人生にゲームをプラスするメディア

映画「ピクセル」に神谷明・山寺宏一が出演決定、山寺さんはかつて自身が担当したゲームキャラを演じる

その他 全般

神谷明さん
  • 神谷明さん
映画「ピクセル」日本語吹替版の追加声優情報が公開となりました。

「ピクセル」は、宇宙からやってきた巨大な80年代ゲームキャラたちが地球侵略を開始するディザスター映画。30数年前、宇宙人との交流を夢見て宇宙に発信した映像メッセージに含まれた当時流行のビデオゲームたち。それを受信した宇宙人は“友好”ではなく“挑戦”と受け取り、「パックマン」「ドンキーコング」といった映像のビデオゲームキャラクターに扮し、現代で地球侵略を開始していまいます。

今回は、本作に登場する“エディ・プラント(ピーター・ディンクレイジ)”の声を神谷明さんが担当することが発表。主人公のサム・ブレナー(アダム・サンドラ―)の少年時代からのライバルであるエディはファイヤー・ブラスター(火炎放射男)という別名を持ち、“下品”“口悪い”“自信家”という難癖ある役柄です。

また、山寺宏一さんの吹替え参加も明らかになりました。山寺氏が担当するのは80年代CGキャラクターのさきがけともいえるキャラクター。当時の声も山寺氏が担当していたキャラクターですが、一体何のキャラクターなのかは劇場で是非確認してみてください。

映画「ピクセル」は9月12日より全国ロードショーです。

2015 CTMG, Inc. All Rights Reserved. **ALL IMAGES ARE PROPERTY OF SONY PICTURES ENTERTAINMENT INC. FOR PROMOTIONAL USE ONLY. SALE, DUPLICATION OR TRANSFER OF THIS MATERIAL IS STRICTLY PROHIBITED.
《ひびき》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「すーぱーそに子」10周年記念の指輪付き約52万円フィギュアが登場、まさに婚約気分になれる一品に

    「すーぱーそに子」10周年記念の指輪付き約52万円フィギュアが登場、まさに婚約気分になれる一品に

  2. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

    【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  3. 共に一時代を築いた“ビックリマン”と“キン肉マン”がコラボ! 「肉リマン(にっくリマン)チョコ」2月28日より発売

    共に一時代を築いた“ビックリマン”と“キン肉マン”がコラボ! 「肉リマン(にっくリマン)チョコ」2月28日より発売

  4. 【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

  5. 【hideのゲーム音楽伝道記】第53回:『いけにえと雪のセツナ』 ― 雪の世界の旅を彩る、繊細で切ないピアノの音色

  6. 【日々気まぐレポ】第187回 王の名を冠した鉄華団の悪魔「HG ガンダム・バルバトスルプスレクス」キットレビュー

  7. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』新ステージ公開、絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AI、『FGO』新章「亜種特異点I」は2月24日19時から…など(2/22)

  8. 『FFXV』限定特典の『A KING'S TALE: FFXV』、国内向けの無料配信も明らかに

  9. 『ニーア オートマタ』3枚組のサントラCD発売! 初回先着特典は“秘密の音源”

  10. 「光のお父さん」がTVドラマに! 『FFXIV』上で綴られた親孝行計画が映像化

アクセスランキングをもっと見る