人生にゲームをプラスするメディア

スマホゲーの世界市場が250億ドルへ上昇、日本は世界2位の51.6億ドル

モバイル・スマートフォン iPhone

スマホゲーの世界市場が250億ドルへ上昇、日本は世界2位の51.6億ドル
  • スマホゲーの世界市場が250億ドルへ上昇、日本は世界2位の51.6億ドル
  • スマホゲーの世界市場が250億ドルへ上昇、日本は世界2位の51.6億ドル
  • スマホゲーの世界市場が250億ドルへ上昇、日本は世界2位の51.6億ドル
  • スマホゲーの世界市場が250億ドルへ上昇、日本は世界2位の51.6億ドル
  • スマホゲーの世界市場が250億ドルへ上昇、日本は世界2位の51.6億ドル
  • スマホゲーの世界市場が250億ドルへ上昇、日本は世界2位の51.6億ドル
  • スマホゲーの世界市場が250億ドルへ上昇、日本は世界2位の51.6億ドル
  • スマホゲーの世界市場が250億ドルへ上昇、日本は世界2位の51.6億ドル
米国の調査会社EEDARが公表したモバイルゲーム市場の統計データによると、2015年のモバイルゲーム市場規模は世界で250億ドルに増加し、プレイヤー人口は15億人にも昇ることが明らかになりました。

モバイルゲーム市場規模のトップは北米の54.1億ドル。続いて日本が51.6億ドル、中国が50.1億ドル、韓国が13.7億ドルになっています。日本のプレイヤー人口(4580万)は、中国の約8分の1、北米の3分の1にもかかわらず、市場規模で2位となっているところが興味深いと言えるでしょう。

モバイルゲーマー層の平均年齢は上位4国ともに35歳前後となり、北米だけが女性プレイヤーの比率が男性プレイヤーよりも10%ほど多いとの結果に。OS別の比較では、日本はiOSとAndroidが45%ずつで同じ利用率となっているのに対し、他の3国はAndroidが優勢のようです。遊ばれているジャンルは、北米/中国/韓国ではパズルが1位、2位がアーケードですが、日本だけはどの国も上位5位にランクインしていないRPGが2位となっています。

月にモバイルゲームに費やす金額の統計では、日本が1人平均24.06ドルと圧倒的に高く、続いて韓国の12.83ドル、北米の6.61ドル、中国の2.88ドル。週の平均プレイ時間は、中国が4.3時間とトップで、韓国が3.9時間、北米と日本は3.5時間となっています。

モバイルゲーム市場に関するこれらの面白いデータは、EEDARに登録することで無料でダウンロードできます。

記事提供元: Game*Spark
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『モンスターギア バーサス』×「ピコ太郎」コラボイベント開催!

    『モンスターギア バーサス』×「ピコ太郎」コラボイベント開催!

  2. 『青鬼2』新シナリオ「たけし編」の配信スタート! 1ヶ月で200万DL超えを記録

    『青鬼2』新シナリオ「たけし編」の配信スタート! 1ヶ月で200万DL超えを記録

  3. 『ぷよぷよ!!クエスト』と『ソニック』シリーズがコラボ! 限定キャラが手に入る“リング収集祭り”を開催

    『ぷよぷよ!!クエスト』と『ソニック』シリーズがコラボ! 限定キャラが手に入る“リング収集祭り”を開催

  4. 『ゴッドイーターオンライン』事前登録スタート! 登録数でアイテムがもらえるキャンペーンも

  5. 『オルタンシア・サーガ』に独自のポーカーが登場!イベント「予言のスイと大丈夫じゃないジゼル」スタート

  6. 『ウチの姫さまがいちばんカワイイ』がTVアニメ「このすば2」とコラボ実施!前回開催時のイベントキャラも再登場が決定

  7. 『ポケモンGO』アップデート実施―GPSの計測精度が向上!

  8. 「ポケモン GO Plus」全国のテレビゲーム取扱店などでも販売開始

  9. スマホ版『ファイアーエムブレム』は多彩な英雄が集う完全新作! iOS/Androidともに2月2日配信

  10. Yahoo!で“狂怖”と検索すると...?『バイオハザード7』“狂怖の館”アプリ登場

アクセスランキングをもっと見る