人生にゲームをプラスするメディア

「みんな空気読め」ニコニコが“活動ガイドライン”策定 ― 表現の自由は他人を傷つけて良い権利ではない

その他 全般

ニコニコインフォに掲載された「ユーザーの皆様へ」
  • ニコニコインフォに掲載された「ユーザーの皆様へ」
  • ニコニコ ロゴ
ドワンゴが運営する「ニコニコ」は、「ニコニコ動画」や「ニコニコ生放送」などのサービスに共通して適用される「ニコニコ活動ガイドライン」を策定しました。

「ニコニコ活動ガイドライン」の策定について、中野真運営長は「ニコニコインフォ」にて、「ユーザーの皆様へ」と題された記事でその理由などを掲載。中野運営長は「表現の自由」について、何をしても良いという自由は“正しい自由”ではないのではないか、という点について言葉を綴り、ガイドライン策定の経緯を説明しています。以下にその一部を抜粋します。

本音なら何を言っても良いのでしょうか?それは本当に事実なのでしょうか?自分の考えや感覚を一方的に主張することで他人を傷つけるひとりよがりの行為になっていないでしょうか?その行為は本当に正しいのでしょうか?これはコメントだけじゃなくて動画や生放送などでコンテンツを発表する場合においても同じです。

これまで何度も考えてきたテーマではありますが、お互いを認め合えない、互いを否定しあう中では自由な表現は守られず、逆に何も表現できないギスギスした世界になってしまうのではないでしょうか?

これについてぼくたちが達した結論は「表現の自由は他人を傷つけて良い権利ではない」ということ。そして「自分の自由を認めてもらうには他人の自由も認めないといけない」のだということ。そしてそれは「相手の存在や考えを認め共存する」ということです。

(中略)

そもそも表現の自由という点においてはコンテンツを発表することに加え、そこに付くコメントもニコニコを構成する大事な手法であって、それを運営が規制するなんていうことは極力避けるべきだと思っています。

ただ、みんながコンテンツを発表することやコメントで作品や想いを表現できる自由を守るためには、他人の表現を一方的に否定し邪魔をするような行為を認めてはいけないと考え、そんな思いのもと正式に「ニコニコ活動ガイドライン」を策定することにしました。

(中略)

長々と書いてきましたが、そのコンテンツを発表する前、そのコメントを書く前にそれが誰かを深く傷つけないかを今一度考えてみてください。そこに愛はありますか?

端的に申しますと「みんな空気読め」。

以上です。

ニコニコインフォ「ユーザーの皆さまへ(ニコニコ活動ガイドラインについて)」より抜粋
http://blog.nicovideo.jp/niconews/ni056194.html

「ニコニコ」のサービス全般では、過度な迷惑行為などが度々問題視されてきましたが、今回改めて、わかりやすい「ガイドライン」を策定したことになります。策定されたガイドラインは大きく分けて5つの内容でまとめられています。

■ニコニコ活動ガイドライン
1. ニコニコは誰もが自由に表現活動ができるプラットフォームです

2. ニコニコで活動する人は互いに自主性を尊重し、問題は当事者間で解決します

3. コンテンツによる表現の自由は無制限ではありません
 ニコニコの自主判断による削除対象:
 <犯罪、違法行為>
 <他者の権利を侵害する行為>
 <公序良俗に反するもの>
 <その他、ニコニコが不適切と判断するもの>

4. 他者の表現を妨害することは認めません
 ニコニコの自主判断による削除対象:
 <犯罪、違法行為に当たるコメント>
 <他者の権利を侵害するコメント>
 <公序良俗に反するコメント>
 <対象コンテンツの表現者及びそのコンテンツに同調するユーザー(閲覧者)を傷つけるコメント>
 <個人情報を漏えいまたは拡散させるコメント>
 <集団で表現者に圧力をかけるコメント>
 <その他、ニコニコが不適切と判断するコメント>

5. ニコニコ運営の対応に過度の期待をしないようにしましょう

「ニコニコ活動ガイドライン」全文:
http://ex.nicovideo.jp/base/guideline.html

国内の動画投稿サービスとしては最大級である「ニコニコ動画」をはじめ、さまざまなサービスを展開する「ニコニコ」に新たに策定されたガイドライン。正しく機能させて、より気持ち良く、作品やコンテンツを発表・閲覧できる場へと成長していくことに期待しましょう。
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. クトゥルフ神話系TRPGが遊べる商業店舗「DARKGAME」オープン、人狼型ゲームやLARPも開催

    クトゥルフ神話系TRPGが遊べる商業店舗「DARKGAME」オープン、人狼型ゲームやLARPも開催

  2. 【昨日のまとめ】『シャドウバース』第3弾カードパックの特設サイト公開、「PSVR」12月17日より追加販売が実施、『FFXV』×「カップヌードル」の“コラCM”…など(12/5)

    【昨日のまとめ】『シャドウバース』第3弾カードパックの特設サイト公開、「PSVR」12月17日より追加販売が実施、『FFXV』×「カップヌードル」の“コラCM”…など(12/5)

  3. 【週刊インサイド】新エンディング追加の『青鬼 2016』に関心高まる…『艦これ』フィギュアや、ドラマ「逃げ恥」と『PSO2』の意外な接点にも注目

    【週刊インサイド】新エンディング追加の『青鬼 2016』に関心高まる…『艦これ』フィギュアや、ドラマ「逃げ恥」と『PSO2』の意外な接点にも注目

  4. セガ、「セガフェス」チャリティの売上金額を発表―お金は被災地支援NPOに全額寄付

  5. 『Fate/EXTELLA』ネロ・玉藻の前・アルテラがウォークマンやヘッドホンに! オリジナルパッケージでお届け

  6. 株式会社カラー10周年記念冊子の通販開始…本体価格は無料! 送料162円のみでお届け

  7. AC『ポッ拳』こうていポケモン「エンペルト」がバトルに参戦!12月15日より登場

  8. 『閃乱カグラ』高木Pの自宅に行ってみた…地下室で語られた、爆乳Pの原点や最新作の魅力とは

  9. 【昨日のまとめ】PS Vita版『PSO2』のアップデート容量が16GBのメモカを超える見込み、「PlayStation Experience 2016」開催スケジュール、VR空間でプラモを作る 『Monzo VR』…など(12/3)

  10. ドラマ「逃げ恥」みくりは『PSO2』の高LVプレイヤーだった! ただし妄想の中で…

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top