人生にゲームをプラスするメディア

「みんな空気読め」ニコニコが“活動ガイドライン”策定 ― 表現の自由は他人を傷つけて良い権利ではない

その他 全般

ニコニコインフォに掲載された「ユーザーの皆様へ」
  • ニコニコインフォに掲載された「ユーザーの皆様へ」
  • ニコニコ ロゴ
ドワンゴが運営する「ニコニコ」は、「ニコニコ動画」や「ニコニコ生放送」などのサービスに共通して適用される「ニコニコ活動ガイドライン」を策定しました。

「ニコニコ活動ガイドライン」の策定について、中野真運営長は「ニコニコインフォ」にて、「ユーザーの皆様へ」と題された記事でその理由などを掲載。中野運営長は「表現の自由」について、何をしても良いという自由は“正しい自由”ではないのではないか、という点について言葉を綴り、ガイドライン策定の経緯を説明しています。以下にその一部を抜粋します。

本音なら何を言っても良いのでしょうか?それは本当に事実なのでしょうか?自分の考えや感覚を一方的に主張することで他人を傷つけるひとりよがりの行為になっていないでしょうか?その行為は本当に正しいのでしょうか?これはコメントだけじゃなくて動画や生放送などでコンテンツを発表する場合においても同じです。

これまで何度も考えてきたテーマではありますが、お互いを認め合えない、互いを否定しあう中では自由な表現は守られず、逆に何も表現できないギスギスした世界になってしまうのではないでしょうか?

これについてぼくたちが達した結論は「表現の自由は他人を傷つけて良い権利ではない」ということ。そして「自分の自由を認めてもらうには他人の自由も認めないといけない」のだということ。そしてそれは「相手の存在や考えを認め共存する」ということです。

(中略)

そもそも表現の自由という点においてはコンテンツを発表することに加え、そこに付くコメントもニコニコを構成する大事な手法であって、それを運営が規制するなんていうことは極力避けるべきだと思っています。

ただ、みんながコンテンツを発表することやコメントで作品や想いを表現できる自由を守るためには、他人の表現を一方的に否定し邪魔をするような行為を認めてはいけないと考え、そんな思いのもと正式に「ニコニコ活動ガイドライン」を策定することにしました。

(中略)

長々と書いてきましたが、そのコンテンツを発表する前、そのコメントを書く前にそれが誰かを深く傷つけないかを今一度考えてみてください。そこに愛はありますか?

端的に申しますと「みんな空気読め」。

以上です。

ニコニコインフォ「ユーザーの皆さまへ(ニコニコ活動ガイドラインについて)」より抜粋
http://blog.nicovideo.jp/niconews/ni056194.html

「ニコニコ」のサービス全般では、過度な迷惑行為などが度々問題視されてきましたが、今回改めて、わかりやすい「ガイドライン」を策定したことになります。策定されたガイドラインは大きく分けて5つの内容でまとめられています。

■ニコニコ活動ガイドライン
1. ニコニコは誰もが自由に表現活動ができるプラットフォームです

2. ニコニコで活動する人は互いに自主性を尊重し、問題は当事者間で解決します

3. コンテンツによる表現の自由は無制限ではありません
 ニコニコの自主判断による削除対象:
 <犯罪、違法行為>
 <他者の権利を侵害する行為>
 <公序良俗に反するもの>
 <その他、ニコニコが不適切と判断するもの>

4. 他者の表現を妨害することは認めません
 ニコニコの自主判断による削除対象:
 <犯罪、違法行為に当たるコメント>
 <他者の権利を侵害するコメント>
 <公序良俗に反するコメント>
 <対象コンテンツの表現者及びそのコンテンツに同調するユーザー(閲覧者)を傷つけるコメント>
 <個人情報を漏えいまたは拡散させるコメント>
 <集団で表現者に圧力をかけるコメント>
 <その他、ニコニコが不適切と判断するコメント>

5. ニコニコ運営の対応に過度の期待をしないようにしましょう

「ニコニコ活動ガイドライン」全文:
http://ex.nicovideo.jp/base/guideline.html

国内の動画投稿サービスとしては最大級である「ニコニコ動画」をはじめ、さまざまなサービスを展開する「ニコニコ」に新たに策定されたガイドライン。正しく機能させて、より気持ち良く、作品やコンテンツを発表・閲覧できる場へと成長していくことに期待しましょう。
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】『ポケモンGO』レアポケモンを求め多くのトレーナーが江ノ島へ、各チームリーダーのビジュアル公開、相模湾ポケモン生態調査…など(7/25)

    【昨日のまとめ】『ポケモンGO』レアポケモンを求め多くのトレーナーが江ノ島へ、各チームリーダーのビジュアル公開、相模湾ポケモン生態調査…など(7/25)

  2. 初代「ベイブレード」12年の時を経て復活! 「ベイブレードバースト」シリーズにてリバイバル

    初代「ベイブレード」12年の時を経て復活! 「ベイブレードバースト」シリーズにてリバイバル

  3. ゲーム禁止とOKな子、成績に差なし…友達の数には意外な傾向

    ゲーム禁止とOKな子、成績に差なし…友達の数には意外な傾向

  4. 『レゴ スター・ウォーズ/フォースの覚醒』開発者インタビュー完全版 / テレビゲーム史上最高の剣士キャラクター10選 / 高温になった車内温度をもっとも早く下げる方法は?・・・編集部員も見るべきまとめ(7/25)

  5. TVアニメ「学園ハンサム」のキャスト発表! ゲーム版声優陣は「副音声」で登場

  6. 劇場版「ソードアート・オンライン」日商簿記とタイアップ…チーム戦「ボキワン」開催決定

  7. 【フィグライフ!】第33回:『ポケモンGO』のせいで眠い眼をこすりながらワンフェスGO!零戦ダンボー限定モデルを無事ゲット

  8. ワンフェス2016[夏]グッスマブースレポ―「艦これ」鹿島やアイオワなど新作に注目集まる

  9. 「ハイスコアガール」連載再開&約3年ぶりの新刊発売!リニューアル版では登場作品が変更に

  10. 「のんのんびより」宮内れんげの等身大フィギュア登場! お値段798,000円、近日予約開始

アクセスランキングをもっと見る

page top