最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
任天堂、ポケモン、グーグルが『イングレス』や『Pokemon Go』を開発する米ナイアンティックに約36億円を出資

任天堂、ポケモン、グーグルが『イングレス』や『Pokemon Go』を開発する米ナイアンティックに約36億円を出資

2015年10月15日(木) 21時10分
  •  『Pokemon Go』開発中のイメージの画像
     『Pokemon Go』開発中のイメージ
  • 『Pokomon Go』発表会にて。左からゲームフリーク増田順一氏、ポケモン石原恒和氏、ナイアンティック ジョン・ハンケ氏、任天堂 宮本茂氏の画像
    『Pokomon Go』発表会にて。左からゲームフリーク増田順一氏、ポケモン石原恒和氏、ナイアンティック ジョン・ハンケ氏、任天堂 宮本茂氏

位置情報と連動したスマートフォン向けゲーム『イングレス』を運営し、『Pokemon Go』の開発も進めている米ナイアンティック社に対して、任天堂、ポケモン、グーグルの3社が最大3000万ドル(約36億円)を出資することで合意しました。

ナイアンティックは『Ingress』の開発・運営を行う会社で、2015年8月にGoogleから独立しました。2015年9月に発表された『Pokemon GO』の開発も同社が担当し、今回は同プロジェクトの関連会社から資金調達を受ける形に。投資額は最大3000万ドルを予定しており、初回投資は2000万ドル、マイルストーン達成後の追加投資は1000万ドルを予定。今回の投資および戦略的パートナーシップは、『Pokemon GO』の開発、グローバルで成長する『Ingress』コミュニティへの支援、プラットフォームの拡充、新ゲームの市場投入に活用されます。

■ナイアンティック CEO ジョン・ハン氏のコメント
株式会社ポケモン、Google、そして任天堂は、ナイアンティックを次のステージに押し上げてくれる素晴らしい投資家であり、戦略的なパートナーです。今回の資金は、『Pokemon GO』の開発、『Ingress』とグローバルで成長するそのコミュニティの発展と成長、そしてリアル・ワールド・ゲームプラットフォームの構築に活用する予定です。

■株式会社ポケモン代表取締役社長 石原恒和氏のコメント
ポケモン社のナイアンティックへの戦略的投資により、世界が今までに見たことのないソーシャル・モバイル・エクスペリエンスを提供できるようになります。株式会社ポケモンは、コミュニティやイノベーションに対して同じスピリットを共有するナイアンティックのような会社とのパートナーシップを強力に進めてまいります。

■Googleコーポレートデベロップメント担当副社長 ドン・ハリソン氏のコメント
ナイアンティックは、位置情報技術、ダイナミックなストーリー展開、そして革新的なゲームデザインを組み合わせることで、大きな可能性を示しました。当社では、引き続きNianticを支援できることを嬉しく思います。

(Article written by 土本学)

モバイル・スマートフォンアクセスランキング