人生にゲームをプラスするメディア

【PAX Prime 2015】ゲーマーはこれで呑め!ファミコンパッケージを模したウィスキーボトルがヤバイ

その他 全般

【PAX Prime 2015】ゲーマーはこれで呑め!ファミコンパッケージを模したウィスキーボトルがヤバイ
  • 【PAX Prime 2015】ゲーマーはこれで呑め!ファミコンパッケージを模したウィスキーボトルがヤバイ
  • 【PAX Prime 2015】ゲーマーはこれで呑め!ファミコンパッケージを模したウィスキーボトルがヤバイ
  • 【PAX Prime 2015】ゲーマーはこれで呑め!ファミコンパッケージを模したウィスキーボトルがヤバイ
  • 【PAX Prime 2015】ゲーマーはこれで呑め!ファミコンパッケージを模したウィスキーボトルがヤバイ
今年のPAX Primeのエキスポ会場は州立コンベンションセンターの4階と6階に分かれていて、4階が主要な企業が集まる会場、6階が猥雑としたその他出展者、というような雰囲気となっていました。

そんな6階組の中でも怪しさを放っていたのがInk Whiskeyという会社が展開する「Entertainment Flask」という商品。見た目はまるでNES(米国版ファミコン)のパッケージ、その実はウィスキーボトルというものです。どこかで見た事のあるようなデザインで、15ドルで販売されていました。

同社によれば、「Entertainment Flask」は2013年末にKickstarterで4万ドルを集めて製作した、レトロゲームを味わえるウィスキーボトルで、様々な人気レトロゲームのパッケージのパロディが描かれています。『Drunk Hunt』『Bar Hop Bros』『KEGAMAN』『Tetriquilla』など。ウェブサイトによれば警告してきたメーカーもあったとか。

ウィスキーボトルなので、好みのウィスキーを移し替えて、ポケットなどに忍ばせて、好きなタイミングで呑む、というような使い方が想定されているよう。何気なく、レトロゲームなボトルを出して呑んだらカッコいい、かも? 蓋の部分に製品としての工夫があったとか(柔らかいプラスチック製で、デザインと機能を両立している)。

ウィスキーを嗜むほど大人ではない筆者ですが、『Drunk Hunt』を1つ買ってみました。Ink Whiskeyではパッケージデザイン以外の製品も開発を進めていて、こちらもKickstarterで2万ドル近くを集めているようです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 劇場版「ソードアート・オンライン」×「神田祭」コラボアイテムがAJ2017で先行販売決定

    劇場版「ソードアート・オンライン」×「神田祭」コラボアイテムがAJ2017で先行販売決定

  2. 登場から26年…初代『ストリートファイターII』の新コンボが発見!

    登場から26年…初代『ストリートファイターII』の新コンボが発見!

  3. 『ニーア オートマタ』コラボカフェ第2期が決定!―展示の2Bドールにも大反響

    『ニーア オートマタ』コラボカフェ第2期が決定!―展示の2Bドールにも大反響

  4. 噂: 『Call of Duty WWII』のイメージが多数出現―第二次世界大戦が舞台か

  5. 「魔法陣グルグル」2017年夏放送スタート PV第1弾&追加キャスト発表

  6. ファン制作『マインクラフト』未来版の映像がスゴすぎる…―現実とゲームが融合!

  7. 映画『GODZILLA』2017年11月公開 サブタイトルは「怪獣惑星」

  8. 「citrus」TVアニメ化決定 ギャルと生徒会長による百合マンガ

  9. なんと「信号機」が超リアルにカプセルトイ化…!本物の図面を参考に作られ、すべて点灯する本格仕様

  10. 【昨日のまとめ】「信号機」が超リアルにカプセルトイ化、『マリオカート8 デラックス』一新されたバトル5種の映像公開、『ゼルダの伝説 BotW』のカプセルトイ登場…など(3/24)

アクセスランキングをもっと見る