人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、ポケモン、グーグルが『イングレス』や『Pokemon Go』を開発する米ナイアンティックに約36億円を出資

モバイル・スマートフォン iPhone

 『Pokemon Go』開発中のイメージ
  •  『Pokemon Go』開発中のイメージ
  • 『Pokomon Go』発表会にて。左からゲームフリーク増田順一氏、ポケモン石原恒和氏、ナイアンティック ジョン・ハンケ氏、任天堂 宮本茂氏
位置情報と連動したスマートフォン向けゲーム『イングレス』を運営し、『Pokemon Go』の開発も進めている米ナイアンティック社に対して、任天堂、ポケモン、グーグルの3社が最大3000万ドル(約36億円)を出資することで合意しました。

ナイアンティックは『Ingress』の開発・運営を行う会社で、2015年8月にGoogleから独立しました。2015年9月に発表された『Pokemon GO』の開発も同社が担当し、今回は同プロジェクトの関連会社から資金調達を受ける形に。投資額は最大3000万ドルを予定しており、初回投資は2000万ドル、マイルストーン達成後の追加投資は1000万ドルを予定。今回の投資および戦略的パートナーシップは、『Pokemon GO』の開発、グローバルで成長する『Ingress』コミュニティへの支援、プラットフォームの拡充、新ゲームの市場投入に活用されます。

■ナイアンティック CEO ジョン・ハン氏のコメント
株式会社ポケモン、Google、そして任天堂は、ナイアンティックを次のステージに押し上げてくれる素晴らしい投資家であり、戦略的なパートナーです。今回の資金は、『Pokemon GO』の開発、『Ingress』とグローバルで成長するそのコミュニティの発展と成長、そしてリアル・ワールド・ゲームプラットフォームの構築に活用する予定です。

■株式会社ポケモン代表取締役社長 石原恒和氏のコメント
ポケモン社のナイアンティックへの戦略的投資により、世界が今までに見たことのないソーシャル・モバイル・エクスペリエンスを提供できるようになります。株式会社ポケモンは、コミュニティやイノベーションに対して同じスピリットを共有するナイアンティックのような会社とのパートナーシップを強力に進めてまいります。

■Googleコーポレートデベロップメント担当副社長 ドン・ハリソン氏のコメント
ナイアンティックは、位置情報技術、ダイナミックなストーリー展開、そして革新的なゲームデザインを組み合わせることで、大きな可能性を示しました。当社では、引き続きNianticを支援できることを嬉しく思います。
《土本学》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』ドイツの小さな橋に人が殺到し問題に…市当局の取った対応とは

    『ポケモンGO』ドイツの小さな橋に人が殺到し問題に…市当局の取った対応とは

  2. 『ポケモンGO』最初に選んだポケモンは? もっとも課金しているアイテムは? アンケート募集中!

    『ポケモンGO』最初に選んだポケモンは? もっとも課金しているアイテムは? アンケート募集中!

  3. 『ウチ姫』目のやり場に困る“アスタロット 抱き枕カバー”登場! 人気キャラを対象とした各種グッズも発表

    『ウチ姫』目のやり場に困る“アスタロット 抱き枕カバー”登場! 人気キャラを対象とした各種グッズも発表

  4. 『Fate/Grand Order』聖晶石召喚の消費数が“ずっと”3個に、サーヴァント所持枠も初期300へ…1周年イベントで実施

  5. 世田谷公園で『ポケモンGO』によるトラブルが多発…区が「事態の改善」を配信会社に要請

  6. 『夢色キャスト』×『アイ★チュウ』コラボ決定!それぞれのアプリでコラボストーリー展開

  7. 『ダービーオーナーズクラブ』4周年記念キャンペーン開催!新レアリティを実装

  8. 【レポート】『オルタナティブガールズ』は3Dバトルあり、サスペンスあり、VRありの美少女RPGだった

  9. 【ネタバレ注意】『ポケモンGO』海外ユーザーが最大レベルに到達…Bot利用のデータ確認目的で

  10. 『ポケモンGO』広島市が平和記念公園の「ジム」「ポケストップ」削除要請…プレイ自体は禁止せず

アクセスランキングをもっと見る

page top