人生にゲームをプラスするメディア

絵師向けフィギュア「S.H.Figuarts ボディくん」2016年4月発売 ― 30か所以上が可動し、重要な“可動制限”あり

その他 玩具

絵師向けフィギュア「S.H.Figuarts ボディくん」2016年4月発売 ― 30か所以上が可動し、重要な“可動制限”あり
  • 絵師向けフィギュア「S.H.Figuarts ボディくん」2016年4月発売 ― 30か所以上が可動し、重要な“可動制限”あり
  • 絵師向けフィギュア「S.H.Figuarts ボディくん」2016年4月発売 ― 30か所以上が可動し、重要な“可動制限”あり
  • 絵師向けフィギュア「S.H.Figuarts ボディくん」2016年4月発売 ― 30か所以上が可動し、重要な“可動制限”あり
  • 絵師向けフィギュア「S.H.Figuarts ボディくん」2016年4月発売 ― 30か所以上が可動し、重要な“可動制限”あり
  • 絵師向けフィギュア「S.H.Figuarts ボディくん」2016年4月発売 ― 30か所以上が可動し、重要な“可動制限”あり
  • 絵師向けフィギュア「S.H.Figuarts ボディくん」2016年4月発売 ― 30か所以上が可動し、重要な“可動制限”あり
  • 絵師向けフィギュア「S.H.Figuarts ボディくん」2016年4月発売 ― 30か所以上が可動し、重要な“可動制限”あり
  • 絵師向けフィギュア「S.H.Figuarts ボディくん」2016年4月発売 ― 30か所以上が可動し、重要な“可動制限”あり
バンダイ コレクターズ事業部は、フィギュア「S.H.Figuarts ボディくん」シリーズを2016年4月に発売します。

「S.H.Figuarts ボディくん」シリーズは、イラストレーター・絵師向けのモデル用フィギュアです。「S.H.Figuarts」ブランドの技術を活かし、イラスト制作用モデルとして最適な造形・可動を追求した商品となっています。


このフィギュアは、手足・腰をはじめ全身の30か所以上が可動するため、思い描く理想のポーズをつけることが可能。また、イラスト作成用モデルとして重要な“可動制限”がかかっており、フィギュアのポーズをつけることが苦手なユーザーでも自然なポーズをつけられる仕掛けになっています。

またこの商品にあわせ、「S.H.Figuarts ボディくん」シリーズの写真を用いトレースして速くイラストを描くという新たな画法も提案されており、「ボディくん」に星野リリィ氏が、「ボディちゃん」にはbob氏がこの画法で描きおろしたイラストおよびメイキング入りのミニブックが付属します。


なお、このシリーズはパールオレンジの通常版のほか、PC・模造刀・モデルガンなど7種の小道具が付属する「ボディくん DX SET(Gray Color Ver.)」「ボディちゃん DX SET(Gray Color Ver.)」も同時発売されます。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

フィギュア「S.H.Figuarts ボディくん」シリーズは2016年4月に発売予定。価格は以下のようになります。

・S.H.Figuarts ボディくん(Pale orange Color Ver.):4,320円(税込)
・S.H.Figuarts ボディちゃん(Pale orange Color Ver.):4,320円(税込)
・S.H.Figuarts ボディくん DX SET(Gray Color Ver.):6,480円(税込)
・S.H.Figuarts ボディちゃん DX SET(Gray Color Ver.):6,480円(税込)

■商品概要
●S.H.Figuarts ボディくん(Pale orange Color Ver.)

・2016年4月発売予定/4,320円(税8%込)/全高約150mm
・セット内容:本体、交換用手首左右4種、ミニブック

●S.H.Figuarts ボディちゃん(Pale orange Color Ver.)

・2016年4月発売予定/4,320円(税8%込)/全高約135mm
・セット内容:本体、交換用手首左右4種、ミニブック

●S.H.Figuarts ボディくん DX SET(Gray Color Ver.)

・2016年4月発売予定/6,480円(税8%込)/全高約150mm
・セット内容:本体、交換用左手首7種、交換用右手首10種、ミニブック、PC、タブレット、モデルガン、模造刀、ペン、スマートフォン、携帯電話、専用台座一式

●S.H.Figuarts ボディちゃん DX SET(Gray Color Ver.)

・2016年4月発売予定/6,480円(税8%込)/全高約135mm
・セット内容:本体、交換用左手首7種、交換用右手首10種、ミニブック、PC、タブレット、モデルガン、模造刀、ペン、スマートフォン、携帯電話、専用台座一式

(C)BANDAI
《すしし》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. クトゥルフ神話系TRPGが遊べる商業店舗「DARKGAME」オープン、人狼型ゲームやLARPも開催

    クトゥルフ神話系TRPGが遊べる商業店舗「DARKGAME」オープン、人狼型ゲームやLARPも開催

  2. 2016年にTwitterで最もつぶやかれたゲームは…?『ポケモン』『FFXV』『モンスト』などがランクイン

    2016年にTwitterで最もつぶやかれたゲームは…?『ポケモン』『FFXV』『モンスト』などがランクイン

  3. 「劇場版 SAO -オーディナル・スケール-」神田沙也加や井上芳雄、鹿賀丈史の出演決定! 想い溢れるコメントもお届け

    「劇場版 SAO -オーディナル・スケール-」神田沙也加や井上芳雄、鹿賀丈史の出演決定! 想い溢れるコメントもお届け

  4. 『ソウルキャリバー』生誕20周年記念映像!シリーズの歴史を振り返る

  5. 『Fate/EXTELLA』ネロ・玉藻の前・アルテラがウォークマンやヘッドホンに! オリジナルパッケージでお届け

  6. 【週刊インサイド】新エンディング追加の『青鬼 2016』に関心高まる…『艦これ』フィギュアや、ドラマ「逃げ恥」と『PSO2』の意外な接点にも注目

  7. 【昨日のまとめ】『シャドウバース』第3弾カードパックの特設サイト公開、「PSVR」12月17日より追加販売が実施、『FFXV』×「カップヌードル」の“コラCM”…など(12/5)

  8. ドラマ「逃げ恥」みくりは『PSO2』の高LVプレイヤーだった! ただし妄想の中で…

  9. 【オトナの乙女ゲーム道】第1回 乙女ゲームの歴史を振り返る ― ネオロマからオトメイト、ハードの変化まで

  10. 究極の体験型ゲーム「LARP」とは…現実世界を舞台としたライブ形式のRPG

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top