人生にゲームをプラスするメディア

ハロウィンの“ゾンビ”イベント、批判続出で中止へ…ゲーム的な要素やフラッシュモブが原因か

その他 全般

※イメージ画像(C)Getty Images
  • ※イメージ画像(C)Getty Images
  • 「ZONBIE PANIC!!」公式サイトより
 31日に東京の原宿駅~渋谷駅エリアで行われる予定だったハロウィン・フラッシュモブイベント「ZONBIE PANIC!!」(原文ママ)の中止が公式サイトで発表された。同イベントには、「参加者以外もトラブルに巻き込まれる可能性がある」など多数の批判が寄せられていた。

 「ZONBIE PANIC!!」は劇団が主宰するホラーイベントで、ハロウィンで盛り上がる街をゾンビが集団で襲う……というのがコンセプトだった。イベントの詳細については明かされていない部分も多かったが、ゾンビの仮装をした参加者によるフラッシュモブ(街中で突然パフォーマンスを行うこと)イベントで、公式サイトに「※ゾンビは対ゾンビ用ライフルに当たるとすぐ倒れちゃうらしいです!」と記載されていることから多少ゲーム的な要素もあったのかもしれない。参加条件には「人を驚かしてみたい!笑わせたい!」「路上で目立ってみたい!」などが挙げられていた。

 しかしネット上では、渋谷というただでさえ人であふれかえった場所で行われること、またイベントの趣旨を理解していない人々を巻き込んでいたずらに驚かせるようなイベント内容への批判が噴出。「何も知らないで街に来てる通行人まで巻き込むのはやめて欲しい 望んでない人には迷惑でしかないよね」「血糊とかが服についたらどうする気なの?パニックになって車とかに人がぶつかったらどうするの?」「妊婦さんとか体調不良の人がいるんだから、公共の場でアホな事するな」といった意見が出ていた。

 そういった批判を受けてか、同イベントの公式サイトは30日までに中止を発表した。

ゾンビの仮装でフラッシュモブ……批判続出のハロウィンイベントが中止

《原田@RBB TODAY》

その他 アクセスランキング

  1. 初代「ベイブレード」12年の時を経て復活! 「ベイブレードバースト」シリーズにてリバイバル

    初代「ベイブレード」12年の時を経て復活! 「ベイブレードバースト」シリーズにてリバイバル

  2. ゲーム禁止とOKな子、成績に差なし…友達の数には意外な傾向

    ゲーム禁止とOKな子、成績に差なし…友達の数には意外な傾向

  3. 【フィグライフ!】第33回:『ポケモンGO』のせいで眠い眼をこすりながらワンフェスGO!零戦ダンボー限定モデルを無事ゲット

    【フィグライフ!】第33回:『ポケモンGO』のせいで眠い眼をこすりながらワンフェスGO!零戦ダンボー限定モデルを無事ゲット

  4. 「BLAME!」ティザーPV公開!ハードSF世界を3DCGで描き出す

  5. 「ハイスコアガール」連載再開&約3年ぶりの新刊発売!リニューアル版では登場作品が変更に

  6. TVアニメ「学園ハンサム」のキャスト発表! ゲーム版声優陣は「副音声」で登場

  7. 原作に忠実なOVA版「ヘルシング」8月9日よりAbemaTVにて全話配信決定!

  8. 「のんのんびより」宮内れんげの等身大フィギュア登場! お値段798,000円、近日予約開始

  9. 【レポート】『ポケモンGO』で広島の平和記念公園に行ってきた

  10. 素材サイト「いらすとや」がVRイラストを公開…プレイ姿を見守る母親の姿も

アクセスランキングをもっと見る

page top