人生にゲームをプラスするメディア

「マリオ」BGMがカラオケに!「GO GO マリオ!!」JOYSOUNDで配信決定、映像にも注目

任天堂 その他

「マリオ」BGMがカラオケに!「GO GO マリオ!!」JOYSOUNDで配信決定、映像にも注目
  • 「マリオ」BGMがカラオケに!「GO GO マリオ!!」JOYSOUNDで配信決定、映像にも注目
『スーパーマリオブラザーズ』のBGMが、明日12月1日よりJOYSOUNDにてカラオケ配信を開始します。

遊んだ方ならば誰もが耳にしたことがあるお馴染みのBGMにのせて、マリオが繰り広げる“旅”を歌った楽曲「GO GO マリオ!!」のJOYSOUND配信が決定。しかも、歴代ゲーム映像も流れるので、歌って楽しいだけでなく見応えもバッチリです。


「GO GO マリオ!!」は、1985年に放送されたラジオ番組「小峯隆生のオールナイトニッポン」で誕生。『スーパーマリオブラザーズ』のBGMにリスナーから募集した歌詞をつけ、ボーカルは谷山浩子氏が謎の歌手「プリンセス・ピーチ」名義で担当するという、驚きの展開を見せました。

この楽曲は、1985年に発売された攻略ビデオ「マリオの大冒険」に収録されたほか、2008年には「オールナイトニッポン」40周年を記念したトリビュートアルバム「オールナイトニッポン EVERGREEN」の収録曲としてもリリースされています。

今回のカラオケ配信では、背景映像として歴代『マリオ』シリーズ18タイトルのゲームプレイ動画を採用。初代『スーパーマリオブラザーズ』から最新作の『スーパーマリオメーカー』まで、懐かしさや刺激に満ちた映像がたっぷり綴られています。特に『スーパーマリオメーカー』の映像は、ここでしか見られない完全オリジナルの特別編となっているので、ファン必見と言えるでしょう。



なお本楽曲は、対象機種「JOYSOUND MAX」および「JOYSOUNDf1」のほか、ニンテンドー3DSやWii Uをはじめとした家庭向けカラオケサービスでも楽めます。カラオケ店舗のみならず自宅でも、「GO GO マリオ!!」を堪能しましょう。

Copyright XING INC.All Right
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』青沼Pがゲームシステムを解説!重要な「馬」や「天候」などの情報が明らかに

    『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』青沼Pがゲームシステムを解説!重要な「馬」や「天候」などの情報が明らかに

  2. スイッチ向け新作RPG『Project OCTOPATH TRAVELER』開発情報を綴るFacebookページが公開

    スイッチ向け新作RPG『Project OCTOPATH TRAVELER』開発情報を綴るFacebookページが公開

  3. 米任天堂、『ファイアーエムブレム』のダイレクト実施へ―開催は現地18日

    米任天堂、『ファイアーエムブレム』のダイレクト実施へ―開催は現地18日

  4. ニンテンドースイッチは「すれちがい通信」「Miiverse」に対応せず、海外メディアが報道

  5. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』ステージで声優の青木瑠璃子が大興奮!デモ版で広大な世界を冒険

  6. 『スプラトゥーン2』ステージで見所たっぷりバトル動画公開!各種ブキ・スペシャルウェポン詳細も

  7. 『マリオカート8 デラックス』新機能「ハンドルアシスト」や新参戦キャラもお披露目! 有野晋哉やザ・たっち、小松未可子がガチ対戦

  8. 「闘会議2017」で『ゼルダの伝説 BoW』を先行プレイ! 体験可能なニンテンドースイッチタイトルを発表

  9. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  10. 今週発売の新作ゲーム『GRAVITY DAZE 2』『蒼き革命のヴァルキュリア』『ポチと! ヨッシー ウールワールド』他

アクセスランキングをもっと見る