人生にゲームをプラスするメディア

「まどマギ」などのゲームを開発していたネクストリーの破産開始が決定

ゲームビジネス 開発

東京商工リサーチより
  • 東京商工リサーチより
東京商工リサーチより、スマートフォン向けソーシャルゲームの企画・開発・運営を行ってきたネクストリーの破産開始決定が報じられています。

ネクストリーは、「青の祓魔師」「魔法少女まどか☆マギカ」「ビビッドレッド・オペレーション」といったアニメ・マンガの版権を用いたソーシャルゲームの開発を行っていた会社です。近年はヒット作に恵まれず、開発費の負担から資金繰りが悪化。2015年9月に預金が差し押さえられ立ち行かなくなり、事業継続を断念したとのこと。

なお、負債はネクストリーが債権者67名に対して3億5451万円で、関連2社との合計が8億8399万円となっています。
《すしし》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

    【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

  2. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

    【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  3. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

    VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  4. 【CEDEC 2012】ソーシャルゲームを牽引するgloopsが取り組むデータマイニングによる改善とは

  5. 日本のデジタルマーケティングカンパニーアイモバイル社が見据える海外戦略とは?-海外事業部担当者インタビュー

  6. 横スクACT『INSIDE』のサウンドは“人間の頭蓋骨”を通して録音されていた!

  7. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  8. 【CEDEC 2016】『シャドウバース』にも応用されたCygamesの次世代技術研究とは

  9. 【闘会議2015】前代未聞の筋トレ用アニメ「いっしょにとれーにんぐ」がゲーム化か?制作会社が開発者を募集

  10. ビル破壊+人質解放アクションゲーム『モンケン』クラウドファンディングで出資者を募集

アクセスランキングをもっと見る