最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
ユーザーが感じる「オープンワールド疲れ」とは

ユーザーが感じる「オープンワールド疲れ」とは

2015年10月15日(木) 19時53分

『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』や『The Witcher 3: Wild Hunt』、そして発売が控える『Fallout 4』や『Just Cause 3』など人気作&期待作が軒を連ねるゲームジャンル「オープンワールド」。今回の「海外ゲーマーの声」では、広大なマップを伸び伸びと駆け回るこのジャンルに「疲れ」を感じたユーザー達のコメントを紹介します。


anyone else going through open world fatigue?(“オープンワールド疲れ”を感じてる人っている?)」と題されたスレッドでは、『Far Cry 4』『The Witcher 3』『Dragon Age : Inquisition』『Grand Theft Auto V』などのタイトルに挑戦しつつも「プレイしていたけどすべて未クリア」と語るユーザーが登場。その理由は多過ぎるクエスト/ミッションにあるとのことで、一部タイトルの「ほとんどの収集要素とメインクエストが超だるい」と語られていました。更に「オープンワールド疲れを感じたことはないけど、“自由度の高いゲームをやる為の自由な時間”がない」と、大規模作品を楽しむためのハードルを感じさせる声も。


『GTA V』に代表されるクライムアクション×現代都市の世界観や、「バットマン」「スパイダーマン」「マッドマックス」などを自由に体験できる版権物など、決して一枚岩ではないオープンワールドゲーム。しかしながら、あるユーザーは『Shadow of Mordor』や『Dragon Age』『The Witcher』を例にしながら「中世×魔法のファンタジーものには少し食傷気味かな」と吐露。一方で、インディー作品『Salt』や『The Long Dark』といったタイトルを挙げながら、「(この2作は)まだプレイできるよ。だけど、“ミニマップでアイコンを見てまっすぐ向かったりファストトラベルを使って移動する”タイプには惹かれない」と感想を述べるユーザーも見られました。


これら2作品はコレクタブル要素や豊富なクエストよりも「広大な世界でのサバイバル/探索」にスポットを当てており、誘導されるようなミッションやクエストはほぼ存在しておらず、主に「生存や戦闘に必要なアイテムを集める」ためのオープンワールドが構築されています。


広大過ぎるオープンワールドに疑問を感じるユーザーも一定数見られていましたが、「疲れを感じたことはない」「オープンワールドを駆け抜けて探索するのが楽しい」「オープンワールドゲームの大ボリュームこそ求めているもの」と強い好意を示すユーザーからも多くのコメントが投稿されています。更には「とんでもない、もっとたくさん出て欲しい。自分を見失っちゃうくらいガッツリ作られたゲームが好きなんだ」との声も。しかしながら、そんなオープンワールドを愛するゲーマーにとっても「お使いクエスト(Fetch Quests)」や「グリッチ」、そして「ベルトコンベアーみたいに反復的で、流行を追っているだけ」のゲームに対しては辛口評価にならざるを得ないようです。


『Fallout 4』『Just Cause 3』のみならず、『Horizon Zero Dawn』や『No Man's Sky』などユニークなオープンワールド作品が待たれている昨今ですが、「高い自由度」の中に配置されたゲームデザインに注目することで、それぞれの持つ魅力が読み解けるかもしれません。

記事提供元: Game*Spark

  • ユーザーが感じる「オープンワールド疲れ」とはの画像
  • ユーザーが感じる「オープンワールド疲れ」とはの画像
  • ユーザーが感じる「オープンワールド疲れ」とはの画像
  • ユーザーが感じる「オープンワールド疲れ」とはの画像
  • ユーザーが感じる「オープンワールド疲れ」とはの画像
(Article written by Game*Spark)
評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 1 件

その他アクセスランキング