人生にゲームをプラスするメディア

【レポート】VRコンテンツ開発の鍵は「VR酔いの解消」 ― UE4との動向を語るUF2015

ゲームビジネス 開発

【レポート】VRコンテンツ開発の鍵は「VR酔いの解消」 ― UE4との動向を語るUF2015
  • 【レポート】VRコンテンツ開発の鍵は「VR酔いの解消」 ― UE4との動向を語るUF2015
  • 【レポート】VRコンテンツ開発の鍵は「VR酔いの解消」 ― UE4との動向を語るUF2015
  • 【レポート】VRコンテンツ開発の鍵は「VR酔いの解消」 ― UE4との動向を語るUF2015
  • 【レポート】VRコンテンツ開発の鍵は「VR酔いの解消」 ― UE4との動向を語るUF2015
  • 【レポート】VRコンテンツ開発の鍵は「VR酔いの解消」 ― UE4との動向を語るUF2015
  • 【レポート】VRコンテンツ開発の鍵は「VR酔いの解消」 ― UE4との動向を語るUF2015
  • 【レポート】VRコンテンツ開発の鍵は「VR酔いの解消」 ― UE4との動向を語るUF2015
  • 【レポート】VRコンテンツ開発の鍵は「VR酔いの解消」 ― UE4との動向を語るUF2015

神奈川県の横浜で開催されたエピック・ゲームズジャパン主催のUnreal Engine勉強会イベント「UNREAL FEST 2015 YOKOHAMA」。本イベントで実施された、Oculusによる「~未来はここに~ Oculusによる最新VR動向とUE4 VR事例」セッションのレポートをお届けします。

この講演は、Oculusパートナーエンジニアリングスペシャリスト“GOROman”こと近藤義仁氏が登壇すると共に開始しました。


■Oculus Rift最新情報を改めて紹介、注目すべき機能とは?

初めに同氏は、90年代後半からプログラマーとして活躍した略歴を紹介。2013年4月にOculus Rift DK1を初めて手に取った時の興奮が冷めやらず、2014年に米国と日本を何度も往復しOculusのチームとコンタクトする内に同社の日本チームを立ち上げることになったとのことです。その紹介の後、Oculus Riftの開発者会議“Oculus Connect 2”で発表された本デバイスの情報を改めて紹介しました。




製品版のOculus Riftは、90Hzでの動作や1080 x 1200の有機EL2枚のディスプレイを搭載することで、快適かつ低負担を実現。本体の左右にはヘッドフォン/マイクを追加、USB接続時にA/DとD/Aに変換します。IPD(瞳孔間距離)調整ではディスプレイの位置を物理的に調節可能です。




続いて、サムスンのGalaxyスマートフォンを利用してVR体験ができる同社開発のアダプター「Gear VR」を紹介。このアダプターにて稼働中の「Oculus Platform」は、Home UIやStore、アプリ内課金、フレンドリスト、実績などに対応した、デベロッパーとプラットフォーム、そしてユーザーと繋がるコンテンツです。スライドはイメージのもので、このアプリで全てのサービスを受けることが出来るように開発されています。Oculus Rift向けには近日開始予定です。

そしてVR空間に干渉するデバイスであるVRコントローラーこと「Oculus Touch」のモックアップを披露。フィードバック機能を備えており、銃を射撃した時の反動やピンポン球を板で受けた衝撃を表現出来ます。さらに、6DOFのポジショントラッキングを認識し、2つのアナログスティックと4つのボタン、ハンドトリガーで構成されていることを述べ、コンセプト映像を上映しました。




会場で上映された「Toybox」映像

この映像上映後に同氏は、動画にしてもいまいち理解しづらい事、VR体験を伝える難点として「プレイしないとわからない」ことを述べると共に、先の映像において現実で何が起きているのかを説明する動画を上映しました。


現実で起きていることを説明する「Toybox」映像

続いて、VRコントローラーを使うことで両手でVR空間にモデルを作成出来るモデリングツール「Medium」を紹介。現実のろくろや粘土模型を作るように、空間上でモデル作成を映した動画を披露しました。VRコントローラーが加わることによる遊びの幅の拡大を紹介した後、次のチャプターへ移行しました。



次ページ:VR酔いの原因と、開発時に注意する点を解説

《Game*Spark》

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

    インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

  2. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  3. 【CEDEC 2014】ねぶたのリズムで殴り合う『アオモリズム』を生んだゲームアイデア発想法

    【CEDEC 2014】ねぶたのリズムで殴り合う『アオモリズム』を生んだゲームアイデア発想法

  4. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  5. 【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

  6. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  7. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  8. ゲームで楽しむ大統領選挙、重力波とエンタメの関係?【オールゲームニッポン 第30回】

  9. 【インタビュー】インティ・クリエイツ社長が語るクラウドファンディング開発…『Bloodstained』の今後も

  10. 【GDC 2009】サンフランシスコのゲームショップ巡り

アクセスランキングをもっと見る