人生にゲームをプラスするメディア

死んだらプレイ不可になる“超ハードコア”サバイバルゲーム『One Life』登場

ソーシャル・オンラインゲーム PCゲーム

死んだらプレイ不可になる“超ハードコア”サバイバルゲーム『One Life』登場
  • 死んだらプレイ不可になる“超ハードコア”サバイバルゲーム『One Life』登場
  • 死んだらプレイ不可になる“超ハードコア”サバイバルゲーム『One Life』登場
インディーデベロッパーKefir!が開発するサバイバルタイトル『One Life』が、Steam Greenlightに登場。超ハードコアなゲームシステムに注目が寄せられています。

『H1Z1』や『Rust』などブームとなって久しいサバイバルジャンル。そんな中でSteam Greenlightに登場した『One Life』は真の意味での「パーマネントデス(永久の死)」を特徴としており、ゲームでキャラクターが死ぬと削除されるどころか、ゲームが起動できなくなるシステムが組み込まれています。


クラシックなサバイバルゲームシステムを踏襲しており、移動式基地となるアップグレード可能なバトルトラック、クラフトシステムなども搭載。敵を倒した際、プレイヤーを捕らえたり、屈辱的な行動を取らせたりといったことも可能で、かなり過激なプレイスタイルも取れそうです。


ゲームでの死はSteamアカウントに結び付けられており、前述した通りゲームを起動できなくなります。Steamのシステム上ゲームを再購入することも出来ないので、そのアカウントでは『One Life』がプレイ不能になるとのことです。


ユニークなパーマネントデスシステムですが、チート対策問題や、2時間以内に死亡して起動できなくなった場合、Steamの返金システムが利用でき、それを悪用した荒らし行為が氾濫するのではないかといった懸念が上がっている様子。Steam Greenlightを通過することが出来るのか、そしてパーマネントデスシステムが正常に機能するのか、今後の動向に注目が寄せられそうです。

記事提供元: Game*Spark
《Game*Spark》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 5 件

編集部おすすめの記事

ソーシャル・オンラインゲーム アクセスランキング

  1. 伊藤潤二×クトゥルフ!?ポーランド産ホラー『恐怖の世界』αプロトタイプが配信

    伊藤潤二×クトゥルフ!?ポーランド産ホラー『恐怖の世界』αプロトタイプが配信

  2. 74歳のゲーマーおじいちゃんに新しいゲームを!17年プレイしたMMORPGのサービス終了を受けて

    74歳のゲーマーおじいちゃんに新しいゲームを!17年プレイしたMMORPGのサービス終了を受けて

  3. 【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

    【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

  4. 『刀剣乱舞』新刀剣男士「千子村正」の登場が1月末に前倒し! 2周年トークショーで急遽決定

  5. 『フィリスのアトリエ』が海外向けに発表、Steamのロゴも記載

  6. 『サドンアタック2』の技術的な革新とは?開発スタッフによる解説動画が公開

  7. 人気農業シミュ『Stardew Valley』日本語含むローカライズ版が配信延期

  8. 『ペーパーマン』サービス終了に伴いメモリアルサイトが公開…思い出よ永遠に

アクセスランキングをもっと見る