人生にゲームをプラスするメディア

【TGS2015】3vs3vsゾンビ(無数)で展開する対人特化のTPS『バイオハザード アンブレラコア』を先行プレイ

ソニー PS4

【TGS2015】3vs3vsゾンビ(無数)で展開する対人特化のTPS『バイオハザード アンブレラコア』を先行プレイ
  • 【TGS2015】3vs3vsゾンビ(無数)で展開する対人特化のTPS『バイオハザード アンブレラコア』を先行プレイ
  • 【TGS2015】3vs3vsゾンビ(無数)で展開する対人特化のTPS『バイオハザード アンブレラコア』を先行プレイ
  • 【TGS2015】3vs3vsゾンビ(無数)で展開する対人特化のTPS『バイオハザード アンブレラコア』を先行プレイ
  • 【TGS2015】3vs3vsゾンビ(無数)で展開する対人特化のTPS『バイオハザード アンブレラコア』を先行プレイ
  • 【TGS2015】3vs3vsゾンビ(無数)で展開する対人特化のTPS『バイオハザード アンブレラコア』を先行プレイ
  • 【TGS2015】3vs3vsゾンビ(無数)で展開する対人特化のTPS『バイオハザード アンブレラコア』を先行プレイ
  • 【TGS2015】3vs3vsゾンビ(無数)で展開する対人特化のTPS『バイオハザード アンブレラコア』を先行プレイ
  • 【TGS2015】3vs3vsゾンビ(無数)で展開する対人特化のTPS『バイオハザード アンブレラコア』を先行プレイ
15日、SCEJA Press Conference 2015を通してカプコンより発表された新作『バイオハザード アンブレラコア』。超スピーディーに展開していく対人型「コンペティティブシューター」として生み出された本作を、TGS 2015にて体験プレイしました。



『アンブレラコア』は3vs3の対人戦に完全特化しており、『バイオ』シリーズならではのシナリオが用意されてはいるものの、その根源的な魅力は軽快かつ戦略的なシューティングアクションにあります。1マッチに要する時間はおよそ3~5分ほど。そのスピード感を印象付けるのは、全プレイヤーに共通アイテムとして提供される「ゾンビバイル」です。格闘用武器でありながら、ゾンビがうごめく『バイオ』的世界観を自由に駆け回る為の必須アイテムでもあります。



一瞬で決着をつけるほど強力な近接ウェポン「ゾンビバイル」、そして×ボタンの押し具合に連動する「アナログカバー」は戦闘のための最重要ギミック。「ゾンビアイゼン」や「ベイトガード」と共に『アンブレラコア』の戦闘スタイルを彩っており、初めて遊ぶプレイヤーにも直感的にデスマッチを楽しませてくれます。そして当然忘れてはならないのが「ゾンビ」達の存在。3人の敵プレイヤー、そして薄暗いマップにワラワラと潜むゾンビ達が相手となるため、ちょっとしたお祭り騒ぎになります。



マップ規模は決して広過ぎず適度に入り組んでおり、「ここでカバーして様子を窺いたい!」と思うスポットに限ってゾンビが発生していたりと、予想外の『バイオハザード』らしさを感じる瞬間も。特別装備「ゾンビジャマー」が健在なうちは軽々スルーできますが、これが破壊されてしまうと敵チームがもう1つ増えたと言っても過言ではありません。敢えて凶暴なゾンビの群れを放置し、敵チームとの交戦に活用することも可能です。



機敏なアクションと判断力が鍵となる『バイオハザード アンブレラコア』。短いプレイ時間の中に凄まじい競争性が込められた本作は、既存の対戦型FPSのスキルのみには依存しない、広く開かれたスポーツFPSと呼べるでしょう。

『バイオハザード アンブレラコア』は、2016年初頭発売予定で価格は未定です。

(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

記事提供元: Game*Spark
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『ニーア オートマタ』お蔵入りだった“TVCM無規制版”がお披露目に─まさに「命もないのに殺し合う」シーンを収録

    『ニーア オートマタ』お蔵入りだった“TVCM無規制版”がお披露目に─まさに「命もないのに殺し合う」シーンを収録

  2. 『ファイナルファンタジーVII リメイク』『キングダム ハーツIII』のスクリーンショットが海外イベントで披露!

    『ファイナルファンタジーVII リメイク』『キングダム ハーツIII』のスクリーンショットが海外イベントで披露!

  3. 『ニーア オートマタ』新TVCMが公開中…「命もないのに殺し合う」

    『ニーア オートマタ』新TVCMが公開中…「命もないのに殺し合う」

  4. エンディングが分岐するVR映画『眠れぬ魂』4月上旬リリース…森の奥に眠る真実にPSVRで迫れ

  5. PS4『仁王』DLC第1弾「東北の龍」4月配信決定!オンライン対戦実装の大型無料アプデも予定

  6. 『オメガラビリンス』は手でヌケて“言葉責め”することも可能!ローグライク要素が続々判明

  7. 『FFXIV: 紅蓮のリベレーター』に新ジョブ「侍」登場! 「必殺剣」を使う近接物理DPSに…冒険の舞台や新たなる物語の情報も

  8. 【インタビュー】“おっぱい”と口にすると胸が膨らんじゃうプロデューサーに『オメガラビリンス』の魅力をたっぷり訊いた

  9. 【インタビュー】『バレットガールズ2』どう見てもアヘってる“拘りの表情”に迫る…ボツネタも独占公開

  10. 『ニーア オートマタ』新トレイラー公開!コンサート「人形達ノ記憶 NieR Music Concert」の開催も決定

アクセスランキングをもっと見る