人生にゲームをプラスするメディア

「DXライブラリ」がPS Vita/PS4に対応!既存ゲームの移植や新規開発をスムーズに

ゲームビジネス 開発

「DXライブラリ」がPlayStationプラットフォームに対応(公式サイトより)
  • 「DXライブラリ」がPlayStationプラットフォームに対応(公式サイトより)
  • 「Play,Doujin!」プロジェクト発、PS4『幻想の輪舞』
  • 「Play,Doujin!」プロジェクト発、PS Vita『不思議の幻想郷 -THE TOWER OF DESIRE-』
  • 「Play,Doujin!」プロジェクト ロゴ
メディアスケープが運営する「Play,Doujin!」プロジェクトは、Windows向けゲーム開発用ライブラリ「DXライブラリ」をPS VitaとPS4に対応すると発表しました。

「東方Project」をはじめとする同人ゲームをPlayStationプラットフォームで配信できるようにバックアップしている「Play,Doujin!」プロジェクトが、プロジェクトスタート1周年の節目に、ゲーム開発者向けの新たな試みとして、「DXライブラリ」のPS VitaおよびPS4対応を発表しました。


「DXライブラリ」は、Windowsソフトの開発に必要となる「DirectX」やWindows関連プログラムが使い易くまとめられた「C++」用ゲームライブラリです。これにより、PCとC++言語によるゲーム制作におけるプログラマーの負担が大幅に軽減され、幅広いソフト開発に利用されてきました。

これまでは、あくまでWindowsソフト向けのライブラリであった「DXライブラリ」ですが、ライブラリ管理人である山田巧氏が自らの希望で「Play,Doujin!」プロジェクトに参加。同プロジェクトの一環としてPS VitaとPS4への対応を進めていることが明らかになりました。

「DXライブラリ」がPS VitaやPS4に対応することで、これまで「DXライブラリ」を使用して制作されたWindowsソフトが、より簡単にPlayStationプラットフォームに移植できるほか、Windowsソフトを作る感覚でPlayStationプラットフォーム向けソフトを新規製作できるようになるとのこと。プログラマーがよりゲーム開発の本質的な部分に集中できる環境構築を目指します。

PlayStationプラットフォーム用「DXライブラリ」を使用するには、「Play,Doujin!」プロジェクトに参加する必要があります。詳しくは「Play,Doujin!」プロジェクト公式サイト(http://playdoujin.mediascape.co.jp/)をご確認ください。

(C) Mediascape Co,Ltd. (C) 上海アリス幻樂団
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. SF映画に出てきそうなハイクオリティーVRグローブ「Dexmo」デモ映像

    SF映画に出てきそうなハイクオリティーVRグローブ「Dexmo」デモ映像

  2. 【CEDEC 2016】『シャドウバース』にも応用されたCygamesの次世代技術研究とは

    【CEDEC 2016】『シャドウバース』にも応用されたCygamesの次世代技術研究とは

  3. 【CEDEC 2016】VR空間における「手」のあるべき姿とは…Oculus Touchを通して見えたVR操作系の未来と問題点

    【CEDEC 2016】VR空間における「手」のあるべき姿とは…Oculus Touchを通して見えたVR操作系の未来と問題点

  4. 【CEDEC 2016】技術から語る『龍が如く』の10年──特殊エフェクトや物理エンジンの取り組み

  5. 【CEDEC 2016】新たなトレンドはゲームにどのような変化をもたらすのか…シブサワ・コウが考えるゲームの未来

  6. 【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

  7. 【CEDEC 2016】『ドラクエ』30年の歴史、そして堀井雄二が語るゲームデザイナーに必要な3つの資質とは

  8. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  9. 【レポート】『ガンダムVR』で感じた恐怖と興奮…ガンダムの手に乗り、ザクに襲われる

  10. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

アクセスランキングをもっと見る

page top