人生にゲームをプラスするメディア

AC『ガンダム U.C.カードビルダー』にZ&ZZ参戦、ボールやオッゴの特殊なSオペレーション情報なども公開

その他 アーケード

AC『ガンダム U.C.カードビルダー』にZ&ZZ参戦、ボールやオッゴの特殊なSオペレーション情報なども公開
  • AC『ガンダム U.C.カードビルダー』にZ&ZZ参戦、ボールやオッゴの特殊なSオペレーション情報なども公開
  • AC『ガンダム U.C.カードビルダー』にZ&ZZ参戦、ボールやオッゴの特殊なSオペレーション情報なども公開
  • AC『ガンダム U.C.カードビルダー』にZ&ZZ参戦、ボールやオッゴの特殊なSオペレーション情報なども公開
  • AC『ガンダム U.C.カードビルダー』にZ&ZZ参戦、ボールやオッゴの特殊なSオペレーション情報なども公開
  • AC『ガンダム U.C.カードビルダー』にZ&ZZ参戦、ボールやオッゴの特殊なSオペレーション情報なども公開
  • AC『ガンダム U.C.カードビルダー』にZ&ZZ参戦、ボールやオッゴの特殊なSオペレーション情報なども公開
  • AC『ガンダム U.C.カードビルダー』にZ&ZZ参戦、ボールやオッゴの特殊なSオペレーション情報なども公開
  • AC『ガンダム U.C.カードビルダー』にZ&ZZ参戦、ボールやオッゴの特殊なSオペレーション情報なども公開
バンダイナムコエンターテインメントは、アーケード『機動戦士ガンダム U.C.カードビルダー』の参戦機体・新要素などゲーム情報を公開しました。

『機動戦士ガンダム U.C.カードビルダー』は、『機動戦士ガンダム カードビルダー』シリーズ最新作となるトレーディングカードアーケードゲームです。TVアニメなどで展開されている「ガンダム」シリーズのキャラクターやモビルスーツがトレーディングカードになっており、そのカードを使ったバトルを楽しむといった内容になっています。

今回は、新システム「ストライクオペレーション」について、またカード第1弾「Zガンダム」「ZZガンダム」など参戦機体情報が公開されています。

◆「ストライクオペレーション」について



<さらに画像を見る>

「ストライクオペレーション(以下、Sオペレーション)」は、本作より新要素として追加された攻撃方法です。敵をロックオンしたあと筐体右側のボタンを押すという流れで発動するこの攻撃は、筐体下画面のタッチパネルを操作する本作ならではのギミックが追加されているとのことです。

※ストライクオペレーションについての詳細は、本作の公式サイト(http://gundam-cardbuilder.com/)に掲載されているこちらの動画(http://www.youtube.com/watch?v=gaopUNswW5Q)をご覧ください。
※動画内のゲーム画面は開発中のアルファロケテスト版のものです。本稼働版とは異なります。

また、アシストユニットもSオペレーションの攻撃に参加可能です。アシストユニットを援護に使うなどしてダメージをさらに増加させたり、その後の戦局を有利に進める効果を得ることができます。

さらに、以前の記事でもお伝えしたように、特定のユニット同士を組み合わせることで、特殊なSオペレーションが発動します。今回は参戦機体に加え、それら組み合わせによるSオペレーションの新情報も公開されています。

◆「Zガンダム」&「ZZガンダム」のSオペレーション


■「Zガンダム」のSオペレーション


<さらに画像を見る>

アルファロケテストでも参戦した「Zガンダム」が、第1弾へ正式参戦することが告知されました。なお、「機動戦士Zガンダム」からは、「アッシマー」のほか、多数の機体が存在しているとのことです。

Zガンダムは、ビーム・サーベルによる攻撃でも十分な攻撃力を持ちますが、Sオペレーションではさらに強力な"巨大化したビーム・サーベル"を使用します。この攻撃であれば、防御値の高い敵であってもすぐに撃破できるとのこと。

■「ZZガンダム」のSオペレーション


<さらに画像を見る>

また、同じくアルファロケテストに登場していた「ZZガンダム」も参戦決定。なお、「機動戦士ガンダムZZ」からは他の機体も参戦するようですが、詳細は発表されていません。

ZZガンダムは、ダブル・ビーム・ライフル、21連装ミサイルランチャー、ハイ・メガ・キャノンなど、大型戦艦並みの武装の同時運用が可能。ZZガンダムらしい重装甲、大火力のSオペレーションで、敵機を圧倒します。

■「Zガンダム」&「ZZガンダム」の組み合わせ


<さらに画像を見る>

そして、ZガンダムとZZガンダムによるSオペレーションでは、高火力武装を惜しみなく披露する大技が展開されます。この場面では、Zガンダムの機動性を活かしたロングビームサーベルによる強襲が行われたあと、ZZガンダムがハイ・メガ・キャノンを撃ちこみます。

◆モビルポッドやモビルタンクなどのSオペレーション


本作では、モビルスーツに限らず、モビルポッドやモビルタンクなどさまざまな機体も参戦。そして、これらを用いたマニアックな組み合わせでも、特殊なSオペレーションが発動します。

■「ボール」&「オッゴ」のSオペレーション


<さらに画像を見る>

カード第1弾への参戦が明らかになった「ボール」と「オッゴ」では、それぞれ2機ずつで編成したモビルポッド混成部隊で特殊なSオペレーションが発動します。単機毎の武装では心許ないものの、4機連携による総合火力で敵を翻弄します。

■「ザク・タンク(砲撃仕様)」&「ヒルドルブ」のSオペレーション


<さらに画像を見る>

そして、カード第1弾に参戦する「ヒルドルブ」と「ザク・タンク(砲撃仕様)」の組み合わせでもSオペレーションが発動します。このモビルタンク部隊による編成はややピーキーではありますが、3機合わせた砲撃の威力は凄まじいものに。ザクキャノンの180mm砲2機分の火力に加え、ヒルドルブ30cm(サンチ)砲による追撃がターゲットを容赦なく駆逐します。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

『機動戦士ガンダム U.C.カードビルダー』は2016年稼働開始予定。現在はアルファロケテストで寄せられたユーザーの意見や要望をもとに絶賛開発進行中とのことです。

最新情報については公式Twitter(http://twitter.com/gundam_uccb)でも告知されるようなので、ぜひフォローしておきましょう。

※本情報は予告なく変更される場合があります。

(C)創通・サンライズ
《すしし》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『イナズマイレブン』新作は7月発表!宇宙には行かず、タイムスリップもせず、主人公は新キャラに

    『イナズマイレブン』新作は7月発表!宇宙には行かず、タイムスリップもせず、主人公は新キャラに

  2. 「ニコニコチャンネル」有料登録者数が50万人突破!上位5チャンネルの平均年間売上額は1億円台

    「ニコニコチャンネル」有料登録者数が50万人突破!上位5チャンネルの平均年間売上額は1億円台

  3. “結月ゆかり”が等身大フィギュアに! スピーカー内蔵で価格は128万円

    “結月ゆかり”が等身大フィギュアに! スピーカー内蔵で価格は128万円

  4. 「勇者ヨシヒコと導かれし七人」2016年10月放送決定

  5. 「この素晴らしい世界に祝福を!」2017年1月より第2期放送スタート!第1期一挙配信も決定

  6. 『レイトン教授』新作も7月発表!超大作かつ映画クラスのキャスティングに

  7. 1億5000万回再生の恐怖映像「ライト/オフ」が映画化!シーンカット画像が到着

  8. 『スパロボ大戦V』寺田氏&佐竹氏が最新作を語る、90年代セガPRの立役者・竹崎氏が明かすソニックチームとの絆、人間の起源を解説したアニメーションムービー・・・編集部員も見るべきまとめ(6/24)

  9. 【昨日のまとめ】『イナズマイレブン』『レイトン教授』新作を7月発表、『ブレイブルー セントラルフィクション』Esのプレイスタイル判明、VR版『RO』を台湾ユーザーが開発…など(6/24)

  10. 誰でも“結月ゆかり”になれる「FaceRig Live2D」非公式モデル配布開始、「かわいさ」「偉大さ」「まな板」を徹底再現

アクセスランキングをもっと見る

page top