最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
「マジカルミライ 2015」初日ライブのセットリストをお届け

「マジカルミライ 2015」初日ライブのセットリストをお届け

2015年9月4日(金) 20時47分
  •  の画像
     
  •  の画像
     

9月4日から6日まで日本武道館および科学技術館で開催されている「マジカルミライ 2015」にて、初日ライブが開催されました。

「マジカルミライ 2015」は「初音ミク」を取り巻く創作文化の“今”を発信するイベントで、ライブと企画展を併催。2013年は横浜アリーナで実施され、2014年は東京体育館・インテックス大阪の2会場合わせて24,000人が来場しました。

今年のイメージモチーフは“キューブ”で、「初音ミク」「鏡音リン」「鏡音レン」「巡音ルカ」「MEIKO」「KAITO」のキャラクター性と多角的な創作文化の広がりを表現。「初音ミク」の楽曲と鮮やかな創作世界、そして未来へ繋がっていく創作文化を体感できる内容になっています。

既に『初音ミク -Project DIVA- X』のプレイレポートをお届けしている他、ライブレポート・企画展レポートを近日中に公開予定ですが、本稿では先んじて初日ライブのセットリストと、主催者コメントをお届けします。

◆初音ミク「マジカルミライ 2015」 / Setlist


1.Tell Your World/livetune/初音ミク
2.ラズベリー*モンスター/HoneyWorks/初音ミク
3.はじめまして地球人さん/ピノキオピー/初音ミク
4.独りんぼエンヴィー/koyori(電ポルP)/初音ミク
5.恋愛裁判/40mP/初音ミク
6.聖槍爆裂ボーイ/れるりり/鏡音レン
7.ロストワンの号哭/Neru/鏡音リン
8.リモコン/じーざす (ワンダフル☆オポチュニティ!)/鏡音リン・鏡音レン
9.Nostalogic/yuukiss/MEIKO
10.スノーマン/halyosy/KAITO
11.エンヴィキャットウォーク/トーマ/初音ミク
12.深海少女/ゆうゆ/初音ミク
13.Sweet Devil/八王子P/初音ミク
14.二次元ドリームフィーバー/PolyphonicBranch/初音ミク
15.キャットフード/doriko/初音ミク
16.アンハッピーリフレイン/wowaka/初音ミク
17.ロミオとシンデレラ/doriko/初音ミク
18.glow/keeno/初音ミク
19.愛Dee/Mitchie M/初音ミク・巡音ルカ
20.Just Be Friends/Dixie Flatline/巡音ルカ
21.shake it!/emon/初音ミク
22.Packaged/livetune/初音ミク
23.ワールドイズマイン/ryo(supercell)/初音ミク
24.ODDS&ENDS/ryo(supercell)/初音ミク
25.Hand in Hand/livetune/初音ミク
26.39/sasakure.UK×DECO*27/初音ミク
27.ハジメテノオト/malo/初音ミク

◆主催者コメント


■東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)代表取締役社長 河内 功氏
初音ミク「マジカルミライ」は横浜から始まり、昨年の大阪と東京。3年目の今年は、2020年の東京五輪に向け、海外からの注目もより高くなっている、独自のカルチャーを持つ「首都東京」で満を持して開催します。ライブの舞台は、音楽の殿堂「日本武道館」。企画展は、日本企業が開発した技術を広く紹介してきた「科学技術館」。3日間に渡り開催となった「音楽」と「未来」の祭典を日本の皆様はもちろん、海外から来場の皆様にも楽しんで頂きたいと思います。そして、TOKYO MX が世界も注目する『初音ミク』の“今”を伝える機会に恵まれたことを嬉しく思います。

■クリプトン・フューチャー・メディア 代表取締役社長 伊藤博之氏
私が『初音ミク』を通じて学んだことは、ヒトは「創作すること」と「創作するヒト」が大好きだということ。これらヒトの創造性を媒介するものが『初音ミク』であり、創造性を刺激し続ける限り『初音ミク』の歌声が世界から消えることはないでしょう。『初音ミク』が持つこの価値を世界に広めるために、2014 年から始めた『HATSUNE MIKU EXPO』は、インドネシア、米国で大成功を収め、そして今年遂に中国・上海での公演を果たしました。『初音ミク』が持つ価値は、『初音ミク』に関わるすべての我々自身が持つ価値です。その価値を日本から世界へと広げていく試みは、これからも続けて参ります。この夏の『マジカルミライ』は、会場を日本武道館と科学技術館という日本を代表する"館"で行います。今年の『マジカルミライ』もどうぞお楽しみに!

(Article written by 栗本 浩大)

その他アクセスランキング