人生にゲームをプラスするメディア

オンラインゲームでは避けられない?「誹謗中傷」体験談 ― MOBAやFPS、更にはTRPGも

その他 全般

オンラインゲームでは避けられない?「誹謗中傷」体験談 ― MOBAやFPS、更にはTRPGも
  • オンラインゲームでは避けられない?「誹謗中傷」体験談 ― MOBAやFPS、更にはTRPGも
今回の「海外ゲーマーの声」では、特に対戦型オンラインゲームでありがちな「ユーザー同士の言い争い」や「誹謗中傷」にフォーカス。「Which community is in your opinion the most "toxic" ? Post stories and share(あなたにとってもっとも“有害”なコミュニティーってどれ?)」では、格闘ゲームのような1v1の対戦ゲームからチームプレイが鍵となるMOBAやFPS、更にはテーブルトークRPG『ダンジョンズ&ドラゴンズ』での報告例も。ビデオゲームの源流にまで遡る、ゲーマーコミュニティーに見られる様々な事例が報告されていました。


このスレッド投稿者は、海外で10月より開催されていた『League of Legends』2015年度世界大会をきっかけに同作品のプレイを始めたとのこと。しかしながら即刻アンインストールに至ったらしく、同作は「悪夢のような遊び場」だったとも語っています。これを受けてレスポンスを投稿するユーザー達も、や『Dota 2』『SMITE』、そして『Counter-Strike: Global Offensive』と言った作品を例に挙げながら「だいたい『LoL』と同じくらい、猛烈にひどい」とコメントしていました。


『LoL』『Dota 2』、その他のMOBAにおいては、「プレイ中、レーンに居続けなかっただけで激怒された」と語るユーザーも。プレイしたてでゲームの流れを理解していなかったらしく、「なぜそんなに執着するのか分からない。みんなもっと助けてくれると思っていた」と伝えていました。更に彼が言うところによれば、「何人かの奴らは私のことを運営に報告した」とのこと。チームワークが重要となり、ゲームプレイに親しむまでは覚えることが多い作品では、こういった事例も見られるのかもしれません。


比較的変わり種なタイトルとしては、クルマサッカーゲーム『Rocket League』も報告されていました。しかしながら、この投稿においては同作の痛快なゲーム性からか「悪口で嫌な気持ちになるよりも、よっぽどゲーム楽しいプレイを体験できた」と意外にもドライな反応が見られています。転じて、「最もフレンドリーなゲーム」としては『Journey(風ノ旅ビト)』『Demon's Souls(デモンズソウル)』『Dark Souls(ダークソウル)』『Bloodborne』などが挙げられていました。とあるユーザーは「これらのユーザー達はとても親切で好感が持てるし、いつもお互いにとって素晴らしい関係になれる」と語りつつ、「もし君が侵略されたとしても、彼らは君にお辞儀をしてくれるよ」と、その印象的なプレイングマナーを説明しています。

主にPC/CS機のゲームが話題となっていたこのフォーラムスレッドですが、「TRPG『ダンジョンズアンドドラゴンズ』のコミュニティーは今まで出会った中でもひどかった」と振り返るユーザーも登場。「1970年代にまで遡るたくさんの悪しき助言や伝統は、もはや宗教的な“教え”となっている」と、当時の思い出を語ります。Co-op対応作品や競技的なオンラインタイトルが盛り上がりつつある昨今ですが、ボード/カードゲームやスポーツで楽しむ「人間との遊び」は、オンラインゲームコミュニティーにポジティブな影響を与えるひとつの参考例になるかもしれません。

記事提供元: Game*Spark
《Game*Spark》

その他 アクセスランキング

  1. なんと「信号機」が超リアルにカプセルトイ化…!本物の図面を参考に作られ、すべて点灯する本格仕様

    なんと「信号機」が超リアルにカプセルトイ化…!本物の図面を参考に作られ、すべて点灯する本格仕様

  2. 『ゼルダの伝説 BotW』のカプセルトイ登場! 弓を持つリンクやマスターソードなど全5種類

    『ゼルダの伝説 BotW』のカプセルトイ登場! 弓を持つリンクやマスターソードなど全5種類

  3. 【昨日のまとめ】スイッチのジョイコン認識問題に任天堂が海外声明、スイッチのゲームキューブ風カスタマイズに挑戦、『追放選挙』愛情や復讐が織りなす人間関係とは…など(3/23)

    【昨日のまとめ】スイッチのジョイコン認識問題に任天堂が海外声明、スイッチのゲームキューブ風カスタマイズに挑戦、『追放選挙』愛情や復讐が織りなす人間関係とは…など(3/23)

  4. 『乖離性ミリオンアーサー VR』がSteamに2017年春登場!―あのソーシャルゲームがVR売り切りタイトルに

  5. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  6. 「けものフレンズ」最終回に備える、一挙振り返り放送を実施─ニコニコ生放送にて3月25日に

  7. 『ニーア オートマタ』3枚組のサントラCD発売! 初回先着特典は“秘密の音源”

  8. 「このすば」2期最終回にてゲーム化が明らかに!タイトルは『この素晴らしい世界に祝福を! -この欲深いゲームに審判を!-』

  9. FC『パックマン』カセットにそっくりなモバイル充電器が登場、パッケージ・価格も本格再現!

  10. 『ポケモンGO』や「君の名は。」選ばれる―第20回文化庁メデイア芸術祭受賞作品発表

アクセスランキングをもっと見る