人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、ポケモン、グーグルが『イングレス』や『Pokemon Go』を開発する米ナイアンティックに約36億円を出資

モバイル・スマートフォン iPhone

 『Pokemon Go』開発中のイメージ
  •  『Pokemon Go』開発中のイメージ
  • 『Pokomon Go』発表会にて。左からゲームフリーク増田順一氏、ポケモン石原恒和氏、ナイアンティック ジョン・ハンケ氏、任天堂 宮本茂氏
位置情報と連動したスマートフォン向けゲーム『イングレス』を運営し、『Pokemon Go』の開発も進めている米ナイアンティック社に対して、任天堂、ポケモン、グーグルの3社が最大3000万ドル(約36億円)を出資することで合意しました。

ナイアンティックは『Ingress』の開発・運営を行う会社で、2015年8月にGoogleから独立しました。2015年9月に発表された『Pokemon GO』の開発も同社が担当し、今回は同プロジェクトの関連会社から資金調達を受ける形に。投資額は最大3000万ドルを予定しており、初回投資は2000万ドル、マイルストーン達成後の追加投資は1000万ドルを予定。今回の投資および戦略的パートナーシップは、『Pokemon GO』の開発、グローバルで成長する『Ingress』コミュニティへの支援、プラットフォームの拡充、新ゲームの市場投入に活用されます。

■ナイアンティック CEO ジョン・ハン氏のコメント
株式会社ポケモン、Google、そして任天堂は、ナイアンティックを次のステージに押し上げてくれる素晴らしい投資家であり、戦略的なパートナーです。今回の資金は、『Pokemon GO』の開発、『Ingress』とグローバルで成長するそのコミュニティの発展と成長、そしてリアル・ワールド・ゲームプラットフォームの構築に活用する予定です。

■株式会社ポケモン代表取締役社長 石原恒和氏のコメント
ポケモン社のナイアンティックへの戦略的投資により、世界が今までに見たことのないソーシャル・モバイル・エクスペリエンスを提供できるようになります。株式会社ポケモンは、コミュニティやイノベーションに対して同じスピリットを共有するナイアンティックのような会社とのパートナーシップを強力に進めてまいります。

■Googleコーポレートデベロップメント担当副社長 ドン・ハリソン氏のコメント
ナイアンティックは、位置情報技術、ダイナミックなストーリー展開、そして革新的なゲームデザインを組み合わせることで、大きな可能性を示しました。当社では、引き続きNianticを支援できることを嬉しく思います。
《土本学》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『モンスターギア バーサス』×「セガ・ハード・ガールズ」コラボ開催!限定オーブや称号などが登場

    『モンスターギア バーサス』×「セガ・ハード・ガールズ」コラボ開催!限定オーブや称号などが登場

  2. 『アンジュ・ヴィエルジュ』一足遅れのバレンタインイベントスタート!イベント限定URキャラクターをゲット

    『アンジュ・ヴィエルジュ』一足遅れのバレンタインイベントスタート!イベント限定URキャラクターをゲット

  3. 『ポケモンGO』バレンタインイベントのボーナスの一部が延長

    『ポケモンGO』バレンタインイベントのボーナスの一部が延長

  4. 『ポケモンGO』ポケモンの交換&トレーナー同士のバトルが近々に実装か、海外メディアの取材で明らかに

  5. 『陰陽師』式神を入手する新たな方法「百鬼夜行」に迫る! 井澤詩織や桑島法子らが演じる新キャラもお披露目

  6. 『FGO』第2部に繋がる新章「-Epic of Remnant-」の紹介ページがお披露目に─全4章の片鱗を垣間見よ

  7. 【インタビュー】『囚われのパルマ』キャラデザ実田千聖に迫る ― 厚塗りに隠された苦労とは

  8. 本格幻想RPG『陰陽師』戦闘システムに迫る! 「鬼火」を管理してド派手なスキルを繰り出そう

  9. 【特集】ゴブリン転生RPG『リ・モンスター』で最弱から成り上がれ!魅力を総まとめ

  10. 『陰陽師』レアアイテムがゲットできるLBSシステムに迫る! 位置情報を利用して仲間と連携

アクセスランキングをもっと見る