ゼロ」
5位 「勇者王ガオガイガー」
6位 「蒼穹のファフナー」
7位 「マクロスF」
8位 「革命機ヴァルヴレイヴ」
9位 「トップをねらえ!」
10位 「創聖のアクエリオン」

(回答期間:2015年11月27日(金) ~ 2015年12月2日(水))

“胸を熱くさせるロボットアニメ” アンケート1位は「天元突破グレンラガン」

《animeanime》

その他 アクセスランキング

  1. 「タッチ我慢スターター」欲望を刺激し過ぎて“おっぱい修理中”に…詫びパイとして“GカップからIカップに膨乳”

    「タッチ我慢スターター」欲望を刺激し過ぎて“おっぱい修理中”に…詫びパイとして“GカップからIカップに膨乳”

  2. 世界初の体感型音楽アトラクション「バハムートディスコ」今夏オープン! “450度”の映像空間を構築

    世界初の体感型音楽アトラクション「バハムートディスコ」今夏オープン! “450度”の映像空間を構築

  3. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

    このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

  4. 人類、おっぱいの誘惑に敗北か!? パイタッチは800万回を超え、D3P新作発表は100日以上先に…アクセス過多で接続も困難

  5. 『マインクラフト』を通して、親子でプログラミングが学べる書籍が登場! 「気軽に楽しく」がキーワード

  6. 『にゃんこ大戦争』のポノスがEスポーツ事業を始動、ゲーマー社員も積極採用へ

  7. ゲームフリークの増田順一も登壇するトークライブを開催…ゲームプログラマー学科体験説明会の一環として

  8. 【週刊インサイド】任天堂と「マリカー」の訴訟問題が話題に…『ポケモンGO』や「タッチ我慢スターター」など多彩な記事が賑わう

  9. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  10. 『ファイプロ』復活か!? スパチュンが「謎のサイト」オープン

アクセスランキングをもっと見る