人生にゲームをプラスするメディア

絵師向けフィギュア「S.H.Figuarts ボディくん」2016年4月発売 ― 30か所以上が可動し、重要な“可動制限”あり

その他 玩具

絵師向けフィギュア「S.H.Figuarts ボディくん」2016年4月発売 ― 30か所以上が可動し、重要な“可動制限”あり
  • 絵師向けフィギュア「S.H.Figuarts ボディくん」2016年4月発売 ― 30か所以上が可動し、重要な“可動制限”あり
  • 絵師向けフィギュア「S.H.Figuarts ボディくん」2016年4月発売 ― 30か所以上が可動し、重要な“可動制限”あり
  • 絵師向けフィギュア「S.H.Figuarts ボディくん」2016年4月発売 ― 30か所以上が可動し、重要な“可動制限”あり
  • 絵師向けフィギュア「S.H.Figuarts ボディくん」2016年4月発売 ― 30か所以上が可動し、重要な“可動制限”あり
  • 絵師向けフィギュア「S.H.Figuarts ボディくん」2016年4月発売 ― 30か所以上が可動し、重要な“可動制限”あり
  • 絵師向けフィギュア「S.H.Figuarts ボディくん」2016年4月発売 ― 30か所以上が可動し、重要な“可動制限”あり
  • 絵師向けフィギュア「S.H.Figuarts ボディくん」2016年4月発売 ― 30か所以上が可動し、重要な“可動制限”あり
  • 絵師向けフィギュア「S.H.Figuarts ボディくん」2016年4月発売 ― 30か所以上が可動し、重要な“可動制限”あり
バンダイ コレクターズ事業部は、フィギュア「S.H.Figuarts ボディくん」シリーズを2016年4月に発売します。

「S.H.Figuarts ボディくん」シリーズは、イラストレーター・絵師向けのモデル用フィギュアです。「S.H.Figuarts」ブランドの技術を活かし、イラスト制作用モデルとして最適な造形・可動を追求した商品となっています。


このフィギュアは、手足・腰をはじめ全身の30か所以上が可動するため、思い描く理想のポーズをつけることが可能。また、イラスト作成用モデルとして重要な“可動制限”がかかっており、フィギュアのポーズをつけることが苦手なユーザーでも自然なポーズをつけられる仕掛けになっています。

またこの商品にあわせ、「S.H.Figuarts ボディくん」シリーズの写真を用いトレースして速くイラストを描くという新たな画法も提案されており、「ボディくん」に星野リリィ氏が、「ボディちゃん」にはbob氏がこの画法で描きおろしたイラストおよびメイキング入りのミニブックが付属します。


なお、このシリーズはパールオレンジの通常版のほか、PC・模造刀・モデルガンなど7種の小道具が付属する「ボディくん DX SET(Gray Color Ver.)」「ボディちゃん DX SET(Gray Color Ver.)」も同時発売されます。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

フィギュア「S.H.Figuarts ボディくん」シリーズは2016年4月に発売予定。価格は以下のようになります。

・S.H.Figuarts ボディくん(Pale orange Color Ver.):4,320円(税込)
・S.H.Figuarts ボディちゃん(Pale orange Color Ver.):4,320円(税込)
・S.H.Figuarts ボディくん DX SET(Gray Color Ver.):6,480円(税込)
・S.H.Figuarts ボディちゃん DX SET(Gray Color Ver.):6,480円(税込)

■商品概要
●S.H.Figuarts ボディくん(Pale orange Color Ver.)

・2016年4月発売予定/4,320円(税8%込)/全高約150mm
・セット内容:本体、交換用手首左右4種、ミニブック

●S.H.Figuarts ボディちゃん(Pale orange Color Ver.)

・2016年4月発売予定/4,320円(税8%込)/全高約135mm
・セット内容:本体、交換用手首左右4種、ミニブック

●S.H.Figuarts ボディくん DX SET(Gray Color Ver.)

・2016年4月発売予定/6,480円(税8%込)/全高約150mm
・セット内容:本体、交換用左手首7種、交換用右手首10種、ミニブック、PC、タブレット、モデルガン、模造刀、ペン、スマートフォン、携帯電話、専用台座一式

●S.H.Figuarts ボディちゃん DX SET(Gray Color Ver.)

・2016年4月発売予定/6,480円(税8%込)/全高約135mm
・セット内容:本体、交換用左手首7種、交換用右手首10種、ミニブック、PC、タブレット、モデルガン、模造刀、ペン、スマートフォン、携帯電話、専用台座一式

(C)BANDAI
《すしし》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】ニンテンドースイッチの予約開始時刻などをチェック、オンラインリージョン仕様が一部判明、PS Vita『死印』不気味なパッケージデザインが話題…など(1/21)

    【昨日のまとめ】ニンテンドースイッチの予約開始時刻などをチェック、オンラインリージョン仕様が一部判明、PS Vita『死印』不気味なパッケージデザインが話題…など(1/21)

  2. PS Vita向け新作『死印』不気味なパッケージデザインが話題―ウェディングドレス姿の怪物の正体…?

    PS Vita向け新作『死印』不気味なパッケージデザインが話題―ウェディングドレス姿の怪物の正体…?

  3. 【姫子さんのゲーム本能寺!】第50話:神ゲー糞ゲー裁判。そのゲームは神か糞か?

    【姫子さんのゲーム本能寺!】第50話:神ゲー糞ゲー裁判。そのゲームは神か糞か?

  4. ニンテンドースイッチ本体、海外での初回予約は続々終了

  5. 中世の職業を“ゲームユニット”風に解説する「十三世紀のハローワーク」発売…松野泰己が「これ、パクってイイ?」と絶賛

  6. 【昨日のまとめ】話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止、プレイヤーの性格を武器にする『Last Standard』、ニンテンドースイッチ・海外での初回予約は続々終了…など(1/19)

  7. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  8. 狂気ホラー『Year Of The Ladybug』中止声明全文―「素晴らしい旅だった」

  9. SFC向け新作格ゲー『ザ・ダークネス・ハンター』対戦の様子を収録したゲーム映像が公開

  10. 【特集】マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡、エヴァと杉田智和との出会いが人生を変えた

アクセスランキングをもっと見る