最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
PS Vitaに“L2/R2を追加する”アタッチメント、初期型版(PCH-1000)が今冬発売

PS Vitaに“L2/R2を追加する”アタッチメント、初期型版(PCH-1000)が今冬発売

2015年11月19日(木) 10時00分
  • PS Vitaに“L2/R2を追加する”アタッチメント、初期型版(PCH-1000)が今冬発売の画像
    PS Vitaに“L2/R2を追加する”アタッチメント、初期型版(PCH-1000)が今冬発売
  • PS Vitaに“L2/R2を追加する”アタッチメント、初期型版(PCH-1000)が今冬発売の画像
    PS Vitaに“L2/R2を追加する”アタッチメント、初期型版(PCH-1000)が今冬発売
  • PS Vitaに“L2/R2を追加する”アタッチメント、初期型版(PCH-1000)が今冬発売の画像
    PS Vitaに“L2/R2を追加する”アタッチメント、初期型版(PCH-1000)が今冬発売

上越電子工業は、PS Vita1000番台の専用グリップとなる「PCH-1000型専用 L2/R2ボタン搭載グリップカバー」の開発・発売が決定したと明かしています。

エレクトロニクス製品・オプトロニクス製品の製造・開発を行う同社は、今年の4月30日に「PS VITA用L2/R2ボタン搭載 グリップカバー」をリリース。名前からも分かる通り、L2/R2ボタンを搭載したグリップカバーとなっており、背面パネルをボタンで間接的にタッチできるようになるという利便性に優れた特徴を持っていました。

ですが、この時登場したグリップカバーはPCH-2000専用だったため、初期型である1000番台を愛用しているユーザーにとっては、使いたくとも手の届かない一品でした。しかしこのたび、PSVita1000番台モデルにL2/R2ボタンを追加できる、新たなグリップカバーの開発が決定しました。

基本的な機能は前モデルと同様となっており、ボタンを押すことにより内部の導電ゴムを通して、PSVitaの背面タッチパッドへ指からの静電気を伝える仕組みです。電力が不要なこの機構により、取り付けるだけで背面タッチパッドのL2/R2入力を物理L2/R2キーへの変換を実現します。

前モデルとの大きな違いは、PS Vita本体をグリップアタッチメントへ装着する際に「ツメで固定する」のではなく、「上面カバーで包み込んで固定する」という設計に変更している点です。これにより装着性が高まるだけでなく、PS Vita本体を保護するアクセサリーとしても機能する設計になっています。

気になる発売時期ですが、今冬を予定しているとのこと。初期型ユーザーにとっては見逃せない新たなアタッチメントの登場を、あと少しだけお待ちください。

■商品名:PCH-1000型専用 L2/R2ボタン搭載グリップカバー
■対応機種:PS Vita(PCH-1000)専用
■販売価格:オープンプライス
■発売日:今冬予定


copyright (C) 2001 JOETSU Electronics Ind Co.,Ltd. All Rights Reserved.

(Article written by 臥待 弦(ふしまち ゆずる))

ソニーアクセスランキング