人生にゲームをプラスするメディア

『ストリートファイターV』ミカの必殺技演出が変更か、表現規制を疑う嘆きの声続出

ソニー PS4

『ストリートファイターV』ミカの必殺技演出が変更か、表現規制を疑う嘆きの声続出
  • 『ストリートファイターV』ミカの必殺技演出が変更か、表現規制を疑う嘆きの声続出
  • 『ストリートファイターV』ミカの必殺技演出が変更か、表現規制を疑う嘆きの声続出
  • 『ストリートファイターV』ミカの必殺技演出が変更か、表現規制を疑う嘆きの声続出
  • 『ストリートファイターV』ミカの必殺技演出が変更か、表現規制を疑う嘆きの声続出
海外メディアIGNによる『ストリートファイターV』プレイ映像を視聴したユーザーより、「レインボー・ミカ」必殺技演出の表現変更が報告されています。スポットが当てられているのは、彼女の挑発的なモーションで幕を開けるクリティカルアーツ“バッドリーピーチ”。上記「Street Fighter 5 - R. Mika vs Nash Full Match (1080p/60fps)」映像内1分半から始動するこの必殺技ですが、今年8月公開の「レインボー・ミカ」スペシャルトレイラーとのカメラアングルや構図の差異が確認できます。


これについて海外フォーラムユーザーからは、「最新ビルドの『SFV』ではレインボー・ミカのクリティカルアーツの表現が規制されている」と多くの反響が届けられています。



豪快かつセクシーな“バッドリーピーチ”の演出に期待していたユーザー達は、「予約をキャンセルした」「なんて屈辱(A slap in the face)だ!」「予約を取り止めたりはしないけどミカは絶対にプレイしない」といったような失意のコメントを次々と投稿。「もういっそ女性キャラクターすべてを削除したらいいのでは。もしリュウがミカをパンチしたら、女性への暴力行為を助長することになるんだから」と、極端な皮肉も飛び出していました。しかしながら、このカメラアングルの差異はあくまでIGNのプレイ映像から明らかになったもの。現段階で公式発表は行われておらず、北米向け/日本を含む全世界向けにこのビルドがリリースされるのかも、明確にはアナウンスされていません。


また、あわせて「キャミィ」のカメラ演出調整も報告されており、こちらにもネガティブな反応が寄せられていました。「どう規制されているのか分からない。ガッカリするようなことなの?」と言った投稿も見られていましたが、スレッド全体を占めるのはこれらの演出変更を強く嘆くムード。先日には海外版『零 ~濡鴉ノ巫女~』水着コスチューム削除でも話題となっていた「表現規制」。ユーザー達が「検閲」に対してナイーブになるのも、期待作が控える昨今ではある種当然のことなのかもしれません。

記事提供元: Game*Spark
《Game*Spark》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 4 件

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 【PS Vita DL販売ランキング】『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン』首位、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』3位ランクイン(3/24)

    【PS Vita DL販売ランキング】『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン』首位、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』3位ランクイン(3/24)

  2. PS Vitaでも遊べる『Fate/EXTRA』シリーズ2作品がセール中!両方買っても3000円

    PS Vitaでも遊べる『Fate/EXTRA』シリーズ2作品がセール中!両方買っても3000円

  3. 『ZERO ESCAPE』打越鋼太郎と『ダンガンロンパ』小高和剛がスペシャル対談!

    『ZERO ESCAPE』打越鋼太郎と『ダンガンロンパ』小高和剛がスペシャル対談!

  4. カプコン公式「ミス春麗決定戦」で「ザンギエフ」が優勝、その結果と再現度に会場困惑

  5. 【特集】『FFXIV』で行われた親孝行「光のお父さん計画」達成記念!親子2人を突撃インタビュー

  6. 【インタビュー】『バレットガールズ2』どう見てもアヘってる“拘りの表情”に迫る…ボツネタも独占公開

  7. 『DARK SOULS III』DLC第2弾トレイラー完全版&スクリーンショット公開!

  8. 『仁王』新たな「称号」や「製法書」が手に入る追加ミッション登場! 本日より無料アップデートを配信

  9. ライトニングは実在した?あまりにも本気すぎる『FFXIII』コスプレが凄い

  10. 『デジモンストーリー』最新作となる『ハッカーズメモリー』発表! PS4/PS Vitaで2017年発売─前作『サイバースルゥース』も収録

アクセスランキングをもっと見る