人生にゲームをプラスするメディア

DeNA、任天堂との協業アプリは“F2P型を想定”と発表…「『ミートモ』は非常に任天堂らしいアプリ」

その他 全般

DeNA、任天堂との協業アプリは“F2P型を想定”と発表…「『ミートモ』は非常に任天堂らしいアプリ」
  • DeNA、任天堂との協業アプリは“F2P型を想定”と発表…「『ミートモ』は非常に任天堂らしいアプリ」
今年の3月17日に、任天堂とディー・エヌ・エーが共同記者会見を実施。スマートデバイス向けゲームアプリの共同開発・運営及び、新会員制サービスの共同開発に関する業務・資本提携について、両社が合意したとの発表を行いました。

その一環となるアプリ『ミートモ(Miitomo)』や、「ニンテンドーアカウント(Nintendo Account)」およびこれをベースとした会員サービス「マイニンテンドー(My Nintendo)」などの情報が徐々に公開されおり、来年春の本格始動に向けた勢いが活性化しつつあります。

そしてこのたびDeNAが、2015年度第2四半期決算説明会の主な質疑応答の要約を発表。この中で、任天堂との協業で提供していくアプリの収益モデルに関する質問に対し、「ゲーム性などがある程度見えているアプリについては、現状 Free-to-play(Free-to-start)型を想定しています」との返答を行いました。

アプリのリリーススケジュールは、第一弾となる『ミートモ』を2016年3月に開始し、2017年3月までに5タイトルほどが予定されています。『ミートモ』がFree-to-start型で提供されることは既に明かされていますが、今回の発表によりその他のアプリタイトルに関しても、同様の提供方法を行う可能性が示唆された形となりました。

また『ミートモ』に関してより具体的な詳細を求める声に対しては、「現時点で具体的にお話しできることは限られていますが」と断った上で、手触り感や動き、音などを含め、非常に任天堂らしさ溢れるアプリだと感じていると回答。自分からの発信に消極的な人も参加しやすいアプリというコンセプトが、新たな層を開拓できるのではとの期待が寄せられています。

加えて、サービス開始時期が2016年3月となるため、第4四半期の業績に影響はあるかといった質問に対し、「今年度に大きな影響を想定しているわけではありません」と答え、その中で「マイニンテンドーは、開発費用を任天堂からいただく形です」と、その内情の一部を明かしました。

世界的に有名なIPの使用も視野に入れたスマートデバイス向けゲームアプリを開発し、広い市場に向けた運営を実施。また、連携する新たな会員制サービスを提供。この大きな動きを共同で行っていく任天堂とDeNA。コンシューマー界隈の厳しさは以前から伝えられていますが、スマホアプリに関しても近年の開発費高騰などコンシューマーが辿ったのと同じ道を歩んでいる側面もあります。

こういった状況下に置かれたゲーム業界に、両社の協業がどのような影響を与えていくのか。また、如何なる革命を見せてくれるのか。スマホユーザーのみならず、多くのゲームファンが関心を寄せています。更なる動きに注目しておきましょう。

Copyright (C) DeNA Co.,Ltd. All rights reserved.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. なんと「信号機」が超リアルにカプセルトイ化…!本物の図面を参考に作られ、すべて点灯する本格仕様

    なんと「信号機」が超リアルにカプセルトイ化…!本物の図面を参考に作られ、すべて点灯する本格仕様

  2. 『ゼルダの伝説 BotW』のカプセルトイ登場! 弓を持つリンクやマスターソードなど全5種類

    『ゼルダの伝説 BotW』のカプセルトイ登場! 弓を持つリンクやマスターソードなど全5種類

  3. 【昨日のまとめ】スイッチのジョイコン認識問題に任天堂が海外声明、スイッチのゲームキューブ風カスタマイズに挑戦、『追放選挙』愛情や復讐が織りなす人間関係とは…など(3/23)

    【昨日のまとめ】スイッチのジョイコン認識問題に任天堂が海外声明、スイッチのゲームキューブ風カスタマイズに挑戦、『追放選挙』愛情や復讐が織りなす人間関係とは…など(3/23)

  4. 【日々気まぐレポ】第191回 ギャラルホルンの象徴「HG ガンダムバエル」を神々しく組み立ててみた

  5. 『乖離性ミリオンアーサー VR』がSteamに2017年春登場!―あのソーシャルゲームがVR売り切りタイトルに

  6. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  7. 「けものフレンズ」最終回に備える、一挙振り返り放送を実施─ニコニコ生放送にて3月25日に

  8. 『ニーア オートマタ』3枚組のサントラCD発売! 初回先着特典は“秘密の音源”

  9. 「このすば」2期最終回にてゲーム化が明らかに!タイトルは『この素晴らしい世界に祝福を! -この欲深いゲームに審判を!-』

  10. 『ポケモンGO』や「君の名は。」選ばれる―第20回文化庁メデイア芸術祭受賞作品発表

アクセスランキングをもっと見る