人生にゲームをプラスするメディア

『DOA Xtreme 3』“やわらかエンジン2.0”の特徴が公開!進化した日焼け跡、肉感あるお尻・太もも、自然に動く胸など

ソニー PS4

『DOA Xtreme 3』“やわらかエンジン2.0”の特徴が公開!進化した日焼け跡、肉感あるお尻・太もも、自然に動く胸など
  • 『DOA Xtreme 3』“やわらかエンジン2.0”の特徴が公開!進化した日焼け跡、肉感あるお尻・太もも、自然に動く胸など
コーエーテクモゲームスは、PS4ソフト『DEAD OR ALIVE Xtreme 3 Fortune』およびPS Vitaソフト『DEAD OR ALIVE Xtreme 3 Venus』に搭載される“やわらかエンジン2.0”のポイントを公開しました。

『DOA』シリーズに登場する女性キャラクター勢が、南国でのひとときを楽しむ『Xtreme』シリーズ。その最新作となる『Xtreme 3』では、本シリーズ初登場となるマリーやほのかなどを含め、9名の美女がバカンスを楽しみます。



格闘シリーズの最新作である『DOA5 Last Round』の特徴は実に多彩ですが、その中でもユーザーを驚かせた進化のひとつに、“やわらかエンジン”の搭載があります。このエンジンは、「女の子をより可愛く見せる」という目的から始まり、リアルな人肌表現や胸などの弾力、質感を表現すべく生み出されたされたものです。その実力はすでに『DOA5 Last Round』で発揮されており、目の当たりにしたユーザーも多いことと思います。


そんな“やわらかエンジン”は『Xtreme 3』にも搭載されており、しかも“2.0”へと進化しています。それだけにユーザーが寄せる期待も自然と高くなっていますが、この新たな“やわらかエンジン2.0”の本質を垣間見せるポイントがこのたび明らかとなりました。

■ポイント1:肌のやわらかさ
新たなシェーディングにより、肌の表現力が向上。より美しく、透き通るような「やわらか肌」を堪能せよ。

■ポイント2:胸
物理演算による処理で、より自然に、より大きく動くようになった胸は今にもこぼれ落ちんばかり。

■ポイント3:お尻と太もも
肉感たっぷりのお尻も「やわらか」に進化! 太ももと一緒にプルンと揺れるお尻を堪能するには、どんけつゲームがオススメ!?

■ポイント4:日焼け
『XTREME』シリーズお馴染み、水着とビーチが生み出す「日焼け跡」システムがさらに美しく進化! 常夏の島での 女の子たちの健康的な肌に注目だ。


ゲームとしてだけでなく、女性の魅力を引き出すという点に関しても正統進化を迎えている『Xtreme』シリーズ。その中核を担う“やわらかエンジン2.0”の片鱗が明かされましたが、その進化ぶりはまだ終わらないとのこと。更なる続報が明かされる予定なので、そちらも楽しみにお待ちください。

PS4ソフト『DEAD OR ALIVE Xtreme 3 Fortune』およびPS Vitaソフト『DEAD OR ALIVE Xtreme 3 Venus』は、2016年2月25日発売予定。価格は、PS4のパッケージ版が8,800円(税抜)、ダウンロード版が7,619円(税抜)、PS Vitaのパッケージ版が7,800円(税抜)、ダウンロード版が6,762円(税抜)です。

(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏』最大16人のマルチプレイが可能!特典情報も公開

    『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏』最大16人のマルチプレイが可能!特典情報も公開

  2. 『FFXV』ゲーム内イベント「モグチョコカーニバル」の開催日時決定!映像も公開

    『FFXV』ゲーム内イベント「モグチョコカーニバル」の開催日時決定!映像も公開

  3. 『ファイナルファンタジーXV』米国での発売初月セールスがシリーズ最高記録

    『ファイナルファンタジーXV』米国での発売初月セールスがシリーズ最高記録

  4. 『GOD WARS』PS4向けの新たな体験版を2月9日に配信! 独特な世界観を鮮やかに表現する最新映像もお披露目

  5. YouTubeの360度動画がPSVRで視聴可能に! PS4向け『YouTube』アプリがアップデート

  6. PS4『仁王』最終体験版のプレイムービーが公開―ウィリアムが雑魚に苦戦…!?

  7. 『GOD WARS』早期予約特典の追加シナリオ詳細が公開、ウラシマとモモタロウ一行の戦いなどが描かれる内容に

  8. 【レポート】落命の先に待つ達成感…『仁王』には“死にゲー”としての魅力がしっかりとある

  9. 「ニーア オートマタ meets amazarashi」制作の音楽アルバム「命にふさわしい」の詳細が公開

  10. ライトニングは実在した?あまりにも本気すぎる『FFXIII』コスプレが凄い

アクセスランキングをもっと見る